--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-30

この冬だけの、キムチいい体験。 『らー麺 もぐや』@亀有

 
『らー麺 もぐや』 キムチあんかけらーめん(アップ)


モツラー ビール党 ウニフェチ の越前屋です、毎度!
今一番怖い病気は、通風です♪


えー、そんなわけで(←どんなわけだw)、
今回のレポは、亀有にあります 『らー麺 もぐや』 さん。
東京に越してきて一年、
私がもっともリピートしているラーメン屋さんです。


亀有の駅からお店に向かっていると、 『もぐや』さんの立て看板を発見。

『らー麺 もぐや』  立て看板

あれ?以前からこの場所に看板立ってましたっけ?(^-^;
冬季限定メニューの写真が載ったPOPも貼られていました。

『らー麺 もぐや』  限定のPOP

このPOP、綺麗に作られてますね~。
看板だけだと地味ですが、美味しそうな写真が付いてると思わず目をひきます ^ ^
前回お邪魔した時に、
この限定の内の一品「鶏と魚介の白湯塩らーめん」を頂きましたので、
今回はもう一品の限定を目当てに訪問したのでした。



『らー麺 もぐや』 キムチあんかけらーめん(冬季限定・820円)

「キムチあんかけらーめん(2009年冬季限定・1日10食の数量限定)」 820円

おっ!
豆腐と豚バラ肉も入った「キムチあんかけ」なんですね。
私は麻婆ラーメン(片栗粉でトロミをつけた麻婆が載るヤツ)が好きなので、
このスタイルはちょっとたまらんモンがあります(笑)。
しかも、キムチも自分で作ってしまうほど好きなんです。
う~ん、生唾ゴックンw


『らー麺 もぐや』 キムチあんかけらーめん(スープ)

スープは、
『もぐや』名物「もぐめん赤」(ピーナッツペースト入りの担々麺)と同じもの。
豚・鶏・魚介の白湯に、ピーナッツペーストと醤油ダレを合わせた濃厚スープです。
ラー油も浮いてますね。
「キムチの味と『もぐめん』のスープが合うのかな…」
と、食べる前は疑問だったのですが、
鍋で炒められたキムチは酸味が旨味に変わり、
またスープの味を壊さない程度の使用量なので、想像したより馴染んでました。
ただ、全体的に味が濃いように感じました。
このラーメンは、ご飯必須ですね。
味が濃かったのもありますが、
このあんかけと白ご飯の相性は抜群でしょう!
ご飯を頼まなかったことを後悔しました……

……まぁ、正直 ご飯は第二希望で、
第一希望はビールだったわけですがw


『らー麺 もぐや』 キムチあんかけらーめん(麺リフト)

麺は細ストレート麺。
こってりピーナッツスープがよく絡んで…

ウマ━━━(゚∀゚)━━━ィ!!!!!

キムチとラー油のピリ辛・ピーナッツと白湯の濃厚さ・あんかけのトロミの熱々さで、
寒い冬の日にはもって来いの限定でした。
ごちそうさまでした!

『らー麺 もぐや』
03-5682-0886
東京都葛飾区亀有5-15-14
11:30~14:30、18:00~23:30
定休:月曜

http://emen.jp/moguya/


    ↑         ↑
FC2ランキングに登録しています。 お気に召せば一ポチお願いします。
毎度おおきに~!

 
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : らー麺もぐや もぐや キムチあんかけらーめん 冬季限定 亀有

2009-11-29

無化調薫玄瑛監修(ムカチョーカヲルゲンエイカンシュウ)。『天雷軒 東日本橋店』@東日本橋

 
『天雷軒 東日本橋店』 海老薫琥珀拉麺(アップ)


乳は無くとも、心は錦~♪
全国貧乳協会会長の越前屋です、こんばんは!


