--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-02

「やきとり」ならぬ「とりやき」?炭火焼きの鶏に舌鼓。 『とりやき つまみ菜 西新店』@西新

『つまみ菜 西新店』炭火焼三種盛と七輪


西新に、ちょっと気になる居酒屋さんがあったので行ってきた。


『つまみ菜 西新店』外観

『とりやき つまみ菜 西新店』さんだ。
以前紹介した『しばらく 西新店』さんや『潤』さんがある界隈。
大通りを一本入った路地の、ビル二階にある。
ちなみに一階は『串焼きもつやき 大黒ホルモン』さんという店だが、
こちらも二階の『つまみ菜』さんの系列店という事だ。

さて、この『つまみ菜』さんのどこが気になっていたかというと、
店名に冠した「とりやき」という部分。
「やきとり」ではなく、「とりやき」なのだ。
調べると、七輪の炭火で「焼肉」のように鶏肉を焼いて食べるお店らしい。
鶏好き・炭火焼き好きの私としては、
「行かねばならぬ!」
…というわけでして(^-^;


『つまみ菜 西新店』客席

平日の18時前頃に一人で入店。
焼き肉スタイルの店なので、念のため入ってすぐにスタッフさんに
「一人なんですが、よろしいですか?」
と質問してみた。
「大丈夫ですよ、こちらのお席へどうぞ!」
ホッ、一安心。

通されたのは、四人掛けのボックス席。
席背面のついたてが高くてやや半個室っぽくなってるし、
席毎に七輪の煙を吸い取る換気扇がついていて、なかなかに快適である。


『つまみ菜 西新店』おすすめメニュー(2012年8月撮影) 『つまみ菜 西新店』七輪焼メニュー(2012年8月撮影) 『つまみ菜 西新店』スピード一品メニュー(2012年8月撮影)

メニューを拝見。
(※メニュー写真はクリックすると拡大します)
こちらのお店はお通しを出していないそう。
チャージ料や炭代も無いそうで、その辺が良心的だわ。
一品料理も280円からあるし、価格設定も手ごろ。


『つまみ菜 西新店』鍋メニュー(2012年8月撮影) 『つまみ菜 西新店』サラダ・ご飯・デザートメニュー(2012年8月撮影) 『つまみ菜 西新店』一品料理メニュー(2012年8月撮影)

鍋メニューもあって、しかも一人前からオーダーOK。
お一人様にも優しい店なのであった。


『つまみ菜 西新店』アルコールメニュー(2012年8月撮影) 『つまみ菜 西新店』ノンアルコールメニュー(2012年8月撮影)

アルコールも安めの設定で、呑兵衛も嬉しい限り(笑)。

で、
「一杯目はやっぱ生中で行こうかなぁ」
と思いつつ、ふと壁に目をやると……


『つまみ菜 西新店』ハイボール祭のPOP(2012年8月撮影)

こんなPOPを見たら、
やっぱり心が動いちゃうじゃないですか!(笑)


『つまみ菜 西新店』ハイボール(190円 ※19時迄のサービス価格。2012年8月現在)

そんなわけで、
あっさり「ハイボール(100円、19時までのサービス価格)」を注文(^-^;
19時までは何杯呑んでもハイボールが100円て、太っ腹な企画やね。
酒呑みの味方やね(笑)。


『つまみ菜 西新店』炭火焼三種盛(980円)

肝心の焼き物のほうは、お得な「炭火焼三種盛(980円)」を注文した。
名物と思われる「とりやき(単品価格380円)」を含む焼き物メニューが、おまかせで三種入るそうだ。
この日は、「とりやき」の他に
「せせり(単品価格480円)」「ぼんじり(単品価格380円)」が盛られていた。


『つまみ菜 西新店』炭火焼用のつけダレ

炭火焼きのお肉には、タレをつけて食べる。
醬油ベースのつけダレは、
すりおろした玉葱のようなものが入っており、やや甘めの味付け。


『つまみ菜 西新店』壁に貼られたローズソルトの説明書き

塩は、こちらのPOPにあるように「ローズソルト」を使用しているそうだ。
へぇ~、ソルトミルはプジョー製なんだって。


『つまみ菜 西新店』卓上調味料

こちらがそのソルトミル。
確かに大きくて高価そうなミルだわ(^-^;
ちなみに卓上調味料は、このローズソルト一味のみだった。


『つまみ菜 西新店』炭火焼きの「きも」(380円)

おまかせの「三種盛」の中に、私の好物の鶏肝が入っていなかったので、
即座に「きも(380円)」も追加注文。


『つまみ菜 西新店』炭火焼きの「きも」(アップ)

この「きも」がヒットだったのよね~。
白肝に近いこの色味!
ピカピカで鮮度の良さも見て取れるし、カットが大ぶりなのもいいわ~。


『つまみ菜 西新店』炭火焼三種盛(七輪で焼く図)

