--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-29

老夫婦店主の 歴史染み込む 極太麺。 『長崎ちゃんぽん 友楽』@武蔵関

『長崎ちゃんぽん 友楽』チャンポン餃子セット(990円)


その店は、練馬区の武蔵関駅前にあった。


『長崎ちゃんぽん 友楽』外観

『長崎ちゃんぽん 友楽(ゆうらく)』
何のことはない。
小さな町の、食堂的なチャンポン店だ。
しかし、その「何のことのなさ」がいい。
手作りの暖簾をくぐると、老齢の店主夫婦が迎えてくれる。


『長崎ちゃんぽん 友楽』メニュー(2011年秋)

壁や卓上には、手書きのメニューがズラリと並ぶ。
店名にも掲げられた看板商品であろう「長崎チャンポン」をはじめとして、
正油チャンポン・皿うどん・
Wチャンポン・トリプルチャンポン・
ラーメンやつけ麺もそろえる。
珍しい事に、チャンポンにも味のバリエーションがあり、
カレーチャンポン・味噌チャンポン・
キムチ味チャンポンなんてのもある。

お腹が空いていた私は、「おトク」と書かれたセットメニューを選んだ。



『長崎ちゃんぽん 友楽』チャンポン餃子セットの長崎チャンポン(単品は735円)

「チャンポン餃子セット」 990円


「長崎チャンポン」「餃子」のセットだ。
こちらはチャンポン。
単品だと735円となる。
ご主人ではなく、奥方がチャンポンの鍋振りを担当されていたようだが、
その細腕に反して盛りの良いチャンポンである。


『長崎ちゃんぽん 友楽』チャンポン餃子セット(チャンポンのスープ)

スープは薄茶色がかったクリーム色の半濁。
サラリとしており、ベースとなる豚骨スープは濃くないが、
炒めた野菜・肉・魚介の旨みが染み出ている。


『長崎ちゃんぽん 友楽』チャンポン餃子セット(チャンポンの麺)

ここの特徴は、この極太麺だろう。
断面が楕円の麺は、よく見ると真ん中に溝が一本通っている不思議な形状。
本場の長崎チャンポン麺とは違うが、ここでしか食べた事がない独特の麺である。
モチモチとした食感と、食べごたえのある太さがいい。

ものの本によると、こちらの大将は以前 製麺所に勤務していたそうだ。
しかしその製麺所が廃業になってしまい、現在の店を開いたとのこと。
この麺は、「製麺所勤務時代の知人がいる製麺所に、特注している」とあった。
製麺所勤務経験があるから、個性的なオリジナル麺を出しているのかな?


『長崎ちゃんぽん 友楽』チャンポン餃子セットの餃子(単品は420円)

セットの「餃子」は5個入り。
単品餃子は何個入りかはわからないが、そちらは420円だ。
セットにすると165円お得になる。
大ぶりの餃子は、厚めの皮に野菜たっぷりの餡がギッシリ。
若人が好きな「肉汁ジューシー」餃子とは違うが、
アッサリしていて食べやすい。
ちなみに、私流のつけダレは「酢+胡椒」である。





また違う日、再訪した『友楽』にて。


『長崎ちゃんぽん 友楽』皿うどん(840円)

「皿うどん」 840円


今度は、「皿うどん」を注文してみた。
またまた、愛想のいい奥方が鍋を振るって調理。
大きな器に揚げ麺と野菜がてんこ盛りで、こちらもボリューム満点だ。

上にかかった餡の具は、先日食べたチャンポンと同じである。
キャベツ・モヤシ・玉葱・人参・豚肉・海老・イカ下足・ナルト・竹輪……etc。
麺はどうだろう、と引き出してみると……、


『長崎ちゃんぽん 友楽』皿うどん(麺リフト)

おぉっ!
皿うどんのほうもなかなかの太麺だ。
これって、あの極太チャンポン麺を揚げたものなのかな?
太いので餡でシナッとなりにくく、これまた食べごたえがあるなぁ。
餡は、ベースのアッサリ味をブラックペッパーがピリッと〆ている。
薬味の和芥子も、練りたてなのかツーンとよく効くぜ!

ちなみにこちらのお店、会計の際に「チャンポン券」を貰える。
10枚集めると、チャンポン1杯が無料になるという嬉しい券なのだ。
店主ご夫婦がお店を始められて数十年らしいが、
今後も末永くお元気で営業して頂きたいものである。
ごちそうさまでした!


