--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-26

美しく澄んだ塩清湯に、舌も心も癒される。 【新店】『光らーめん』@東十条

『光らーめん』 ら~めん(塩) + 軟骨つくね団子 (アップ)


気になる新店に行ってきました!


『光らーめん』 外観

2010年9月14日にオープンした『光らーめん』さんです。

秋刀魚スープを使った独創的なラーメンを提供する『生粋』さんで修行された方の独立店です。
でも、こちらのお店では修行先とは異なる味、「塩ラーメン専門店」として営業しているのだとか。
場所は、JRの東十条駅前。
商店街を北に一本入った通りにあり、道順がわかりやすく、駅から徒歩2分と近いのでアクセス良好です。


『光らーめん』 麺類とご飯物メニュー

日曜日の昼13時台に訪問しました。
店内に入ると、L字カウンター6席の店内に店主さんお一人と先客さんお一人。
席に着くと、すかさず店主さんに、
「うちは塩ラーメンしかありませんが、よろしいですか?」
と聞かれました。
「調べて来ましたので存じ上げてます、大丈夫です」
と返答。
わざわざ塩味のみの念を押すということは、場所柄(下町っぽい風情のある商店街です)醤油ラーメンが無いと苦言を呈するお客さんがいらっしゃるのでしょうか。

注文を済ませ、ご主人の許可を得てメニューを撮らせて頂きました。
麺類・ご飯物メニューは上記写真↑の通り。
「昆布ら~めん」がオリジナリティがありますね。
「特製ら~めん」トッピングは、軟骨つくね団子(2ケ)・チャーシュー・桜海老の煮玉子が載ると小さい字で書いてありました。

その他のメニューは、写真が上手くとれなかったので文字で書き出します。


 【 トッピング 】
 シャキネギ・桜エビの煮玉子 … 各100円
 鶏チャーシュー・軟骨つくね団子(3ケ) … 各200円
 カルピスバター … 150円
 梅干(1ケ) … 50円


 【 おつまみ 】
 桜エビの煮玉子・鶏チャーシュー … 各100円
 軟骨つくね団子(3ケ)・むし鶏のネギソースかけ … 各150円



トッピングとおつまみはダブってるメニューがあるのですが、何故かおつまみのほうが安めですね。
おつまみのほうが量が少ないのか、それとも呑むお客さんが多いからサービスなのでしょうか?
ちなみに、アルコールは「アサヒ・スーパードライ」が380円と安価。
昼間ですが、おつまみいろいろ頼んで呑みたい気分に(笑)。


『光らーめん』 卓上調味料

卓上調味料は、粒胡椒(白&黒)とフライドガーリックを合わせたものが入ったペッパーミル・酢・一味唐辛子。
そうこうしている間に商品が出来上がりました。


『光らーめん』 ら~めん(塩・650円) + 軟骨つくね団子(3個・200円)

「ら~めん(塩・650円)」 + 「軟骨つくね団子(3個・200円)」

トッピングのつくねが美味しそうだったので、そちらも載せて注文しました。
その他の具材(デフォのトッピング)は、
しっとりした鶏モモ肉チャーシュー2枚・斜め薄切りとみじん切りの二種類の切り方をした白ネギ。


『光らーめん』 ら~めん(塩) + 軟骨つくね団子 (スープ)

スープは美しく澄んだ清湯。
鶏ガラ・鶏肉のふくよかな味わいを主体に、塩ダレやその他の素材の旨味がギュギュッと詰まっています。
甘味ではなく旨味、キレではなく余韻を楽しめる塩スープ、…という印象。


『光らーめん』 ら~めん(塩) + 軟骨つくね団子 (麺リフト)

ウェーブした細麺は、プツッと歯切れのいいもの。
淡麗なスープとの相性も良く、その喉越しにまかせてスルスルと頂けます。


『光らーめん』 ら~めん(塩) + 軟骨つくね団子 (鶏チャーシューとつくねのアップ)

別注でトッピングしたつくねは軟骨が入っていて、コリッとした食感がたまりません。
軟骨つくねフェチの方には、必食トッピングかと!