さ~てさて、今回は10/7にリニューアルオープンしました、
『天雷軒 東日本橋店』さんのレポです。

こちらのお店、
以前は元「LUNA SEA」の真矢さんがプロデュースしたラーメン店として営業していましたが、
先月、メニューやコンセプトを一新。
博多の有名店『麺劇場 玄瑛(げんえい)』入江店主を監修に招いて、
天然素材と無化調にこだわったラーメンを扱うようになりました。


そんな『天雷軒』の日本橋店のメニューはコチラ↓

『天雷軒 東日本橋店』 メニュー
(↑クリックで拡大)

塩ラーメンと味噌ラーメンの二本柱で、
それぞれにチャーシュー麺のバリエーションが有り。
サイドメニューもご飯物が二つのみ…と、シンプルなメニュー構成です。


まずはこちらの塩ラーメンから、

『天雷軒 東日本橋店』 海老薫琥珀拉麺(750円)

「海老薫琥珀拉麺 (えびかおるこはくらーめん)」 750円

よく澄んだ清湯は、利尻の一等昆布と花鰹・アサリのみでダシをとったという
魚介オンリーのスープなんだそうです。
そして、勿論無化調。
このあっさりスープにコクと香りを与えてるのが、上に浮かべる香味油。
ラードと米油でニラを揚げて、風味を付けた「ニラ油」を使っているのだとか。
なるほど、さっぱりした和出汁にラードで動物系のコクをプラスしつつ、
米油のサラッとしたテイストをブレンドすることで、
油っぽくなりすぎない絶妙な軽さを出しているんですね。

プルッとした食感の細縮れ麺は、カネジンの特注麺だそう。
その他のトッピングは、
鹿児島産ブランドポーク使用のチャーシュー・
無添加干し海老で作った海老の薫り粉・
水菜・白髪ネギ・糸唐辛子・青ネギ。


そして、もう一品。

『天雷軒 東日本橋店』 薫MISO深川拉麺(850円)

「薫MISO深川拉麺 (かおるみそふかがわらーめん)」 850円

こちらは味噌ラーメンです。
レンゲの上には、アサリと昆布の自家製佃煮が載ります。
アサリと味噌で「深川」…のイメージなんでしょうね。
サラッとした味噌スープには、
香味野菜や干し海老をラードと胡麻油で揚げた「海老ネギ油」がかかります。
麺は塩ラーメンと同じもの。
トッピングは、
炙りチャーシュー・白髪ネギ・ニラ・刻み生玉葱・焦がしニラ。
味噌ミソしたしょっぱさの無い、マイルドで優しい味噌ラーメンです。



『天雷軒 東日本橋店』 入江の実家米(150円)

サイドメニューの 「入江の実家米(150円)」
商品名の通り、プロデューサー・入江氏の熊本の実家で取れたお米使用。
ご飯の上には、白胡麻の刻み海苔がかかっています。
塩ラーメンにお勧めのサイドメニューだそうで、
お茶漬けのようにしてスープをかけて食べるんだそうです。
別皿で、
京都から取り寄せた無添加の京漬物と、おろしたて本ワサビが付きます。
ワサビがアッサリした塩スープによく合って、旨い!
この150円は付けたほうが賢いかと。


『天雷軒 東日本橋店』 雑炊用卵ご飯(200円)
 
こちらは「雑炊用卵ご飯」 、写真にはありませんが漬物小皿付きで200円です。
おっと、普通の卵ご飯を想像してたら…
既にご飯と混ざって来るんですね(^-^;
米は勿論、入江氏の実家で取れたもの、
卵も神奈川県産の無添加銘柄卵「寿雀卵」を使用しているそうで、
細かいところにもこだわってますね。
こちらは味噌ラーメンのほうにお勧めなんだそうです。


こだわり満載のお店へと変貌されてました。
しかし、ただ薀蓄がスゴイだけじゃなくて一杯の完成度の高さも凄いです。
12/3には『天雷軒 中野店』もリニューアルオープンするそうで、
どちらのお店もクオリティの高いラーメンを武器に頑張ってほしいです。
ごちそうさまでした!


『天雷軒 東日本橋店』 薫MISO深川拉麺(アップ)


『天雷軒 東日本橋店』
東京都中央区東日本橋2-9-4
03-3864-7037
11:30~15:00、17:00~22:00
(スープがなくなり次第終了)
定休:第3日曜

http://www.nanayama.co.jp/tenraiken/higashinihonbashi/


    ↑         ↑
FC2ランキングに登録しています。 お気に召せば一ポチお願いします。
毎度おおきに~!

 

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 天雷軒東日本橋店 天雷店 東日本橋店 海老薫琥珀拉麺 薫MISO深川拉麺 入江の実家米 雑炊用卵ご飯

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。