--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-13

山間の町・十日町で出会った美味居酒屋。 『豊吉(とよきち)』@新潟県十日町市

『豊吉』 お造り盛り合わせ(1500円)


今日までまたまた新潟に出張してました。
今回ご紹介するのは、以前出張した際に伺った居酒屋さんです。


『豊吉』 外観

この日は、新潟県十日町市に宿泊。
恒例の「反省会」を行うべく(笑)お邪魔したのは、
居酒屋『豊吉(とよきち)』さんです。


『豊吉』 お通しと生ビール

まずは、いつもの生ビールで乾杯!
くぅ~!
染みるねぇ~(笑)。


『豊吉』 お通し

お通しは二品盛りでした。
コーンが入った白身魚の蒸ししんじょうには、干し海老の粉がトッピングされています。
奥はポテトサラダ。
練り物にポテサラという私の二大好物が出てくるとは、この後の料理にも期待せざるを得ません(笑)。


『豊吉』 お造り盛り合わせの中トロ

今回の日記の一枚目に載せた お造り盛り合わせ は、5品盛りで1500円。
中トロ・〆鯖・茹で蛸・鯛・つぶ貝が載っていました。
細かなサシが入った中トロが ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!


『豊吉』 トマトスライス(?円)

そして、社長注文の トマトスライス(?円)
我が社の定番となっております(笑)。


『豊吉』 天神囃子 純米酒(2合・980円)

いつものように、昼間はラーメン店取材で試食を重ねていますので、お腹は空いていません。
反省会のアテは、少なめでゆっくりの注文です。
お酒を、地元十日町の地酒 「天神囃子・純米酒(2合・980円)」 に切り替えて、ゆっくりと反省(笑)。
このお酒、美味しいな~♪


『豊吉』 もずく酢(420円)

もずく酢(420円)も頂きました。
佐渡産の岩もずくでしょうか。
沖縄もずくよりも繊維がしっかりして、歯触りがいいです。
針生姜の香りが爽やかでこれも美味しいなぁ。


『豊吉』 川エビ唐揚げ(470円)

川エビの唐揚げ(470円)
素揚げにして塩を振っています。
サクッとした殻と、プリッとした身が美味。


『豊吉』 サービスのアラ汁

遅くにお邪魔し閉店時間まで滞在していたら、帰り際にサービスのアラ汁を出してくださいました。
魚のアラがたっぷり入っていて美味しい!
どの料理も手ごろで美味しくて、素敵な居酒屋さんでした。
ごちそうさまでした!



『豊吉』 ある日のお勧めメニュー
( ↑ ※クリックで拡大 )

参考として、この日のお勧めメニューと…

『豊吉』 食べ物メニュー 『豊吉』 ドリンクメニュー
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )

こちらは、通常メニュードリンクメニューです。
十日町に寄ったら、またお邪魔したい居酒屋さんでした。

『豊吉(とよきち)』
025-757-9629
新潟県十日町市関口樋口町
(十日町駅から353m)
17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 月曜日
席数 60席
駐車場 有



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : 豊吉 十日町市 居酒屋

2010-09-16

呑んだ後の〆ラーメンもここ一軒でお任せ!な居酒屋。 『喜ぐち』@新潟市

新潟出張の反省会レポ~! (笑)

『喜ぐち』 外観


この日は新潟市内の古町というエリアに宿泊。
近くの居酒屋さんを検索すると、こちらのお店の評判が良かったので、早速お邪魔しました。
地元客から愛されているという老舗喜ぐちきぐち)』さんです。

歓楽街・古町の賑わっている一角から外れた場所に、ひっそりと佇んでいます。
店内は古い民家のような造りで、手前に厨房・その脇の通路を進んだ奥に広い座敷が二間。
その座敷に幾つも並べられたテーブルが客席となっているという、非常にくだけた空間です。
平日夜21時頃にお邪魔しましたが、店内は1/3ほどの埋まり具合。