『光らーめん』 鶏めし(200円)

「鶏めし」 200円

今回はご飯物も注文しました。
本当はこちらではラーメン一杯だけの注文にして、この後もう一軒ハシゴするつもりだったんですが、メニューの「鶏めし」200円と安くてなんだか美味しそうだったので、二軒目をあきらめて注文(^-^;
これがなかなかヒットでした!
白ご飯に少量の醤油がかかり、その上に蒸し鶏とネギソースが載せてあります。
大きさは普通のご飯茶碗ですが、盛りがよくて鶏肉もしっかり載って200円は好コスパです。


『光らーめん』 鶏めし(ガーリックペッパーと塩らーめんスープをかけて)

ご飯にかかった醤油味が薄めだったので、半分食べた後に塩ラーメンのスープをかけて、卓上調味料の「フライドガーリック&ペッパー」を上からかけて、お茶漬け風にして食べました。
これがまた美味しい!
胡椒が塩スープをピリッと引き締め、ガーリックの風味が食欲をそそります。
トッピングの「カルピスバター」を頼んでこの「鶏めし」に混ぜても美味しそうだなぁ。


大満足でスープまで完食!
派手さはありませんが、味のレベルが高い新店でした。
店主さんは中国の方らしく、BGMも中国の歌謡曲(?)と日本のポップスがおりまぜてかかっていました(有線やラジオではなく、店主さんの私的な音源ファイルなのでしょうか)。
腰の低い方で、接客も丁寧でした。
お一人で作業されているようで混みあうと大変そうですが、頑張ってほしいと思います。
ごちそうさまでした!

【2010年9月14日OPEN!】 『光らーめん』
TEL 非公開
東京都北区東十条4-4-6 スカイハイツ1F
(東十条駅から243m)
11:00~15:00、17:00~22:30
定休日 不定休



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ひかりらーめん 光ら~めん 東十条 塩ラーメン

2010-08-04

駒込の新店で、キーンと冷たいラーメンを。 『麺 逸九(いっきゅう)』@駒込

『麺 逸九』 コラーゲン鶏冷しラーメン(梅干無し・チャーシュートッピング)アップ


駒込の新店『麺 逸九(いっきゅう)』さんを訪問しました。
こちらは、根津の居酒屋さん『導楽 備長炭火串焼』さんの新業態のラーメン店。
7月19日にオープンしました。


『麺 逸九』 店前道路角に設置された立て看板

外観を撮り忘れてしまったので、立て看板を…(汗)。
店舗に近い大きめの車道の角に立ててあった看板です。
お店はその車道を曲がったやや細めの道路沿いにあるので、この看板が目印になるのではと思います。
塩ラーメンがメインメニューというのは事前調べで承知していましたが、醤油ラーメンは限定なんですね。
「本日あります」ということは、毎日は無いのかもしれませんね。


『麺 逸九』 店主さんの経歴POP
( ↑ ※クリックで拡大 )

看板の裏側に、職人さん(店長さん?)についての紹介文POPが貼られていました。
以前、ラーメン店を構えていた方なんですね。
この看板から10mほど先のお店に入ります。
客席は手前にカウンター・奥にテーブル席という造りで、全部で15席くらいでしょうか。


『麺 逸九』 卓上メニュー (※ランチ時撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 )

卓上メニューを撮らせてもらいました。
麺メニューは、
「塩ラーメン」「玉子入り塩ラーメン」「冷しごまつけめん」がレギュラーで、
「コラーゲン鶏冷しラーメン」と、表の看板からすると「醤油ラーメン」も限定なのでしょうか。
左上に「麺増し中盛無料」とあるので、グラム数はわかりませんが中盛までは無料サービスされているようですね。
また、「塩ラーメン」には〆の「醤しらす飯」か「梅ごはん」のどちらかが付くサービスもあるようです。
確認していないのですが、もしかしたらいずれもランチのみのサービスかもしれません。
ご了承ください。

