--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-18

【最終日】 ど~んと うどんレポ in 讃岐 【3日目】

いよいよ出張最終日!

一軒目はさか枝

『さか枝』うどんと外観

かけうどん(小・あつあつ)…160円

セルフ店ですが、その中でも
「テボ(ザル)に入れたうどんを自分で温め、かけダシも自分でかける」
という、フルセルフなお店。
その「自分で作る楽しみ」を期待してきたのに……
私の注文したうどんを、手が空いていた男性店員さんが
親切にテボをフリフリ、私の代わりに温めてくれました orz
(いや、親切で良いお店なんだけどさ…)
ダシは、大きなタンクに入ってて蛇口をひねってジャーと出します
(↑これはちょっと楽しかったw)。
麺肌は荒れ気味ですが、中太の麺はムニムニ・モチモチ。
いりこの利いたダシ、食べやすい麺、価格面、街中にある点を考慮して、総合的に良いお店でした。



二軒目は、がもううどん

『がもう』うどんと外観

うどん(小・あつあつ)…130円

安いですね~。
こちらもセルフ店、かけダシやトッピングは自分で盛ります。
店内が狭く数席しかないので、皆さん外のベンチで食べてます。
こちらの麺肌は、エッジが立って滑らかで美しいです。
中太で伸び・コシも程よく、なかなか理想的な麺です。
いりこダシも旨いな~。
ここも、今回周った中では好きなお店でした。



三軒目、山越うどん

『山越』うどんと外観・内観

釜上げ卵うどん(かまたま・温・1玉)…200円

この店は凄いね。
お客の回転にムダがないよう設計された店の作りといい、
役割分担された仕事に徹する、プロフェッショナルなスタッフのおばちゃん&お兄ちゃん達といい。
よ~く計算されてます。
「田舎のうどん屋」という括りじゃなくて、もう「立派な一企業」ですね。
飲食業をする方には勉強になって、違う意味で面白い店かも。

このお店の看板メニュー「釜玉」を頂きました(今回の日記トップ写真もソレです)。
味付けは写真左に写ってる「かまたま用」のダシ醤油をかけるんだけど、私は
「醤油だけじゃなく、少量の温かいかけダシも入れるとさらに美味しい」
という情報をガイドブックで仕入れていたので、若干おダシも入れてます。
このかけダシはいい味だったんだけど…
「かまたま用ダシ醤油」は化学調味料の味がきつくて、私は苦手でした。
次回食べる時は、「温かけダシ+生醤油」で食べたいわ。
あ、麺はかなり美味しかったです!
歯に吸い付くようなモッチモチ加減に、適度なコシもあって。
飲食スペースの庭も綺麗に整備されており、なかなか素敵でした(写真左)。



四軒目、純手打うどん よしや

『よしや』うどんと外観

しょうゆかけうどん(温・小)…200円
おでん(すじ肉・味噌付き)…120円

今年1月オープンしたばかりのセルフ店です。
若い店主は、親戚に有名うどん店経営者さんがいるとか。
機械を一切使わない「純手打ち」でうどんを作っており、麺切りもコマ板を使わず一本いっぽん手切りされてました。
お勧めということで「温かいしょうゆかけ」を頂きました。
手打ちならではの不揃い麺です。
太さはやや太めで不均一、ヨレ・曲がりが有り麺肌は荒れてます。
ちょっと食感が団子っぽい?…と思ったら、
「あえて一時間茹で置きにした麺を使ってます。
 そうしたほうが、うちの麺は醤油が絡みやすくなって美味しいから」
とのことでした。
へー、あえて茹で置きを使うお店もあるんですね。
うどんの好みも、人それぞれですもんね。



五軒目、山下うどん

『山下』うどんと外観

ぶっかけうどん(小・冷ダシ)…280円

こちらは一般店、「ぶっかけうどん元祖の店」です。
「コシがすごい」という前評判でしたが、私が食べたものはそんなに強烈なコシではありませんでした。
「冷」で頼んだのですが、冷水での〆方も甘く若干ぬるめだったので、そういう部分でコシが弱くなったのかなぁ…。
不揃いで太めな手打ち麺は、エッジが反りあがってフリルのように小さく波打ってました。
見た目は豪麺っぽいんですけどね。
トッピングは、ネギ・レモン・天かす。
ぶっかけダシも「温・冷」二種類あり、卓上に大徳利で置かれてます。
私は「冷」を選択。
薄色・塩気も薄めで、節の香りがするおダシでした。