『喜ぐち』 一品メニュー 『喜ぐち』 麺・御飯物・ドリンクメニュー
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )

メニューを撮らせて頂きました。
居酒屋らしい一品料理をはじめ、新潟の郷土料理やご飯物・麺類などもあります。
クチコミ情報では、ラーメン・新潟名物のタレかつ丼・釜飯が美味しいということ。


『喜ぐち』 生ビール(580円)とお通し

まずは「生ビール(580円)」乾杯!
お通しは「豆鰺の唐揚げ(?円)」でした。
カラッと揚がっていて、丸ごと食べられます。
お通しが美味しいと、この後のお料理にも期待が持てるというものです。


『喜ぐち』 刺し身盛り合わせ(時価)

「刺し身盛り合わせ(時価)」
手前から時計周りに、フナベタ・〆鯖・バイ貝・ブリです。
「フナベタ」は新潟の名物で、小さいカレイのことなんだそうです。
身が柔らかく、小さいけれど旨みがあって美味。
ブリも、ほどよく身が締まっていて美味しかったなぁ。
ツマの一つとして、菊の花びらを茹でたものが載っているのが新潟らしいですね。


『喜ぐち』 のっぺ(420円)

「郷土料理を食べよう!」
ということで「のっぺ(420円)」を頂きました。
「のっぺい汁」が転じて「のっぺ」だと思っていたので、てっきり温かい汁物だと想像していましたが、出てきたのは汁が多めで冷たく冷した煮物でした。
帰宅して調べると、新潟の「のっぺ」は煮物で、新潟市近辺地区のそれは冷たいものが主なのだとか。
うーむ、地域によって違いがあって面白いですね。
『喜ぐち』さんの「のっぺ」は、淡口仕上げでダシが利いており、非常に上品なお味でした。


『喜ぐち』 チューハイ(レモン・420円)

「チューハイ(レモン・420円)」なんかも頂いちゃったりして。


『喜ぐち』 焼鳥(赤=モツ・タレ・3本320円)

「焼鳥・もつ(赤・3本320円)」も注文。
焼鳥は「もつ(赤)」「皮(白)」「肉」の三種類がありますが、臓物好きなので「赤」で(笑)。
塩焼きとタレ焼きを選べますが、タレでお願いしました。
鶏肝・鶏心臓・砂肝・長ネギが、一串にバランスよく混在して刺さっています。
甘めのタレで、固めの焼き加減。


『喜ぐち』 ラーメン(530円)

「〆はやっぱり、『ラーメン(530円)』でしょう!」
ということで、最後にこちらも注文。
実は『喜ぐち』さん、居酒屋ですが携帯ラーメンサイト「超らーめんナビ」にも掲載されるほど、ラーメンの評判が良いのです。

さて、そのラーメンですが、鶏ガラベースの醤油味。
澄んだ清湯は、油の量が少なくてアッサリしつつ、ウマミがバシッと強めに利いています。
麺は平打ちの中太ウェーブ。
やや柔らかめでチュルチュルとすすれる、優しい食感の麺です。
鶏ガラ醤油にこの平たい麺…、
「日清『チキンラーメン』をお店で再現すると、こんな感じになるのかも」
なんて思ったりしました。
呑んだ後にはピッタリの、どこか懐かしさ漂うシンプル中華そばでした。


店を後にした時刻は午前0時頃だったと思いますが、深夜なのに入店時よりもお客さんが増えて賑わっていました。
さすが、明け方近くまで営業する繁盛店ですね。
料理はいずれも美味しく、店員さんの接客も丁寧で物腰柔らか。
分煙されていないのが非喫煙者にはちょっと辛かったですが、それでもまた再訪したいと思わせる良店でした。
ごちそうさまでした!

『喜ぐち』
025-224-9075
新潟県新潟市中央区古町通10番町1720
(新潟駅から2,107m)
18:00~翌4:00
定休日 日
席数 座敷40席



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 喜ぐち きぐち 新潟市の居酒屋

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。