--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-09

大阪食い倒れ旅・2010夏。 【3軒目】 『カドヤ食堂』(移転後)@西長堀

『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(アップ)


大阪食い倒れ日記、三本目~♪

「ホテル近辺で美味しいお店は~」
…と検索していると、なんと以前の大阪旅行でも訪問 あの名店 が、ホテルの近くに移転してるではないですか!
「移転されたのはチェックしてたけど、この辺だったんだ~。
 前回頂いた『中華そば』以外にも食べたいメニューあったし、それならば!」

ということで……


『カドヤ食堂』 外観

やって来ました、西長堀移転後の『カドヤ食堂』さん!

日曜のオープン30分前に店前に到着しましたが、まだ誰も並んでいませんでした。
(※↑の写真は食べ終えた後に撮ったものです)
以前、鶴見にあった時も日曜のオープン前に並びましたが、その時はかなり並びが長かったのに、今回は並びの少なさにちょっと拍子抜け。
でもきっと、今年の残暑が厳しいことも行列の短さに繋がっていると思います。
何にせよ、一巡目で入れてよかった(^-^;


『カドヤ食堂』 メニュー

こちらは、麺類とご飯物のメニューです。
ちょっとお高めの値段設定。
ですが、食材にこだわっていらっしゃるので、食べれば納得なのではないでしょうか。


『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(1330円)

「つけそば」 850円 + 「豚足トッピング(つけそば用)」 480円


今回、私が食べたかったのは「つけそば」の「豚足」トッピング!
何を隠そう(いや、隠してませんがw)、豚足好きの越前屋
前回訪問した時にこの豚足トッピングが気になっていたのですが、これってつけ麺のみのトッピングなんですよね。
初回訪問では基本の中華そばを食べておきたかったので、
「いつか再訪して、豚足トッピングのつけ麺を食べなくては…!」
と思っていたのでした。


『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(つけ汁アップ)

つけ汁は醤油清湯。
サラリとして、甘味・酸味はごく弱く、辛味も一味が入ってますが味を〆る程度で辛さを感じるわけではありません。
醤油の存在感があり、魚介と動物系のダシも豊かに表現されています。
一口すすると、そのキレの良さ・バランスの良さに、思わず嬉しくなっちゃうようなスープなのであります。


『カドヤ食堂』 つけそば(麺アップ)

そして、麺!
つややかでなまめかしい麺肌を見てください!
このピッチピチの麺を、先ほどの秀逸つけ汁につけて食べると……


『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(麺リフト)

ジュテ━━・:*:・(´∀`)。・:*:・━━ム♡♡♡

つけ汁は豚足から出たコラーゲン質で、若干ペトペト感を漂わせているんですね。
その お汁が瑞々しい艶麺に絡んで官能的な旨さ です♪


『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(豚足アップ)

そんでもって、メインディッシュのコチラ……

豚足デカ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

ゼラチン質がプルップルで柔らかい
しっかり茹でこぼされていて、嫌な匂いも無く脂も気になりません。
骨も取ってくれているので、婦女子でも食べづらさを気にせず、そのままかぶりつくことが出来ます
(※取りきれない小さな関節骨が残っている場合があるので、その点はご注意ください)。


『カドヤ食堂』 つけそば+豚足トッピング(チャーシューと穂先メンマ)

オプションで付けた豚足以外のトッピングは、刻みチャーシュー・穂先メンマ・斜め切りした青ネギ・小口切りした白ネギ・ナルト。
ちなみに、並盛で麺の量は200gとのことでした。

「つけそば」がデフォで850円、豚足トッピングが480円、合わせて1330円になります。
はっきり言うと高額です。
でも、いざ食べてみると、同じ値段を払ってでもまた食べたくなる魅力があります。
ご興味のある方は是非トライしてみてください。
私は次回は、周囲の方が多く注文していた「白金豚旨みそば」を食べてみたいなぁ。
ごちそうさまでした!

『カドヤ食堂』
06-6535-3633
大阪府大阪市西区新町4-16-13 キャピタル西長堀 1F
(西長堀駅から379m)
11:00~15:00、18:00~22:00
定休日 火曜
席数 15席(カウンター7席、テーブル4名掛け×2)



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : かどや食堂 カドヤ 西長堀 豚足つけ麺

2010-09-06

大阪食い倒れ旅・2010夏。 【1軒目】 『松阪牛麺 大龍軒』@大阪府吹田市

『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(アップ)


ずっと気になっていた大阪のお店に行ってきました!


