--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31

下北沢の、癒し系「讃岐うどん屋」さん。 『讃岐うどん 澤』@下北沢

『讃岐うどん 澤』 梅じそうどん(アップ)


下北沢のうどんの新店を訪問しました~。

「新店」と言っても、オープンしたのは昨年10月。
既に半年近く経っておりますが、東京のうどん屋さんってラーメン屋さんに比べると、毎年の新店の数が多くありません。
「開業半年」では、まだまだ新店と言えるのでありました。

今回お邪魔したのは、『讃岐うどん 澤』さん!
こちらのお店、昨年秋に私が下北沢を徘徊中に、オープン前で工事中の店舗を見かけて気になっていたうどん屋さんであります
(その時の記事は コチラ です)。
「下北沢経済新聞」に掲載された記事を拝見すると、『澤』さんのオーナーは沖縄出身の方で、以前この場所にあった沖縄料理屋も同じオーナーさんが経営していたとか。
このお店の店長としてお店を任せれている「うどん職人・内田氏」とオーナーさんとの出会いが、沖縄料理店をうどん屋としてリニューアルするきっかけになったみたいですね。

店内は純和風の内装、カウンターとテーブルで25席ほどです。
自家製麺のお店なので、客席の奥には製麺室もあります。
メニューは、カレーうどん(700円~)が7種類、温かいかけ系うどん(650円~)が9種類、冷たいうどん(500円~)が5種類ほど。
ランチは「セットメニュー」やお得な「ランチカレーうどん(599円、平日16時まで)」があります。
また、夜18時以降になると、系列店である二階の沖縄料理屋さんから出前できる、本格的な沖縄料理も注文することが出来ます。
沖縄料理の一例は、「ごーやちゃんぷる(800円)」や「ターンム揚げ(700円)」、「ラフティー(800円)」などなど。
デザートにも「ブルーシールアイス」や「さとうきびアイス」「紅芋アイス」があり、泡盛も数種の銘柄をそろえます。
「讃岐うどん」と「沖縄料理」が一つのお店で楽しめる という、東京ではまず聞いたことがない異例のお店なのであります。

さて、そんなわけで今回頂いたのは…


『讃岐うどん 澤』 きつねうどん(800円)

まず、「きつねうどん(800円)」
澄んだイリコだしに讃岐系のうどんが入り、トッピングはお揚げの煮付けとワカメ・青ネギ。
『澤』さんのうどんは、茹で置きをせず注文を受けてから茹でるそうです。
なので、茹で時間が若干かかりますが、その分美味しい麺を頂くとこができます。
白く中太で真直ぐな麺は、熱いかけつゆでもへたりにくく、適度なコシと軽やかなモッチリ感があります。
無化調のお出汁も薄口で優しいですね。
お揚げは、2cm×12cmくらいの細長いものが3本載っていて、甘すぎない上品な味付け。
このお揚げ、長方形のものを細長く切りわけたのではなく、豆腐屋さんから仕入れたお揚げが既にこの形だという。
刻んだお揚げを入れるメニュー(きざみうどん)は見たことがありますが、細長いお揚げが複数入っているこの形のきつねうどんは、なかなか珍しいですね。


『讃岐うどん 澤』 梅じそうどん(800円)

もう一品、「梅じそうどん(800円)」も頂きました。
こちらのトッピングは、大きくて肉厚な梅干・ワカメ・刻み青紫蘇・刻み海苔・青ネギ。
けっこう酸味と塩気が強めな梅干で、それがお出汁に次第に染み出てすっきりした味わいに!
紫蘇や海苔、ワカメのトッピングがよく合いますね~。

予想以上に美味しいおうどんでした!
内田店長の柔和な接客も心安らぎます。
次回はお勧めの「カレーうどん」を頂いてみたいですね。
夜に伺って、沖縄料理をつまんだ後に〆うどんでもいいな~。
ただし、こちらはうどん屋さんで飲み屋さんではないので、お一人様につき一品のうどんの注文をお願いしているそうなので、その旨ご了承ください。
ごちそうさまでした!