七輪は、焼き物メニューを頼むと即座に持ってきてくれる。
そろそろ網も温まって来たので、いざ!
焼き焼きタ~イム♪

「一人焼肉」って、本当に贅沢よね。
誰にも気を使わずに、ただ一人、肉と対峙する。
私と肉との間を邪魔する者は、誰一人いない。
そう、このひと時だけは――
フフ…フフフフフ……


『つまみ菜 西新店』鶏の炭火焼き四種を焼いた図

ハッ!
危ないわ、えち子……危うくあっちの世界に行くところだった。

さて、そんなこんなで焼き上がった鶏達がこちら。
左から時計回りに、せせり・とりやき・ぼんじり・きもである。

「せせり」は、首回りの肉だ。
鮮度が落ちやすい部位だが、こちらのものは新鮮で臭み無くプリプリ。
「とりやき」は、醬油ダレに軽く漬けこまれたモモ肉だ。
「こちらのみ下味がつけてあるので、つけダレや塩をつけなくても食べられますよ」
という説明がスタッフさんからあった。
試しに何もつけずに食べると、
甘めの漬けダレと肉汁とのハーモニーが優しくまとまっており、ジューシーで美味しかった。
「ぼんじり」はしっぽの脂。
カリカリになるまでじっくり焼いて、香ばしさとクリスピーな食感を楽しむ。
「きも」も、見た目で惚れ込んだとおりの美味しさだった。
臭みやクセがなく、とろプリッと柔らかい。


『つまみ菜 西新店』モツ煮込み(380円)

焼き物以外のメニューでは、「モツ煮込み(380円)」を注文。
これが、安いのに結構デカい!(笑)
軟らかい豚シロもつがたっぷりで、その他の具材は大根・コンニャク。
薬味に、青ネギ・糸唐辛子・柚子胡椒。
薄味だけど、お出汁が効いて上品にまとまっている。
柚子胡椒が合うわ~。


結局、ハイボールを3杯ほどお替りして、
焼き物4品+一品料理1品でお会計。
「ハイボール祭中」だったので、二千円ちょっとと激安会計だった。
このハイボール100円企画17時の開店から19時までの二時間のみだが、
土日も開催しているそうで、これまた良心的。
期間限定の企画かもしれないが、長く続いてくれるといいなぁ(笑)。
料理も安くて美味しく、スタッフさんは丁寧で、
リピート確定な一軒となったのであった。
ごちそうさまでした!


『とりやき つまみ菜 西新店』  [食べログページ]
092-822-6103
福岡県福岡市早良区西新4-3-14 2F
(西新駅から78m)
17:00~24:00
[金・土・祝前日]17:00~翌2:00
定休日 無休
席数 56席
駐車場 無


【 ぐるなびの『つまみ菜 西新店』HP 】
http://www.hotpepper.jp/strJ000748002/


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければこちらのアイコンを一クリックお願い致します。
↓ ↓ ↓



あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

 
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : とりやきつまみ菜 鶏焼き 鳥焼き 焼鳥 焼肉 炭火焼き 西新

2012-05-21

1本60円から。リーズナブルな焼鳥片手に、乾杯! 『炭火やきとり 屯所』@福岡市中央区

『屯所』外観


赤提灯炭の香りに誘われて、やって来たのはココ!
『炭火やきとり 屯所』さん。
店前を通る度、気になっていたお店だ。
お店の壁にお品書きが貼りだされてあるのだが、その価格が魅力なのである。


『屯所』食べ物メニュー(2012年5月撮影)

なんと、焼き鳥が1本60円から!
安~い!


『屯所』飲み物メニュー(2012年5月撮影)

アルコールの価格は普通かな~という印象だが、
「疲れた貴方に」「青汁ハイ」などの、お店オリジナルであろうお酒があるのだ。


『屯所』生ビール中(550円)と、串物置き皿のキャベツ

……で、この日、初めて入店してみた。
間口は狭いが、奥に長い「鰻の寝床」状な店内。
奥にテーブル席もあるが、厨房が見渡せるカウンター席に座る。
客層は、地元の方が主体なのだろう。
お邪魔した日も、常連と思われる方が多かった。

福岡の焼鳥屋さんでは、「キャベツ」がお通しとして出る店がある。
こちらもそうで、大きな丸い平皿に生キャベツを盛ったものが一人一皿出された。
好みで卓上の酢をかけて食べる。
ちなみに、注文した焼き鳥はこのキャベツの上に置かれる事になる。

一杯目のアルコールは「生ビール中(550円)」
さて、ここからは写真が多いのでサクサクと進める。


『屯所』ハツ(90円)

焼き鳥は1本から注文可能。
また、塩やタレなどの味付けは特に聞かれなかったので、お任せが基本のようである。
1本目は「ハツ(90円)」、塩味で供された。
鶏の心臓で、一切れが小さめのカットだが焼き上がりはジューシー。


