--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-23

一人で呑みたい夜だから……レバ刺。 『よしかわ』@青砥

『よしかわ』 レバ刺とレモンハイ(アップ)


今回もまたまた6月の蔵出し記事です。
この日は一人で呑みたくなりまして

……といっても、いつも一人で呑んでるわけですが(^-^;



『よしかわ』 外観

そんなわけで、フラリと地元・青砥の『よしかわ』さんへ。
こちらは一品料理から焼き鳥・もつ焼きまで、幅広く置いてある居酒屋さん。
いつも常連さんでにぎわっています。


『よしかわ』 レモンハイ(367円)、お通し(210円)

まずは「レモンハイ(367円)」で喉を潤し。
うむ、キリッと美味しいレモンハイです。
「お通し(210円)」は、この日は南瓜の煮つけでした。
家庭料理っぽくて心もホッコリ (´ω`*)


『よしかわ』 レバ刺(472円)

メニューに「レバ刺(472円)」があったので注文。
へへへ……好物でして……(って、このブログを毎度ご覧の皆様はご存じね(^-^;)。
厚めにカットされた豚レバーは、エッジが立って新鮮さが見た目からもにじみでています。
おろしニンニク入りの胡麻油で食せば…、

う~ん……たまらん!(笑)


『よしかわ』 チューハイ(315円)

レバ刺のボリュームがけっこうあったので、早くも2杯目を注文。
「チューハイ(315円)」
安い!
そして、氷が入らないのが下町風情でよろしおすね。


『よしかわ』 カシラ・ナンコツ(1本各105円、共に塩焼き)

串焼き好きなんで、「カシラ」「ナンコツ」を塩で頼みました。
どちらも二本ずつからの注文で、1本105円です。
ロースターで焼いているからか、炭焼きと違いパリッとした食感と香ばしさはありませんが、
一串が大きめで安いのがうれしいですね~。


『よしかわ』 トマトハイ(472円)

三杯目は「トマトハイ(472円)」を頂きました。
味は濃厚トマトジュースなんだけど、アルコールはしっかり効いていて、
体に良さそで ウッフン♪悪そで ウッフン♪ ……という感じです(笑)。


この日は3杯+3品+お通しでお会計、2千円強でした。
まだいろいろ食べたい気分だったけど、
一皿がやや多めなので一人客だと品数は満喫できないかもしれませんね。
ごちそうさまでした!


≪ 過去の同店記事 ≫
2009.12.30 … 一年の労をねぎらう忘年会。 『よしかわ』@青砥


『よしかわ』
03-3690-6494
東京都葛飾区青戸3-33-16
(青砥駅から125m)
17:00~
定休日 月(祝日の場合は翌平日)



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : よしかわ 青砥 青戸 もつ焼き 焼き鳥 焼きトン 居酒屋

2011-04-20

お久しぶりの『あわのす』さんで、女将さんとお喋り呑み。 『あわのす』@青砥

『あわのす』 ハイボールや煮込みなど


「近場でちょっと呑みたいな~」
と思い、久しぶりにこちらに伺いました。


『あわのす』 外観

青砥駅前の『あわのす』さんです。
ビル二階にありますが、一階にある中華料理店は2011年4月中旬現在、休業中。
本場の方が営業されていたんですかねぇ、東日本大震災の影響で帰国しちゃったようです(^-^;

平日18時頃に入店しました。
実は、これまでも「地元で呑みたいな」と思った時に、
いつも『あわのす』さんを外から見上げて、お客さんの入りを確かめていたのですが、
人気店ですから毎度のこと賑わっているように見えて、入店を遠慮してたのですよね。
この日は窓際に人影が見えなかったので、思い切って入店。
すると、珍しいことにお客さんが誰もいらっしゃいませんでした!
わ~い、一番海苔(笑)。


『あわのす』 あわのすハイボール(380円)

一杯目は 「あわのすハイボール(380円)」 を頂きました。
女将さんに聞くと、17時開店だけど早い時間はお客さんが少なく、
だいたい20時以降から賑わってくるそう。
そういや、私も今まで早い時間からは来たことなかったなぁ。

私は半年以上ぶりにこちらのお店に来たのですが、
「お客さん、以前に来たことあるでしょ?
 一人で来たことあったっけ? あぁ、やっぱり今回初めて一人で来たのね。
 お顔は覚えてたけど、お一人で来るのは初めてだと思ったのよ~」

と、女将さんに言い当てられました。
青砥に引っ越してから二年半、今回が四度目なので
年に一~二度くらいのペースでしか来てないのに、女将さんの記憶力すごいなぁ!


『あわのす』 お通し

お通しは 「お新香(?円)」 でした。
かぶと胡瓜と人参。
このホッとする味……やっぱりいいお店だわ ^ ^


『あわのす』 煮込み(?円)

一品目はお決まりの刺身類を頼んだのですが、
「あっ、黒板に書き忘れてるけど、今日はモツ煮込みがあるのよ~」
と女将さんに話かけられ、思わず
「それください!」
と注文してしまいました(笑)。
そんなわけで、お刺身よりもすぐに出てくる 「煮込み(?円)」 が先に登場。


『あわのす』 煮込み(モツのアップ)

豚モツミックスとちぎり蒟蒻が入った、アッサリ味の煮込みです。
↑こちらはテッポウ部分かな、厚みがあって柔らかく 旨い!

