--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-25

『大砲』ゆずりの呼び戻しスープは、筋の通った実直な味。 『天砲ラーメン』@春日市

『天砲ラーメン』外観


春日方面に用事があったこの日、ランチはこちらに寄ってみた。
『天砲ラーメン』さんである。
飲食店が少ない通りにあるうえ、食べログの地図の店位置が間違っていた事もあって、
若干道に迷いながらもなんとか到着した(^-^;
(※食べログ地図は修正依頼済み)。

店内は「昭和レトロ」をテーマにした造り。
昔風の雑貨が置いてあったり、卓上のお冷も大きなやかんに入れてあったり。
カウンター・テーブル・小上がりとあり、客席は広い。
週末の14時頃で遅めのランチタイムなのだが、店内はほぼ満席だ。
人気があるのね。



『天砲ラーメン』メニュー(2012年7月撮影) 『天砲ラーメン』メニュー裏の読み物(2012年7月撮影)
( ↑ ※メニュー写真はクリックで拡大 )

運よく空いていたテーブル席に座り、メニューを拝見。
表面はおしながき、裏面は読み物が載せてある。

読み物の内容は、当店ご主人の修行先である『大砲ラーメン』ご主人による寄稿と、
当店ご主人の『大砲ラーメン』さんに対する感謝の気持ちが書いてあった。
ご興味のある方は、写真をクリックしてご一読ください。
こちらのご主人は、『大砲ラーメン』で十一年も修行し、
開店準備期間も一年とたっぷり時間をかけてお店を作られたのね。
「真面目で実力派のラーメン職人」というのが伺え、味への期待も高まるというもの。


『天砲ラーメン』お勧めメニュー(2012年7月撮影) 『天砲ラーメン』卵かけご飯の卵についてのPOP(2012年7月撮影)
( ↑ ※メニュー写真はクリックで拡大 )

もう一枚のメニューには、お勧めの品「卵かけご飯の卵」の紹介が。
ラーメンは、
「ラーメン(天砲ラーメン)」「久留米屋台ラーメン」の二枚看板なのね。
同行者と二人で来ていたので、それぞれを頼んでシェアしようかと話していると……


『天砲ラーメン』キャンペーンちらし(2012年7月撮影)

壁にこんな貼り紙を発見!
伺った当日は、人気のチャーシュー麺二種がワンコイン500円で食べられる
キャンペーン日だったのである。
何というラッキー!
では、この二種類を注文してシェアする事にしよう。



『天砲ラーメン』炙りチャーシューメン(650円)

「炙りチャーシューメン」 650円 (キャンペーン価格500円)


そんなわけで、まずは通常の「ラーメン」にチャーシューを増量した
「炙りチャーシューメン」を実食。
トッピングは炙りチャーシュー5枚青ネギ、シンプルである。


『天砲ラーメン』炙りチャーシューメン(スープ)

スープは、骨出汁の濃い豚骨白湯。
豚アロマをかすかに感じるが、脂はさほど多くなくクドさは無い。
「真面目に丁寧に作った呼び戻し」という印象で、豚骨好きも納得のスープだ。

炙りチャーシューは、
薄切りの巻バラ肉チャーシューの表面を軽く焼いたもの。
香ばしさや脂のジューシーさを楽しめる。
しかし、スープが十分濃厚なので、
中年の身としてはバラチャーを5枚も食べる、ちょっぴり脂が胃に響いた…(^-^;


『天砲ラーメン』久留米屋台炙りチャーシューメン(670円)

「久留米屋台炙りチャーシューメン」 670円 (キャンペーン価格500円)


お次は「久留米屋台炙りチャーシューメン」
「久留米屋台ラーメン」は通常の「ラーメン」とはトッピングが異なり、
海苔・カリカリ・キクラゲが加わるようだ。
スープやタレ・麺は同じものなのかな?


『天砲ラーメン』久留米屋台炙りチャーシューメン(スープ)

「久留米屋台」のほうは通常の「ラーメン」に比べると、
カリカリを載せているせいかスープ表面の脂が多め
また、スープ濃度がこちらのほうがやや水っぽく感じた。
たまたま、こちらの一杯の湯切りが甘かったのかしら?