『長崎ちゃんぽん 友楽』  [食べログページ]
03-3929-5287
東京都練馬区関町北1-21-7
(武蔵関駅から212m)
11:00~22:00
定休日 水曜
席 カウンター&テーブル
駐車場 無(近隣にコインP有)



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : B級グルメ
genre : グルメ

tag : 友楽 ゆうらく チャンポン ちゃんぽん 皿うどん 武蔵関

2012-03-06

横丁でオサレに食す、モチモチ平打ち生パスタ。 『スパ吉』@吉祥寺

『スパ吉』極旨ミートソース(ミニサラダ付)(アップ)



この店も、東京で行っておきたかった店の一軒だった。



『スパ吉』外観

吉祥寺のハーモニカ横丁内にある、生パスタ専門店。
『スパ吉(すぱきち)』さん。


さて、この越前屋。
婦女子の皮を被ってはいるものの、
中身(性質)は れっきとしたオサーン である(?)。
ラーメン屋には一人で入れても、
パスタ屋に入るのは どうもこっぱずかしいのだ。
当店へは、過去何度も店前を行き来してはいるものの、
毎度のこと入店を躊躇していたお店なのである。
今回は福岡への引越が間近という事もあり、意を決して店内へ潜入だ。


手前にカウンター席、奥にテーブル席がある店内は、
平日のランチピークを過ぎた時間帯だというのに、ほぼ満席の盛況。
客層は、若い女性客が9割以上を占めている。
一人客の私は、空いていたカウンターに通された。

周囲は「いかにも吉祥寺」といった様相の、
オサレ系女子客オサレ女子スタッフがいっぱいである。
男性客だらけのラーメン店やモツ焼き屋に一人で入るより千倍緊張し、
キョドリの極致を極める越前屋。

「……か、母ちゃん、こんな娘でごめんよ……orz」



吸い慣れない「女子感満載の空気」に毒され、
極度の緊張で泡を吹いて倒れそうになる寸前、
注文した商品が私の目前に供された。



『スパ吉』極旨ミートソース(ミニサラダ付・900円)

「極旨ミートソース(ミニサラダ付)」 900円


美味しそうな香りが、遠ざかった私の意識を現実へと引き戻してくれた。

「ふぅ……危なかった。
 もう18秒遅かったら、確実にアッチの世界に逝ってたぜ……」

             (どっちの世界だよ↑)


注文した「ミートソース」には、ミニサラダと薬味の粉チーズが付いていた。
配膳の際、スタッフに
「パスタをよくかき混ぜてからお召し上がりください」
と声をかけられた。
「あれ? 庶民的なはずのミートソース・スパなのに、自分の好きに食べちゃいけないの?」
と若干訝しく思ったのだが……


『スパ吉』極旨ミートソース(アップ)

どうやら、このミートソース。
茹でたて生パスタの底に、とろけるチーズが仕込まれている様子。
なるほど、もたもたしているとこのチーズの温度が下がり、
麺&ソースとチーズの絡みが悪くなる。
だから「熱いうちに全体を混ぜてから食せ」って事なのね。

したらば!


『スパ吉』極旨ミートソース(混ぜた図)

混ぜ・まぜ・マゼ……と。
頂きま~す。

まずは、お店自ら「極旨」と銘打つそのミートソース。
おぉ、濃厚な味わいだ。
家で作ったり町の喫茶店で食べたりするミートソースは、
トマトベースのものが主だろうが、
これは濃い茶褐色の色合いからもその違いがわかるように、
デミグラスソースベースである。
デミベースなのだが、後味に八丁味噌のようなほろ苦さや酸味も軽く感じる。
複雑だが計算された味わいのソースだ。
粗挽き挽肉のゴロゴロとした食感もいい。

平打ち麺は、硬すぎず柔らか過ぎずのジャストな茹で加減。
生パスタならではのモチモチとした食感が好印象である。
ソースの具は、挽肉・玉葱・マッシュルームかな。
薬味の粉チーズを振りかけて食べると、
旨みとマイルドさがアップして、これもまたいい。

コク深い大人味のミートソース、こりゃイケるね。
ただ、量が女子向きだ。
大盛で頼めばよかった……と、今更後悔のオサーン風情。



『スパ吉』極旨ミートソースに付くミニサラダ

ランチタイムサービスとして付けられる「ミニサラダ」は、
サニーレタス・コーン・玉葱・ベーコンビッツに、
フレンチドレッシングをかけたもの。
これはご想像どおりの味である。


確かに、手前味噌でも「極旨」と付けたくなるのがわかるほど、
研究された味のミートソースだった。
ただ……、

やっぱり越前屋は、婦女子の多い小洒落たお店は苦手なんだな(;´Д`)

ごちそうさまでした!


『スパ吉(スパキチ)』  [食べログページ]
0422-22-2227
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3
(吉祥寺駅から85m)
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 火曜日



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : ランチ
genre : グルメ

tag : スパ吉 スパキチ ミートソーススパゲティ スパゲッティ 吉祥寺 ハモニカ横丁

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。