さて、ここまでで「三日間で15軒制覇」のノルマは達成したのですが、お腹にまだ余裕があるということで……(笑)、


六軒目、宮川製麺所

『宮川』うどんと外観

ぶっかけうどん(冷・小・1玉)…140円(写真左)
かけうどん(ひやあつ・小・一玉)…140円(写真中央)

フルセルフ店で、今回唯一の製麺所系のうどん店です。
大きな製麺工場の脇に併設された部屋で食べさせてもらう…というような形のお店ね。
セルフの度合いもコチラはすごい。
製麺所の中に客が入って行って、セイロに一玉づつ整列されてあるうどん玉を自分で丼に取り(温める人はテボで温め)、大鍋で温められてるかけダシを鍋からすくって自分で注ぎます。
お店の人は口で指図するだけで、調理は全部お客がするお店。
「工場の社会見学」みたいで、なかなか楽しいです(笑)。

夕方に訪れて客も殆どいない状態、うどんもさぞかし茹で置きの疲れた麺だろうな…
と思いきや、ここは嬉しい誤算。
エッジもくっきりしてて麺肌も美しいし、コシ・弾力も十分ありました。
ぶっかけダシは色が薄いけど塩分が強めのタイプ、甘さは無し。
かけダシは長時間火にかけているせいか香りが乏しいけど、イリコの旨味は強かったです(若干、化学調味料も感じましたが)。


───────────────────────────────

いや~、三日間で15軒、相変わらずよく食べました。
つたないレポですが、三日分ちゃんと最後まで読んでくださった皆様、
ありがとうございました m(_ _)m

さぬきふじ

さよなら、さぬきふじ。



    ↑         ↑
お気に召しましたら、ポチッとクリックお願いします。 毎度おおきに~♪


 
スポンサーサイト

theme : うどん・そば
genre : グルメ

2009-03-17

ど~んと うどんレポ in 讃岐 【2日目】

『宮川』前の菜の花畑


引続き、うどんレポ二日目です。
上部写真は、『宮武うどん店』前に広がる菜の花畑と山々。
天気もいいし、まさに「うどん日和」。


───────────────────────────────

…というわけで、一軒目は宮武うどん店です。

『宮武』うどんと外観

あつあつ(小)…250円(左写真の左上)
ひやひや(小)…250円(左写真の右上)
下足天…120円(左写真の下部)

「ひやひや」「あつあつ」などの呼称を考案したお店で、超有名店です。
セルフのお店なんですが、カウンターで注文して席で待っていると店員さんがうどんを持ってきてくれます。
写真の三点のメニューを同行の弊社社長と分けて食べたのですが……


う……旨いっ!!


一口食べて、「これだ!」という衝撃が走りました。
「こういううどんを求めてた」という、私の好みにズバリ的中した感覚。
「純手打うどん」を名乗っているこのお店ですが、その名の通り機械を使わず、麺切りも麺切り台やコマ板さえ使わずうどんを手切りしてます。
手打ちならではの不ぞろい・ねじれ・曲がりがあり、それがまた麺の味わいとなっています。
冷たいうどんはしっかりしたコシと弾力があり、温かいうどんはモチモチで伸びもある。
かけつゆがまた、イリコがきいてて旨い。
ダシも私好み。
この店に気軽に来れるくらい近所の人が羨ましい。

ちなみに、こちらの天ぷらは『藤原屋』という業者さんから仕入れたものです。
この業者の天ぷらを使ってる讃岐うどん店は多いらしく、私達もチョイスした「下足天」が人気なんだとか。



二軒目は、 SIRAKAWA

『SIRAKAWA』うどんと外観

ぶっかけうどん・330円、半ちく盛り合わせ・220円(写真左上)
かけうどん…280円(写真右上)
半ちく盛り合わせのアップ…220円(写真下)

一日目の取材に同行してくださった、SIRAKAWA店主さんのお店です。
この日にお伺いすることは伝えてなくアポ無しで突入したので、店主さんも驚いてました(笑)。
こちらは一般店です。
有名なのは、「たこちくぶっかけ」などの、揚げたての竹輪天が付いたうどん。
私達は冷たい「ぶっかけ」・温かい「かけ」で、温冷二種類のうどんを味わいつつ、
名物の竹輪天は、「タコ・エビ・普通の竹輪」の三種類が一皿で頂ける「半ちく盛り合わせ」を注文。
やや太めの印象のうどんは、温はモチモチ・冷はコシと粘りを併せ持つもので、美味しいです。
ぶっかけダシは猪口で供され、ざるうどんのようにつけてもいいし、うどんにぶっかけることも可能で、好みに合わせられていいですね。
塩気や甘さは控えめでスッキリした味わいです。
かけだしは、イリコのきいた上品な仕上がり。
竹輪天三種は、どれも青海苔が入った磯辺揚げの薄衣で、揚げたてアツアツ。
評判通り、美味しい!