それと、これも”たまたま”かもしれないが、
こちらのスープの脂の風味に若干の焦げ臭を感じた。
カリカリによるものなのか、それとも炙りチャーシューによるものなのかはわからない。
個人の嗜好もあるだろうが、私は「久留米屋台」より「ラーメン」のほうが好きかな。


『天砲ラーメン』久留米屋台炙りチャーシューメン(麺リフト)

麺は低加水細ストレートで、「ラーメン」「久留米屋台」とも同じもの。
今回はどちらもカタで注文したので、パツッとした食感を楽しめた。


『天砲ラーメン』久留米屋台炙りチャーシューメン(カリカリ)

カリカリは小さめサイズで、よく揚がったものがたくさんトッピングされている。
先日食べた『大砲』さんのカリカリに比べると、1/4くらいの大きさかしら。



『天砲ラーメン』炒飯・ぎょうざセット(400円増)

「炒飯・ぎょうざセット」 ラーメン価格に400円増し


ラーメン二種の他に、「炒飯・ぎょうざセット」も注文した。
半量炒飯に、一口サイズの餃子が5個付く。


『天砲ラーメン』炒飯(アップ)

この炒飯が美味しかったんだよなぁ。
お米粒一粒一粒に火と味が入ってパラパラな仕上がり。
ラーメン店の炒飯としては、なかなかのハイレベル。


『天砲ラーメン』ぎょうざ(アップ)

餃子も表面パリッと焼けており、小さいながら餡はジューシー
サイドメニューに抜かりの無い店って、当然ラーメンも美味しいのよね。
替玉もいいけど、ここはサイドメニューがお勧めかも。

店内は綺麗で接客もしっかりしているし、何より味がいい。
人気が高いのが納得できた一軒だった。
ごちそうさまでした!


『天砲ラーメン(てんぽうらーめん)』  [食べログページ]
092-502-8112
福岡県春日市一の谷2-18
(高速筑紫野インターより車で15分)
11:00~22:00
定休日 第2第4火曜日
席 カウンター・テーブル・小上がり
駐車場 有



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければこちらのアイコンを一クリックお願い致します。
↓ ↓ ↓



あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

 
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 天砲ラーメン てんぽう てんほう テンポー 豚骨 呼び戻し 久留米 春日市

2012-03-02

「武士」というより「やさ男」、甘く優しい味わいのラーメン。 『節道(ぶしどう)』@春日市

『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めんと山葵


テレビやネットで観て、気になってた店。
近くに行く用事があり、ランチで寄ってみました。


『魚介豚骨らぁめん 節道』外観

福岡県春日市にある『節道(ぶしどう)』さん。
豚骨王国・福岡にはまだ珍しい、
魚介豚骨ラーメンをメインに据えているラーメン店です。

土曜の昼13時頃にお店に到着。
「数日前に福岡ローカルテレビ番組に出たばかりだったので、かなり混んでるかも」
と思ったら……、
予想どおり、店内も駐車場も9割がたの埋まり具合でした(^-^;
でも、運よくすぐに座れてよかった~。


『魚介豚骨らぁめん 節道』メニュー・表(2012年2月撮影)
( ※ ↑クリックで拡大 )

メニューは、メインがこちら↑で……、


『魚介豚骨らぁめん 節道』メニュー・裏(2012年2月撮影)
( ※ ↑クリックで拡大 )

裏側には定食やサイドメニューの他に、チャンポンなどのサブ麺メニューも。
チャンポンが500円と安い!
鍋振りの手間がかかる分、ラーメンよりも高額になりそうなんですが…
何故だろう?

……と気になりつつも、



『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めん(山葵付・650円)

「半熟味付玉子めん」 650円


店名を冠した「節道ら~めん」に半熟味玉を載せた、こちらを注文。
初訪問なんで基本のラーメンをおさえておかねばね。
別皿でおろし山葵が付くのが珍しいですね。


『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めん(スープ)

「節道(ぶしどう=武士道)」というからには、
魚介の節がガツンと利いて思わずさかなクンばりに「ぎょぎょっ!」と言っちゃうような、
荒武者なスープなんだろうなぁ………

と想像しつつ、まずはスープを一口。




ん?