女将さんの話では、煮込みは一ヶ月に一回程度しか作らないそう。
レアアイテムだったのか。
運良く食べられてよかったです ^ ^

「まだ煮込み時間が浅いから味が薄いかも。でも、その分 汁まで飲めるわよ~」
おぉ、素晴らしい!
ラーメンも煮込みも全汁出来る一杯が好みです(笑)。


『あわのす』 緑茶ハイ(400円)

二杯目は、サラッと 「緑茶ハイ(400円)」 で。
サラッと行くはずが、さすが下町的アルコヲル濃度(笑)。


『あわのす』 刺身三点盛り+おまけの一点(600円)

「刺身三点盛り(600円)」 も登場。
なんと女将さん、女一人で呑みに来ている私を哀れんでか(?)、
三点盛りのところ、ホタルイカをプラスして四品盛りにしてくださってます!
女将さん、ありがとうございます m(_ _)m
この 旬のホタルイカが、旨いのなんの!
ちゃんと目の堅い部分を取ってくれてるのよね。
カンパチも美味しかったですが、中トロ加減が素敵な鮪も美味しゅうございました。


『あわのす』 ホッピー(420円)

三杯目は、 「ホッピー(420円)」 を頂きました。
ホッピーって今まであんまり頼まなかったけど、
中と外合わせると一杯以上呑めて、お得だね(←貧乏飲兵衛の意見w)。


さて、アテの三品目を注文する際に、こちらのお店にて、
今まで頼みたくてずっと注文出来なかった あのメニュー について質問してみました。

「女将さん、『ハムカツ』って、やっぱり一人で食べるには多いですか?」

実は、『あわのす』さんの名物メニューは 「ハムカツ」 と 「メンチカツ」 なのです。
しかし、どちらのメニューもボリュームがありすぎて、
複数人で来ないと食べられないと言われているのであります。

この質問をすると、女将さんの顔色が一瞬くもりました。
女将さんの返答も、
「うん…、一人だと無理だわ。一皿で、分厚いカツが二枚なのよ。
 二人でもちょっと苦しいかな。三人以上だといいんだけどね」

とのこと。

うぅ…やっぱりそうなんだ…orz
これは、二人以上の有志を募ってリベンジするしかないな!
……と心に誓った私だったのですが、

「でも、今日はお一人で来てるし…特別に一枚で揚げてあげるわよ♪」
と、これまた女将さんのご好意が!
おありがとうございます~ m(_ _)m


『あわのす』 ハムカツ(特別に1枚盛、300円)※通常は2枚で600円

そして登場した、待望の逸品がこちら!
「ハムカツ (1枚バージョン) 」 です。
通常は二枚で600円 となります。
たまたま女将さんの手が空いていたので、1枚のみ揚げてもらいました。
あしからずでございます m(_ _)m

……ていうか、一枚でもボリウム満点!
このハムの厚みを、どう表現すればいいのでしょうか!


『あわのす』 ハムカツ(断面図、厚さは約2mm!)

と…とりあえず、
手近にあった携帯で厚みを比較してみました。
この携帯の厚さが約2cmで、ハムカツの厚みもそれと殆ど変わらないので、

薄衣ながら、厚さ約2cmのハムカツ!

全体の大きさも、私のでかい手の甲くらいあります(笑)。
そして、大きいだけじゃなく味も文句なし。
薄い衣がカリッとクリスピー。
ハムは、昔ながらの縁の赤いハムなんですが、
脂少なく程よくジューシー&ムッチリした噛み応えが たまりません!
これが2枚載って600円って、ほぼ儲け無いんじゃないかしら。


実際、今回 女将さんといろいろ世間話をさせてもらったのですが、
ハムカツ&メンチカツはサービスメニューで、採算度外視で提供しているそう。
でも、ネットでこの激安&ボリューミーな2品が有名になってしまったせいか(?)、
ハムカツ又はメンチカツしか注文せず、
それだけ食べて帰ってしまうという一見のお客さんも少なくないのだとか。


↑このお話、実は載せようか載せまいか悩みました。
女将さんは私に愚痴を話されたわけではなく、私から
「このお値段じゃ安すぎますよね、大変じゃないですか?」
と聞いた事の流れで、お話をしてくださいました。
いわば私の誘導尋問です、その旨をご了承ください m(_ _)m

しかし、
呑兵衛たるもの、呑み屋さんで
サービス価格の一品のみ頼んで去ってしまうとは、
なんとも無粋ではないですか。



……いや、私も東京の外呑み歴は浅い人間ではありますが(汗)。
粋な呑み屋さんを守る為にも、呑み手も粋に呑みたいものであります。
とりあえず、次回『あわのす』さんを訪問する時には、
タッパー持参で、フルサイズのメンチカツを注文したいなぁと(笑)。
(↑ お持ち帰り前提の腰抜けかい!w)

ごちそうさまでした!


『あわのす』
03-3696-2211
東京都葛飾区青戸1-10-1
(青砥駅から76m)
17:00~
定休日 日曜


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : あわのす 青砥 青戸

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。