…で、
私は何を注文したかというと、塩ラーメンを頂くつもりで来たのですが……



『麺 逸九』 コラーゲン鶏冷しラーメン(梅干無し・チャーシュートッピング)900円

コラーゲン鶏冷しラーメン (梅干無し)800円 + チャーシュー(1枚)100円

表が暑すぎて、ついつい冷やしを頼んでしまいました(汗)。
「海老ワンタン」「コラーゲン」というキーワードに魅かれたのもありまして(笑)。
梅干入りの「コラーゲン鶏冷やしラーメン」だと900円ですが、無しにすると800円になります。
また、店主さんに
「外に置いてたポケットティッシュにクーポンが付いているので、
 それを見せてくださればソフトドリンクかお好きなトッピング一品サービスしますよ」

と教えて頂いたので、チャーシューをトッピングしてもらいました。
なので、今回のラーメンはチャーシュー付きでも800円となります。
店主さん、ありがとうございます!


『麺 逸九』 コラーゲン鶏冷しラーメン(梅干無し) スープ

スープは澄んだ清湯。
少しだけ浮いている黄色い油は胡麻油のようです。
入れすぎると胡麻油味が支配してしまいそうですが、ほどよい塩梅なので香ばしい香りを楽しめます。
塩はヒマラヤ産のピンクソルトを使用しているそう。
角のないまろやかな塩です。
もう少し塩分があったほうがいいかも…と感じましたが、それはこの日の私がかなり汗をかいていたからかもしれません。
スープは、卓上メニューによると
「宮崎県産日向鶏のガラをベースに鶏の旨味を凝縮させたコクのあるスープ」
とあり、無化調仕上げです。
アッサリしてゴクゴク飲めるスープですが、ちょっとライト過ぎるのではと思いました。
今回の商品は「コラーゲン」という単語も冠していますが、そのコラーゲンの濃さも鶏のコクも、私には弱く感じてしまいました。
スープの出来によるブレかもしれませんので、また後日再訪させてもらいたいと思います。


『麺 逸九』 コラーゲン鶏冷しラーメン(梅干無し) 麺リフト

麺は、生卵黄を使った自家製の中細ストレート卵麺。
よーく冷やされていて強いコシがあり、ツルツル・シコシコです。
美味しい麺なんですが、スープが軽いので麺の風味とコシの強さのほうが勝ってしまい、ややアンバランスにもとれてしまいました。


『麺 逸九』 コラーゲン鶏冷しラーメン(梅干無し) 海老ワンタン

トッピングの海老ワンタンは、大振りで海老がミッチリ詰まっててプリプリ!
ワンタンというよりは、餃子か焼売並に餡がパンパンに詰まっていて、食べ応えがあり美味しいです。
その他のトッピングは、穂先メンマ・味玉1/2・青ネギ・氷、トッピングしてもらったチャーシュー。
チャーシューは小振りのバラ肉ロールで、ホロリと柔らかくて美味でした。
「お好みで、卓上のリンゴ酢を入れて召し上がってください」
ということなので終盤に入れてみました。
フルーティな酸味と香りが加わって、夏にピッタリの爽やかな味わいになりました。

「ポケットティッシュに付いたクーポンは、8月いっぱいまでご利用可能ですので、
 また宜しくお願いします」

と、店主さんの接客は最後までとても丁寧でした。
次は本命だった塩ラーメンを頂きたいと思います。
ごちそうさまでした!

【2010年7月19日OPEN!】 『麺 逸九(めん いっきゅう)』
東京都北区東京都北区西ヶ原1-1-15 スズキビル1F
03-6903-5192
11:30~14:00、17:30~22:30
定休日 不定休



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 麺逸九 めんいっきゅう 駒込 冷やしラーメン

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。