--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-24

歌は世につれ、世は歌につれ、味は心につれるもの。 『昭和歌謡ショー』@巣鴨

『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(アップ)


先月行ったラーメン屋さん のレポです。
書くのが遅くなってすみません (^-^;


『昭和歌謡ショー』 外観

お邪魔したのは、 『昭和歌謡ショー』さん。
変わった店名ですが、れっきとしたラーメン屋さんです(笑)。
巣鴨地蔵通り商店街の入り口の斜め前にあります。


『昭和歌謡ショー』 店頭の垂れ幕(2011年3月撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 )

こちらは入り口横にかけてある、商品説明の垂れ幕。
オープン時から、醤油ラーメンと塩ラーメンの二本柱で営業されています。
店主さんは、長く『一風堂』に勤められていた方。
歌を歌うのがお上手なんだそうで、それでこの店名なんですね。


『昭和歌謡ショー』 無化調を謳うPOP

店内はとても狭いです (^-^;
入り口を入ってすぐ、横一列のカウンター5~6席があり、そのカウンターの奥がすぐに店主さんがいる厨房。
ちょっぴり圧迫感のある店内ですが、居心地の悪さを感じないのは、
店主さんの丁寧で気さくな接客のせいもあるのだと思います。

ちなみにこちらのお店は無化調
↑のPOPの文句、なかなか素敵ですよね ^ ^


『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(700円)

「地球の塩ラーメン」 700円

同行者と二人で来ていたので、塩と醤油を頼んでシェアしました。
まず、塩ラーメンから。
「四種類の塩を地球(海と陸)の比率七対三にブレンドした」
というスープは、透き通って綺麗です。
トッピングは、チャーシューと刻みチャーシュー・玉葱みじん切り・白ネギ・水那・岩海苔。


『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(麺リフト)

麺は王子製麺製の極細ストレート。
プツッとした歯触りの低加水麺で、スープとの馴染みがよくて美味しいですね。
岩海苔の磯の香りが、塩梅のいい塩スープにとけてこちらもベストマッチ。


『昭和歌謡ショー』 王道の醤油ラーメン(700円)

「王道の醤油ラーメン」 700円

こちらは醤油ラーメン。
福井県の井上古式醤油を使用しているそう。
トッピングは、チャーシュー・海苔・ナルト・メンマ・みじん切りの白ネギ。
チャーシューは部位や切り方(薄さ)を、塩と変えているのでしょうか。
雷文の器が、昔ながらの中華そば っぽさを演出しております。


『昭和歌謡ショー』 王道の醤油ラーメン(麺リフト)

動物系が利いたスープに、やや甘めな醤油ダレ。
塩とは違う中縮れ麺は、タピオカ入りでモチモチつるつるしています。
いかにも日本人が好きそうな醤油ラーメンです。
無化調なのに物足りなさが一切なく、塩同様こちらもいいですね。

塩と醤油どちらが好きかというと、
「どちらも好きなので、その日の気分で選びたい」という感じ。
それほど、二品とも甲乙つけがたい美味しさでした。
限定品の「七福白醤油ラーメン」もあったので、また訪問したいと思います。
ごちそうさまでした!

『昭和歌謡ショー』
TEL 非公開
東京都豊島区巣鴨4-35-2 巣鴨岩下ビル 1F
(庚申塚駅から72m)
11:30~15:00、17:00~スープなくなり次第終了(20:00頃)
定休日 水曜日


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 昭和歌謡ショー 巣鴨 ラーメン 庚申塚

2011-01-25

イケメンは、甘いマスクのジャムポタつけ麺。 『池麺 KINGKONG』@池袋

『池麺 KINGKONG』 外観


ロケ仕事の帰り道。
弊社社長と池袋の
『池麺 KINGKONG(いけめん キングコング)』に行きました。
昨年8月にオープンした新店で、『東池袋大勝軒』の系列店です。


