--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-24

一人焼肉でスタミナ補充。 『豚のホルモン焼 大力 亀有店』@亀有

 
 
うぅ……す、スタミナ切れじゃ……。
 


に……、肉ぅ……、
 


肉をくれ~~!!






『豚のホルモン焼 大力』 外観



……というわけで、やってきました。
『豚のホルモン焼 大力 亀有店』さん!
金町に本店がある焼肉居酒屋さんです。

(「肉くれって言いながら、ま~たホルモンかい!」っていうツッコミは無しです(^^; )
 

『豚のホルモン焼 大力』 入口のポスター
( ↑ ※クリックで拡大 )

↑こちらは、入口一面に貼られたポスター。
「当店は、関西風と韓国風の融合のホルモン焼き専門店です。
 創業三十七年、守り抜いた自慢のタレで是非食してみてください」

と書かれています。
「創業三十七年」とありますが、金町の本店は昭和41年創業ということなので、実際は今年で44年目でしょうか。
ちなみに、亀有店は平成14年オープンらしいです。


ポスターの端には、
「お一人様でも気楽にお越しください」
と書いてあります。
でも、焼肉店って一人で入るのはなかなか勇気がいりますよね。
しかも、入口から中が一切見えないこの外観
「気楽」に入るには、かな~りハードルが高いッスよ…(滝汗)。
初訪問だし、ちょっとドキドキで入店(;´Д`A ```


『豚のホルモン焼 大力』 大力ハイボール(320円)

店内は、コの字カウンターが主で、右端に一卓だけテーブル席がある様子。
席数は20席くらいでしょうか。
入店した時は50~60%ぐらいの埋まり具合で、30~50代の男性二人連れ客が殆ど。
「一人ですが、いいですか?」
とカウンター内の女性スタッフに伺うと、
「どうぞ~、こちらに」
と、カウンター中ほどの席を勧めてくださいました。

まずは、店名を冠した「大力ハイボール(320円)」乾杯!
ちょっぴり甘くて、でもアルコール度数は高そうな、下町ライクなハイボールです(笑)。

「お客さん、初めてですよね?誰かの紹介ですか?」
と、スタッフさんに問われます。
やっぱり女一人客は珍しいんだろうなぁ(^^;


『豚のホルモン焼 大力』 ハラミ刺し(570円)

名物という「ハラミ刺し(570円)」を注文。
これが…

激ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

刻んだ生ハラミをニンニク風味の甘い醤油ダレであえ、ユッケのように真ん中に生卵黄を載せてあります。
ハラミ特有の濃い血の味のようなクセが全く無く、脂分の少ない赤肉ユッケのようにアッサリと頂けます。
これは又食べたいな~。

旨い、旨いと夢中で食べていると、店内が混みあってきました。
「すみませんが、端の席に移ってもらってもいいですか?」
中ほどの席にいた私は、端の席に移るよう支持されました。
私が一人客だというのもあるかもしれませんが、どうも周りが全て男性客なのを気づかって、一見女客の私を端に誘導してくれた感じでした(多分ね)。
私も端の席のほうが気楽なので、移動するのは願ったりかなったり。


『豚のホルモン焼 大力』 サービスで頂いたモヤシナムル

「ごめんなさいね、初めてなのに移動させて。これ、サービスです」
と、「豆モヤシナムル」を頂きました。
えっ、端に移動させてもらってありがたいくらいなのに、頂いていいんでしょうか。
なんていいお店なんだ~(´;ω;`)
遠慮なく、美味しく頂戴しました(笑)。


『豚のホルモン焼 大力』 二品の盛り合わせ(レバー・タレ味+タン・塩味、600円)

ここで注文していた焼き物が登場。
焼き物の中から「二品の盛り合わせ(600円)」を頂きました。
これは、好みの焼き物を半量ずつ二品盛りにしてもらえるメニュー。
単品だと一皿500円~ですが、組み合わせにすると600円なので、一人客には便利でお得だと思います。
私は、「タン塩」「レバーのタレ味」を注文しました。

ちなみに焼き物の主なメニューは、
レバー・ハツ・ミノ・カシラ・ハラミ・タン塩・ナンコツ・コブクロ・シロイカ焼き(各500円)や、
ホルモン(570円)、豚ピートロ(600円)、カルビ(750円)などがあり、
味を「タレ」と「塩」から選ぶようです。