ぎょぎょぎょぎょ???



ライトで甘い……。



魚介の風味はかなり控えめで、ベースはライト豚骨。
店名にもある「節」は、豚骨の旨みを魚のそれで支える程度の使用量。
そして、タレが甘い。
醬油ラーメンだと思うんだけど、なんだか味噌のような甘味がある。
ライトスープと甘めのタレが相まって、かなり優しい味わいです。
うむむ……。
男前な店名から、勝手に
「魚介ガツン!塩味(=醤油ダレ)キレキレ!」
というラーメンを想像していましたが、読みが外れて正反対でした(^-^;


『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めん(麺リフト)

麺はやや黄色味を帯びた中細ウェーブ。
序盤は硬めのコシがありますが、
ダレるのが早いようで次第に軟らかくなっていきます。
かんすいの風味が強いのも気になるところ。
優しいスープをその匂いが侵食します。
勿論好みもあるでしょうが、私は苦手な麺でした。


『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めん(味玉断面とチャーシュー)

味玉は薄味ですが中まで味が染みており、半熟加減もいい具合です。
チャーシューは存在感のある大判肩ロース。
折りたたんで載せてあったのがもったいない大きさ。
若干豚くささがありましたが、気になるかは個人差があると思います。


『魚介豚骨らぁめん 節道』半熟味付玉子めん(薬味の山葵を溶かして)

薬味で付いてきた山葵を溶かしてみました。
山葵の辛みや風味は揮発性なので直接丼には入れず、
レンゲに山葵を載せてそこにスープを流し入れ、少しずつ溶かしながら飲みました。
ふむふむ。
豚汁のようなおだやかなスープに刺激が加わって、面白い味になりますね。

ただやはり、熱々・大量のスープにこの薬味を溶かし込むと、
せっかくの山葵の風味が飛んでしまうんだろうなぁ。
レンゲに一口大の麺を載せて、そこに山葵をチョイ載せしてパクッと食べるとか、
ライスを頼んでスープと山葵をそこにかけて、「山葵茶漬け」風にするとか。
そういった使い方を工夫しないと、山葵の良さが味わえなさそうです。


『魚介豚骨らぁめん 節道』餃子(8ケ・380円)

サイドメニューの「餃子(8ケ・380円)」も頼みました。
こちらは福岡らしい一口サイズで、餡と皮のバランスが良いタイプ。
味は可もなく不可もなく、という感想でした。


『魚介豚骨らぁめん 節道』節道ら~めん・赤(600円)

同行者の「節道ら~めん・赤(600円)」も一口味見させてもらいました。
こちらは、上記と同じ「節道ら~めん」に辛みを加えたもの。
写真ではスープに沈んでいて見えませんが、レンゲに辛味噌が載っているのです。
ん!
辛さはさほど強くありませんが、
ノーマルよりこちらのスープのほうが、唐辛子が加わった事によりキレが出てますね。
個人的には「赤」のほうが好きだわ~。


帰宅してお店の公式HPを観たところ、
スープにはこちらの米こうじを使っているようですね。
なるほど、スープの甘さは米こうじからも来てるのか。

私は関東でラーメンを食べまくっていたせいか「魚介ガツン」のラーメンが好きでして、
今回は店名からもそれ系のお店だと思い込み、
一人相撲の肩透かしを喰らってしまいました。
でも、こちらのラーメンの優しい味がお好きな方も多いのではと思います。
甘めのラーメンと甘いマスクの店長さんが気になる方にはお勧めです!(笑)
ごちそうさまでした!


『魚介豚骨らぁめん 節道(ぶしどう)』  [食べログページ]
092-581-5848
福岡県春日市天神山6丁目8 勝野ビル1F
11:00~21:00 (スープ完売まで)
定休日 木曜日(木曜日祝日の場合は金曜日休業)
席数 22席(カウンター・小上がり)
駐車場 有(店前2台と、向かって左の空き地に数台)


【 公式HP 】
http://bushidouramen.web.fc2.com/


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 節道 ぶしどう 武士道 豚骨魚介 春日市 ラーメン

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。