三軒目は、谷川米穀店

『谷川米穀店』うどんと外観

うどん(温・小)…120円(写真左上)
うどん(冷・小)…120円(写真右上)

山間の集落の中にある「村のお米屋さん」なんですが、
「米と一緒にうどんも玉売りしてて、お店の中のテーブルでちょこっと食べられる」……
というような、雰囲気と造りのお店でした。
もちろんセルフで、メニューも「醤油うどん」と「醤油蕎麦」しかありません。
テーブル席は十数席あるんですが、お客の数より卓数が少ないので、テーブル無しの椅子のみの席で食べてる人も多数。
常連のオッチャンなんか店内では食べず、店の横を流れる川を眺めながら、道路の脇に座り込んで食べてました(写真右下)。
せせらぎうどん、ちょっとオツだわ~。

肝心のうどんですが、細めの手打ちです。
太さは不ぞろいで、麺の長さも短く麺肌も荒れてました。
コシも弱めで柔らかい仕上がりですね……切れたようなクズクズのうどんが多かったのも残念。
ここは自家製の「青唐辛子の辛味調味料」が有名なのですが、コレ、なかなかの辛さです。
写真の量でもかなりホット。
私は辛党なので大丈夫ですが、付け過ぎ注意です。



四軒目、うどん太一

『太一』うどんと外観

ここもセルフのお店なんですが、店は広くメニューもうどんからラーメンまで多数です。
この店で注文した商品が写真左のメニュー……その名も、


・ オ バ マ うどん … 500円


………な、名前からしてイロモノ臭がw

店の大将自慢の新(珍?)メニューです。
なぜ「オバマ」かというと、トッピングされた具の頭文字が「オ・バ・マ」の三文字だからだそうです。
その具を一つづつ紹介しますと…

「オ」…お揚げ(きつねうどんの油揚げ・「オバマ」焼印入りw)
「バ」…バナナw(すりおろしたバナナが混ざった出し巻玉子)
「マ」…まったけ(「まつたけ」ではなく「まったけ」(店内表記ママ)の天ぷらw)

………ツッコミどころ、マンサイw

なんとこの「オバマうどん」、新聞や雑誌の取材で引っ張りダコなんだそうです
テレビ朝日系番組『ナニコレ珍百景』も取材に来たそうで……

………さすが珍メニューw

でも、うどんは美味しかったですよ~。
この店のうどんは、全品「豆乳を練りこんだうどん」を使用してます。
この日は、「ぶっかけうどん(320円)」と「かま玉ラーメン(400円)」も頂戴したのですが、どれもいいお味でした。
特に「かま玉ラーメン」が秀逸で、自然薯を練りこんだ特製麺を使用しているのですが、頂いた三品の中で一番美味しかったです。



本日ラスト、五軒目は長田 in 香の香(かのか)

『香の香』うどんと外観

釜あげ(小)…250円

釜あげうどんで有名、一般店です。
つけ汁は、写真左下のような大きなトックリで出てきて、自分で猪口に注ぎます。
このトックリ自体がとても熱々で重いので、注ぐ時はご注意を。
うどんはやや細めで、茹で汁に浸されて出てくるからか、麺のみ食べても塩気を感じます。
モッチモチで、温うどんでもちゃんとコシがある美味しい麺です。
つけ汁は節系のダシの香りが強く、甘さ・塩分は控えめ。
こちらも美味し~い。
卓上にはネギやおろし生姜・胡麻などの薬味も充実してます。


───────────────────────────────

二日目は美味しいお店が多くてホクホクだったわけですが、四軒目で普通サイズのうどん・ラーメンを二人で三杯食べたこともあり、今日も満腹…。
でも、夜はしっかり「飲み反省会」です(笑)。
地物のカンパチ刺やタコ刺・炙りじゃこ天と、香川の地酒でハンセ~イ♪

香川・反省会2日目


【最終日へ続く】



    ↑         ↑
お気に召しましたら、ポチッとクリックお願いします。 毎度おおきに~♪


 

theme : うどん・そば
genre : グルメ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。