『池麺 KINGKONG』 立て看板

表の立て看板には、
濃厚つけ麺
  ”フルーツ”を(イチゴ・リンゴなどなど)隠し味として入れております」

とあります。
こちらはつけ麺が主力商品なのですが、
そのつけ汁の甘みをつける調味料としてフルーツジャムが入っているのが特徴なのであります。


『池麺 KINGKONG』 メニュー(※2011年1月撮影)
(↑※クリックで拡大)

メニューはこちら。
つけ麺の商品名「トロフルつけめん」「トロフル」は、
「トロピカルフルーツ」ではなくて「トロッとしたフルーツジャム入り」ってことなのかな?
つけ麺の麺量は並盛200gと中盛400gが同料金。
つけ麺以外に「中華そば」もあります。



『池麺 KINGKONG』 トロフルつけめん(並盛・800円)+ハーブ半熟玉子(100円)

「トロフルつけめん(並盛)」800円 + 「ハーブ半熟玉子」100円

並盛200gに「ハーブ半熟玉子」という味玉をトッピングしました。
トッピングされているチャーシューも、ローズマリーで風味付けした「ハーブ塩チャーシュー」なのだそうです。


『池麺 KINGKONG』 トロフルつけめん(つけ汁)

つけ汁には、細切り炙りチャーシュー・メンマ・挽肉・白葱がたっぷり。
とろりと濃厚な豚骨魚介醤油で、甘さは適度、辛味・酸味は控えめです。
フルーツジャムがこの甘味・酸味を演出しているのでしょうが、
その味は突出しておらず、知らなければわからないかも。
しかし、砂糖のベッタリとした平面的な甘みではなく、後口爽やかな甘みに感じるのは、
フルーツジャムの効果なのだと思います。


『池麺 KINGKONG』 トロフルつけめん+ハーブ半熟玉子(麺アップ)

極太ストレート麺の上には、オプションでつけたハーブ半熟玉子の他に、
炙りハーブ塩チャーシュー・カットレモンがトッピング。
麺は、パスタに使う硬質小麦・デュラムセモリナ粉を使用しているだけあって、
ガッチリしたコシがあります。
バラ肉チャーシューが、香ばしくて美味!
途中でレモンを絞ると、フレッシュな香味が加わって爽やかになります。


『池麺 KINGKONG』 トロフルつけめん(麺リフト)

つけ汁の挽肉が、麺によく絡んでいい仕事をしてくれます。
卓上調味料には、酢にレモンとリンゴを漬け込んだフルーツ酢があるのですが、
これもジャム入りつけ汁によく合っていて、サッパリした味になります。
スープ割りはあっさりの魚介ダシ。
最後まで美味しく頂きました。


『池麺 KINGKONG』 中華そば(700円)

気になる「中華そば(700円)」も注文して、社長とシェアしました。
こちらは、
「昭和30年代、東池袋大勝軒創業者である山岸一雄が当時味わった
 どこか懐かしい、優しい味の中華そばを復刻しました」

と、メニューに紹介文か書かれていました。
煮干や鯖節が利いたあっさり醤油清湯に、ポクッと歯切れ良くコシの強い細ストレート麺をあわせています。
昭和30年代のそのままの味ではなく、
懐かしさを演出しながら味わいはリッチに作られた中華そばでした。
中華そばのチャーシューは炙られてませんが、厚切りで食べ応えあってこちらも美味でした。

ジャムをつけ汁の調味料として使う点が新しいのですが、
その他の麺や具材にも個性を持たせており、アイデアが詰まってるな~と思いました。
そして、斬新なだけでなくちゃんと美味しい。
つけ麺・中華そばとも、また食べたいと思わせる惹きがありました。
ごちそうさまでした!

『池麺 KINGKONG(いけめんキングコング)』
03-6914-2070
東京都豊島区東池袋1-32-2 小泉ビル1F
(池袋駅から550m)
11:00~23:00(スープなくなり次第終了)
定休日 不定休
席数 14席 (カウンターのみ、8席+6席)
オープン日 2010年8月28日



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、 ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、
参考になったと思われた際は 画像を一ポチ お願い致します。

毎度おおきに!! m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 池麺 キングコング トロフルつけ麺 東池袋

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。