『讃岐うどん 澤』
03-3413-8805
東京都世田谷区代沢5-32-7 阿川ビル1F
(小田急線・井の頭線下北沢駅南口より徒歩5分)
11:30~16:00、17:00~24:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場 無
オープン日 2009年10月13日
(※基本的にうどん屋さんで飲み屋さんではないので、
  お一人様につき一品のうどんの注文をお願いしているそうです)



   ↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、 ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : うどん・そば
genre : グルメ

tag : 讃岐うどん澤 下北沢 うどん

2010-03-29

麺喰ひて 鯛の潮に 桜咲く。 『麺喰屋 澤』@小岩

『麺喰屋 澤』 鯛出汁スープに桜薫る春麺(アップ)


『麺喰屋 澤』さんの月替り限定を頂いてきました~♪


『麺喰屋 澤』 2010年3月限定POP

今月の限定は、「鯛出汁スープに桜薫る春麺」!
商品名からして、なんとも春らしいですね~。


『麺喰屋 澤』 鯛出汁スープに桜薫る春麺(1000円)

「鯛出汁スープに桜薫る春麺(2010年3月限定)」 1,000円

一日10食の限定です。
売り切れないうちに…と、私も開店直後に伺いました(^-^;
ランチタイムは、100円のトッピングを一つ 又は 麺大盛りのいずれかをサービスしてくださいます。
私は「おまかせ」でお願いしました。
(「おまかせ」だと、複数のトッピングがちょっとづつ多めで出てくるらしいです)


『麺喰屋 澤』 鯛出汁スープに桜薫る春麺(麺リフト)

スープは澄んだ塩仕立て。
鯛アラと鶏のスープでしょうか?
塩角の丸い綺麗な清湯で、ふくよかな旨味が詰まってます。
目隠ししてスープだけ飲むと、高級な和食の潮汁かと思っちゃうほど。
これ、いいスープですね~。

麺は細ストレート。
プツッと歯切れのいい食感で、このスープにベストマッチです。
トッピングは、ワンタン2個・鶏胸タタキ2枚・味玉・太メンマ・海苔2枚・白髪ネギ・桜の花塩漬け・桜の葉塩漬け・小口切りの白ネギ・桜型の生麩2個。
青味は大葉かと思ったら、桜の葉でした!
これと桜の花が、スープをほんのり桜風味に色づけていて、飾りだけでなく薬味としても非常に良かったです。
鶏胸タタキも、中央がレアで生肉好きにはタマラン!でした(笑)。


『麺喰屋 澤』 鯛出汁スープに桜薫る春麺(ワンタン)

で、タマラン!と言えばこのワンタン!
肉餡部分が大きいドッシリ系で、パッと見「ワンタン」というより「水餃子」に近いですね。
肉は鯛の身なのでしょうか、シットリしてて上品。
緑は大葉かな? 白胡麻も入ってました。
このワンタンも最高~。

…というわけで、今回の限定も

激ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

でした!
月替りや季節替りで定期的に限定商品を出しているお店は、大将のやる気とセンスを感じますよね。
『澤』さんに至っては、毎月の限定が秀逸過ぎて、なかなか通常メニューをコンプリートできないのが私の悩みです(笑)。
今回紹介した3月限定は、3/31(水)までです。
気になる方は是非足を運んでみてください。
ごちそうさまでした!

『麺喰屋 澤』 外観

『麺喰屋 澤』
03-5668-4747
東京都江戸川区西小岩1-19-26 イワセビル1F
11:30~15:00、18:00~24:00
定休:木曜(木曜は『つけめんSAWA』として営業)



   ↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、 ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 麺喰屋澤 3月限定 鯛出汁スープに桜薫る春麺 小岩

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。