--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-26

『てんぷら近藤』

『てんぷら近藤』初訪。
言わずと知れた、銀座の有名店です。

こちらはランチ営業もあるのですが、私たちが伺ったのは夜の部です。
『近藤』さんの常連さんが弊社社長の友人で、その方が予約をしてくださったので、私もお相伴に預かった次第。
この日は4名でお邪魔しました。
「晩のメニュー」は、10,500円のコース「藤(天ぷら定食・果物)」から17,850円のコースまで、三種類。
勿論アラカルトでの注文も可能ですし、天ぷら以外の一品料理もあります。

私達の注文は常連の方にお任せしたのではっきりわかりませんが、多分コースの「藤」と単品で「さつま芋の天ぷら」(4名で一本)を注文されたのだと思います。
ちなみに通された席は、カウンターの中央・近藤店主が立つ揚げ場のまん前。
作業が観やすく、ご主人とも会話しやすい特等席です。
常連様、ありがとうございますm(_ _)m

それでは、コースの流れに沿ってご紹介。
(写真はクリックすると、ちょっと拡大します)


てんぷら近藤(夜のコース・1)

【左上】セッティングされているお盆。着席すると、おしぼり・お通し(この日はメカブの和え物)・大根おろし・レモン・天つゆなどが出されました。まずは生ビールで乾杯。
 真ん中上部の紙が敷いてある皿に、揚げたての天ぷらがカウンターごしのご主人の手からどんどん供されて行くという流れです。廻らない寿司屋みたいな感じね。(←どこまでも庶民のえち子w)

【右上】海老の頭の天ぷら(二尾分)。本体はこの後すぐに出てきます。カリッとクリスピー。写真がピンボケでスマヌ。

【左下】車海老。才巻海老(車海老の小さいもの)だったかな?失念…。
 二尾分、続けて出てきました。が、一匹目はちょっと衣がしんなりしてました。「あれ?」と思ったけど、二尾目はカラリとした衣。ブレなのかしら?ちなみに火の通りは、中までしっかり揚がってましたが「今やっと火が通った」という感じでした。

【右下】アスパラ。これ、薄衣カリカリ・アスパラ肉厚柔らかジューシーで、大変美味しかったです。先の海老より「揚げ」の巧みさを感じました。


てんぷら近藤(夜のコース・2)

【左上】蓮根。蓮根って、揚げると香りがいいよね。好きだわ。

【右上】江戸前のキス。柔らかくてフワフワ。

【左下】茄子。熊本産の「ばってん茄子」だそうです。小ぶりなんだけど、普通の茄子より糖度が高いのが特徴だそうで。茄子は油と相性がいいですよね。

【右下】江戸前のメゴチ。キスのような繊細さはないけど、味はしっかりしてて美味しい。ご主人は天ぷらを皿に置きながら、産地や素材の名前をお客に告げてくれます。


てんぷら近藤(夜のコース・3)

【左上】椎茸。これも肉厚で香りがよくてウマー!キノコ大好き。

【右上】ペコロス(小玉ねぎ)。普通の玉ねぎを輪切りに切った天ぷらなら自分でも作るけど、ペコロスは初めて食べました。丸のままでも一口でいけていいわ~。でも、火の通しが難しそう。

【左下】ウニの紫蘇巻き。これが今回の「オレの一等賞」でした。中は「やっと芯まで温まった」という加減の火の通し。箸で持つと柔らかい。かじると、衣はカリッ・紫蘇は香ばし・ウニとろ~り。これは塩で食べないとね~。至福ぅ~(ウットリ)。

【右下】穴子。これも江戸前だったかな?フワフワでこれも旨いよ~。


てんぷら近藤(夜のコース・4)

【左上】人参かき揚げ。人参自体はとても美味しいです。甘いし香りもいい。
 しかし、コヤツがクセモノ…軽そうに見えて油を大量に吸っており、見た目に反してヘヴィーな輩でした(汗)。包丁技とか、繊細な食材を秒殺で揚げる技とか、技術は素晴らしいと思います。しかし、その分油切れの悪さが気になって心残りな一品でした。
 油も、質の良いもの・新鮮なものを使ってるので、胃モタレは一切ないんだけどね…… カロリーがね…(滝汗)。

【右上】名物・さつま芋の天ぷら。さつま芋を直径10cm強の円柱に切って天ぷらにしています。揚げるのに時間がかかるので、余裕をもって注文しなくてはならない商品。写真は、その円柱の芋を三等分に縦割りにしたもの。
 『近藤』さんの看板メニューだけあってホクホクで美味しい!しかし、底が焦げてました…(写真では右奥で、見えない底辺の部分)。これがデフォなのかは謎です。

【左下】〆のご飯もの。天丼か天茶を選べるようですが、今回は常連さんの好みで全員「天茶・ご飯少な目」に。…言えなかった…「一個、大盛りで」って…w
 かき揚げの具は小柱と、緑は三つ葉かな?小柱(青柳の貝柱)は小さいのに旨味タップリ・磯の香りがほのかに漂って美味ですね。
 私は「お江戸で『小柱かき揚げの天丼』か『天茶』を食べる」のが長年の夢だったので、願いが叶って嬉しゅうございました。上手に揚がったかき揚げに水分かけるのがもったいなくて、殆ど塩天丼として食べてしまいましたw
 
【右下】果物。この日はマンゴーと苺。お茶も出してくれました。



以上が、この日頂いたもの。
飲み物は、生ビールと冷酒をそこそこ頂きました。

もしかしてこちら、「時間予約・入れ替え制」なのかも?
今回はお呼ばれだったので、その辺のシステムは全く予備知識を入れずに伺ったのですが、私達は進行が遅めだったようで、後半は若干駆け足ぎみの提供だったように感じました
(接客的には嫌な感じは皆無で、むしろプロフェッショナルを感じる素晴らしいものでしたが)。
店の外に出ると待ち客がいっぱい。
「やっぱり長居しすぎちゃったかしら…」と、ちょっと外のお客さんに気を使ってしまいました。


以上が『てんぷら近藤』体験記でした~。

……庶民のえち公が、再びこの店の暖簾をくぐる日が来るのでありましょうか……w


『てんぷら近藤』
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004993/




    ↑         ↑
お気に召しましたら、ポチッとクリックお願いします。 毎度おおきに~♪


 
スポンサーサイト

theme : お店紹介
genre : グルメ

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。