『豚のホルモン焼 大力』 焼肉のタレと、薬味のおろしニンニク・コチュジャン

タレは、砂糖醤油のようなサラッとしたタイプ。
そこに、好みでおろしニンニクとコチュジャンを入れます。


『豚のホルモン焼 大力』 焼かれるタン塩とレバたれ

焼き台は、ロストル(スリットの入った鉄板)で焼くガス火の無煙ロースターです。
カウンター席は、2席に1個の割合で備え付けられています。
タン・レバーとも、豚のものですね。


『豚のホルモン焼 大力』 焼きレバーをタレとコチュジャンにつけた図

↑写真は、焼き上がったレバー。
私が勝手に火を強めたので、端が若干焦げてしまってますが(汗)。
コチュジャンが大好きなので、タレに混ぜず小皿の端にたっぷりと取って、焼いた肉(モツ)に付けて食べます。
うーん、タンもレバーも 旨い! (☆o☆)キラ~ン


『豚のホルモン焼 大力』 梅サワーとレモンサワー(各340円)

呑み物は、「梅サワー(340円)」「レモンサワー(340円)」を頂きつつ…
(今回の呑み物のヒットは、大きな梅干しが入った「梅サワー」でした^ ^ )


『豚のホルモン焼 大力』 ガツ刺し(450円)

最後に「ガツ刺し(450円)」でフィニッシュ。
酢味噌味か醤油味から選べますが、酢味噌で頂きました。
チョコチュジャン(韓国の唐辛子酢味噌)味ですね。
ガツのこの歯応え、酒のアテにピッタリで好きなんですよ ^ ^

安価で美味しく、店長さん・スタッフさんとも親切でした。
一人焼肉が出来るお店は貴重なので、再訪決定ですね。
ごちそうさまでした!

『豚のホルモン焼 大力』
03-3628-7743
東京都葛飾区亀有5-27-14
(亀有駅から235m)
16:30~24:00
定休日 火曜

【 「じーも」の『大力』さん紹介ページ 】


↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : 豚のホルモン焼き 大力 居酒屋 亀有

2010-08-03

煙(けむ)に巻かれて、肉欲の熱帯夜。 『(某焼肉店)』@東京某所

『(某焼肉店)』 焼肉アッ(1)


昨夜は焼肉オフ会でした!

今回の日記、申し訳ないのですが主催者様とお店の意向で店名はお教え出来ません。
お店紹介としてではなく、写真と感想でお楽しみください m(_ _)m



『(某焼肉店)』 生ビール(2)

まずは生ビールで乾杯!
泡がクリーミーで美味しい~。
ガソリンも入ったことだし、今回は写真が多いのでアクセル踏んで紹介していきます!


『(某焼肉店)』 もつ煮(3)

こちらは韓国風の「もつ煮」
ちょっとピリ辛、ユッケジャンのようなスープ状モツ煮です。
これ、ご飯にかけて食べたいわ~。


『(某焼肉店)』 キムチ盛り合わせ(4)

「キムチ盛り合わせ」は、カクテギとオイキムチ・ペチュキムチ。
やや浅漬けで食べやすく、箸休めにピッタリです。


『(某焼肉店)』 島らっきょう入り水キムチ(5)

これが珍しくてとっても気にいりました。
「島らっきょう入りの水キムチ」です。
爽やかな酸味と、野菜のフレッシュな歯ざわり。
特に島らっきょうのキュッキュッとした食感と、ジュワッと染み出るラッキョウ汁+水キムチ汁が美味しい~。


『(某焼肉店)』 野菜サラダ(6)

こちらは「グリーンサラダ」
この後の肉の襲来に備えて、したたかに青物摂取です(笑)。


『(某焼肉店)』 タラコの塩辛?(7)

続いて、お洒落なワンスプーン前菜が運ばれてきました。
「タラコの塩辛」だと思います。
ちょっとずつ食べる珍味系の一品です。
胡麻油の香りが食欲を…いや、酒欲をそそります!


『(某焼肉店)』 つけダレ3種(8)

ここで、お肉のつけダレが登場しました。
まず山葵醤油お酢が、その後におろしポン酢が運ばれてきました。
この後、後半にいわゆる「焼肉のタレ」も登場しますが、
前半のお肉は 山葵醤油などのサッパリしたタレで食べるそうです。
また、メニューによってはタレに付けないお肉も有り。
よほど肉の質・味に自信がある表れですよね。
肉を焼く火と道具は、炭火の七輪です。
煙はモウモウですが、炭火にかなうものはないですよね~。


『(某焼肉店)』 塩タン(9)

さぁ! 真打ちのお肉が登場しました!!
まずは「塩タン」です。
片面に塩コショウが振ってあります。
生でも食べられるそうで……そ、それならば!