『屯所』白もつ(60円)

「白もつ(60円)」は、1本60円の低価格商品。
豚の腸の塩焼き。
厚みがあって臭み無し。
この60円は価値あるわ~。


『屯所』レバー(60円)

こちらも60円メニューの「レバー」
豚レバーのたれ焼きだった。
カットが小さくよく焼きで、パサッとしているのが残念。
手元部分に一片の玉葱が刺さっているのが面白い。


『屯所』揚げ豆腐(90円)・せせり(90円)

「揚げ豆腐(90円)」「せせり(90円)」
厚揚げを切っているのではなく、角切りにした豆腐を揚げているのかな?
不規則な大きさのサイコロ状で、全面揚がった豆腐を塩・胡椒をして焼いている。
ちょっと塩気がきついが、なかなか美味しい。
セセリも塩焼き。
先のレバー同様、手元部分に一片の玉葱が刺さっている。


『屯所』ハイボール(350円)

串の塩気と脂を「ハイボール(350円)」で流しつつ…。


『屯所』軟骨(150円)

お次は「軟骨(150円)」
豚の喉軟骨の塩焼きだった。
コリコリの食感、好きなんだな。


『屯所』さがり(200円)

「さがり(200円)」は、牛の横隔膜の一部。
タレ焼きで登場した。
これもカットが小さめだが、肉汁ジューシーでなかなか。


『屯所』茗荷(?円)

カウンターの目の前にあるネタケースに、
メニューには載っていない「茗荷(?円)」があったのでそちらも注文。
夏の足音ですなぁ。


『屯所』にんにく巻き(150円)

「にんにく巻き(150円)」は、豚バラ薄切り肉でニンニクを巻いた塩焼き。
ホッコリ焼けたニンニクで、酒が進む!


『屯所』シープ(350円)

メニューを見て一番気になっていたのは、正体不明のこの一品。
「焼きとり」メニューで一番高額な、シープ(350円)」だ。
「羊串か?!」
と思っていたのだが、その正体はフランクフルトを使った創作串だった。


『屯所』シープ(断面図)

縦に切り込みを入れた短めのフランクフルトに、ケチャップと粉ふき芋を詰め、
とろけるチーズを載せて塩・胡椒し焼いた物。
チーズ・ソーセージ・ケチャップという、若者好きしそうな一品だった。
……しかし、何故これが「シープ」なのか……。
謎は深まるばかりだった(笑)。


『屯所』空豆(?円)

メニューに無いけど、ネタケースに見えた「空豆(?円)」も注文。
さやごと焼いた空豆って、甘みが凝縮して美味しいよね。


『屯所』地鶏皮(90円)

「地鶏皮(90円)」も気になるメニューだった。
「鳥皮(60円)」という串もあるのだが、地鶏の皮はそれより30円高い90円。
なるほど、地鶏らしく厚みのあるしっかりした皮。
カリッと塩焼きにされている。


『屯所』疲れた貴方に(屯所ブレンドリキュール・400円)

呑み物で気になっていたのは、この「疲れた貴方に(400円)」
メニューには「屯所ブレンドリキュール」とある。
聞けば、
「マタタビ・朝鮮人参・クコの実などを漬けた薬草酒」
なのだそうだ。
ロックで頼んでみたが……、ほほぅ…確かに疲れた身体に効きそうだ…(笑)。


『屯所』豚バラ(100円)・牛すじ(150円)

福岡の焼き鳥と言えば……の、「豚バラ(100円)」も注文。
「これを外すと、焼き鳥を食べた気にならない」
という福岡県民は多いはず。
「牛すじ(150円)」は、下茹でしたスジ肉を塩焼きしたもの。
こちらの串物の味付けは、全体的に辛塩である。
なかなかの酒泥棒だ(笑)。


焼き皿の上のキャベツが少なくなると、補充もしてくださる。
一品料理が少ないので、串物ばかり頼んだ。
今回は、14種類の串を頼み、一人3~4杯の酒を呑んで、
会計は一名につき三千円弱だった
(シープ・茗荷・空豆などは二名につき一皿注文)。
なかなかの安さ。

串物以外の一品料理がもうちょっとあったり、
串のカットがもう少し大きかったら個人的に嬉しいのだが、
焼き鳥をリーズナブルにガッツリ食べたい時は使えるお店であった。
ごちそうさまでした!


『炭火やきとり 屯所』
092-712-4732
福岡県福岡市中央区大手門3-8-14
(大濠公園駅から262m)
営業時間 ?(夜営業のみ)
定休日 ?
席 カウンター&テーブル
駐車場 無(近隣にコインP有)



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : 屯所 とんじょ 焼き鳥 焼鳥 やきとり 福岡市 大濠公園

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。