『松阪牛麺 大龍軒』 外観

吹田市に昨年7月オープンしたラーメン店、
『松阪牛麺 大龍軒(まつさかぎゅうめん だいりゅうけん)』さんです。
店名の「阪」の字を「坂」と間違えてしまいそうですが、正しくは「阪」です。
そして、「まつざかうしめん」と読んでしまいそうですが、「まつさかぎゅうめん」というふうに「さか」を濁らず、「牛」は「ぎゅう」と音読みするのが正しいのだそう。

土曜の13時頃到着しましたが、店内は満席。
外待ち客は、前4後4でした。
並ぶのが嫌いな大阪の地、しかも酷暑の中で行列する人がいるとは、人気があるんですね。


『松阪牛麺 大龍軒』 外に張り出されたメニュー)

こちらのお店は、店名の通り三重県の「松阪牛」を使用したラーメンを出すお店です。
麺メニューは、看板商品の「松阪牛麺(1000円)」、松阪牛のあぶらかす(※)を使った「松阪牛かす麺(800円)」の二つ。
(※「あぶらかす」とは、牛脂〔ヘット〕を作る際に搾り出された後の副産物・残りカスのこと。
  大阪では、うどんや焼きそば・お好み焼の具として使われます)
この他、「ユッケごはん(650円)」などのサイドメニューがあります。


『松阪牛麺 大龍軒』 2010年夏期限定商品POP

こちらは、今年の夏期限定商品のようです。
私が訪問したのは2010年9月4日でしたが、まだ店頭にこのPOPが置いてありました。

店内はカウンター10席。
思ったより回転は早く、外待ち15分弱ほどで店内に入れました。


『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(1000円)

「松阪牛麺 (麺少なめ)」 1000円

初訪問ということで、看板メニューのこちらを頂きました。
大阪ではこの他にも飲食店を周って食い倒れる予定なので、麺は少なめでのオーダーです(^-^;


『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(麺)

茹で上げた熱々の麺の上に、松阪牛の生肉スライス・とろろ昆布・生野菜(白ネギ・水菜)・レモンスライス・糸唐辛子をトッピングしています。
とろろ昆布は、肉の下に敷かれています。


『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(スープ)

別容器に、これまた熱々の「あぶらかす」入り和出汁が入っています。
和出汁は、「寒目近(かんめぢか)」という高価な宗田鰹節と、鯖節・昆布でとっており、醤油のカエシで味付け。
それだけで頂くと、うどんやそばのかけ汁とあまり変わらない味だと思いますが、たっぷりの松阪牛「あぶらかす」が入ることによって、あっさりした中に脂のコクが溶け出した、この店独自のスープに仕上がるわけです。

食べ方は、麺・生肉の上にこのスープを素早くかけ、よくほぐして食べます。
熱いスープにより生肉にほどよく火が通り、スープにはその旨味が溶け出す…という仕組み。


『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(スープを麺にかけた図)

早速、麺の器にスープをかけてみました。
おぉ、肉が白っぽくなった~♪
あぶらかすもたっぷりと入ってますね。


『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(麺リフト)

そしてこのスープが……

ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

宗田節の風味・旨味の濃いお出汁に、キリッと味をしめるカエシの利かせ方。
そして、しつこさ・くどさが一切無い「あぶらかす」の脂の甘味…。
上質な材料を使ってるのがよくわかるスープです。
肉の下にトッピングされたとろろ昆布からも次第に旨味が溶け出て、「欠かせない脇役」を演じています。

麺は全粒粉入りの細ストレート。
ポクッとした歯切れが特徴的な、風味の良い美味しい麺です。
雰囲気は和蕎麦に近いけど、コシとも違う固めの食感が独特。
表面がザラッとした低加水麺なので、スープをよく拾います。
このスープにこの麺の合わせ方……、
う~ん、大将ったら… テクニシャ~ン(☆o☆) キラ~ン☆ (By.山田花子)

『松阪牛麺 大龍軒』 松阪牛麺(油かす・松阪牛肉のアップ)

ほどよくサシの入った生肉は、松阪牛のA3~A4ランクのお肉を惜しげもなく使っているそう。
私は生肉好きなのであまり火を通さずに頂きましたが、しっとり柔らかく旨味濃く、文句無く美味しい!

「あぶらかす」は、既製品を使うお店が殆どですが、こちらでは自家製しているとのこと。
一般的には、牛の大腸を揚げたものなんですが、『大龍軒』さんのあぶらかすは、松阪牛の背脂とケンネン(腹脂)から自家精製するそうです。
(※食材については、『大龍軒』さん公式ブログに書かれていますので、興味のある方は読んでみてください)
大腸じゃないので、ホルモン独特のクセが無いんですね。
プルッとしたあぶらかすを噛み締めると、ジュワッと甘い牛脂が溶け出して、えもいわれぬ美味しさです。

中盤からトッピングされたレモンをツンツンとお箸でつっつくと、スープに香りと軽い酸味が移ってさわやかになります。
また、卓上には柚子胡椒と七味が用意されています。
美味しくて、久しぶりにスープまで完食してしまいました。


独創的な味とレベル、食材と店舗の高級感に対するコスパの高さに唸らされたお店でした。
車道沿いとはいえ、駅から約700m離れた住宅地に有り、場所が良くないのが難点です。
お近くの方もそうでない方も、わざわざ出かける価値のある唯一無二の味だと私は思います。
興味がありましたら是非、足をお運びください。
ごちそうさまでした!

『松阪牛麺 大龍軒(マツザカギュウメン ダイリュウケン)』
050-1306-2875
大阪府吹田市津雲台7-5-1
(山田駅から691m)
11:30~14:30、18:30~21:30
(日)11:30~14:30、18:30~21:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
席数 10席 (カウンターのみ)

http://gyuumen.blog107.fc2.com/


↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 松阪牛麺 大龍軒 松坂牛麺 大竜軒

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。