『(某焼肉店)』 塩タンを生で山葵醤油で(10)

生モノ好きの越前屋、早速タン刺しで頂きました(笑)。
シャクッとした歯ざわり、噛むとフワリと溶け出す脂…。

ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

一人分3切れ用意されていたので、一切れは炭火で片面だけ炙って食べましたが、焼きも生もどちらも美味でした~♪


『(某焼肉店)』 タン下(11)

お次のお肉は、皿の上に咲く一輪の薔薇。
その名は、「タン下」
肉の下にタレがあるので、皿の上でよく混ぜた後、焼き網の上に広げながら載せていきます。


『(某焼肉店)』 焼かれるタン下(12)

極薄なので即座に返してパクリ。
先ほどと同じタン(舌)なのに、ちょっと部位がずれたり切り方や味付けが違ったりするだけで、全然別物のお肉になってしまいますね。


『(某焼肉店)』 ハラミ(?)(13)

こちらは「ハラミ」だったかな?
棒状に切ったこの厚みったら!


『(某焼肉店)』 焼かれたハラミ(?)(14)

レアに焼き上げたお肉に噛り付くと、若干筋っぽく肉らしさをアッピールする噛み応えで応戦してくれます。
そして、ジュワンと染み出る滋味溢れる肉汁……!!
Get Wild!!(☆o☆)キラリ~ン★


『(某焼肉店)』 焼かれるタン串(15)

こちらもタンです。
「角切りタン串」は、各々で炭火の上で串をひっくり返しながら焼きます。
焼き鳥か焼きトン屋のオヤジの気分です(笑)。
軽く炙っただけの若焼きで頂きましたが、これも旨いっ!


『(某焼肉店)』 三角(16)

こちらは「三角」だったと思います。
このサシのきめ細やかさ!!
どうですか、お客さん!!
滑らかなその肌を甘噛みすると、スゥィートな脂と肉ジュースがジュンと染み出て……

カ・イ・カ・ン……・:*:・(´∀`)。・:*:・


『(某焼肉店)』 のどぶえ(17)

ここで、肉ブレイク(笑)。
臓物系メニューに入りました。
こちらは「のどぶえ」
あれ?ということは…これだけ豚の部位なのかな?
コリコリ・ポリポリとした食感で、好きなんだな~軟骨系^ ^


『(某焼肉店)』 ウルテ(18)

こちらも私の大好物「ウルテ」
先ほどの「のどぶえ」は豚の喉軟骨でしたが、こちらは牛の喉軟骨です。
包丁で片面を細かく叩く技術。
やりますな、大将。
ウルテのほうはのどぶえより硬く、コリコリ・カリカリとした食感。
この硬さがクセになるんです。


『(某焼肉店)』 ?(19)

軟骨系が二つ続いた後に、またまた肉の逆襲が!(笑)
すみません、部位名を失念してしまいました。
焼いてる図は、今回の日記の一枚目の写真としてアップしています。
こちらも柔らかい舌触りで素敵でした♪


『(某焼肉店)』 かいのみ(20)

これも部位名を失念してしまいましたが…「かいのみ」だったでしょうか?
(す、すみません。お喋りに夢中だったのと、ほどよく酔っ払いだったもので)。
もう、肉汁に溺れそうです!


『(某焼肉店)』 ゲタカルビ(21)

お肉ラストを飾るのは、「ゲタカルビ」!
コロコロのサイコロ状で、噛み応えもあってこれまたジュースィ~♪


『(某焼肉店)』 ミニ冷麺(22)

〆に「ミニ冷麺」が供されました。
ふぅ~、食った食った~♪
幸せ~!


『(某焼肉店)』 ミニ混ぜご飯と玉子スープ(23)

……って、あれ?!
さっきの冷麺で〆じゃないんですね?!Σ( ̄□ ̄;
「ミニピビンパ」「かき玉スープ」も登場!
「お腹イパーイだよ~(´∀`;)」
……と言いつつ、
美味しいものを前にすると別腹が空いてくる人体の不思議(笑)。


『(某焼肉店)』 フルーツ盛り合わせとバニラアイス(24)

そして、大トリでフルーツ盛り合わせとバニラアイスが出てきて、これでホンマの終了です。
(フルーツ盛り合わせは、「幹事様の顔」で大将がサービスしてくださったらしいです)。

いや~もう、大満喫!!でした。
美味しい料理と旨い酒、楽しい会話。
人生を潤す最重要カテゴリの一つですよね。
招待してくださった幹事様、同席の皆様、楽しい一夜をありがとうございました。
ごちそうさまでした!


↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : 焼き肉
genre : グルメ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。