FC2ブログ
2011-04-24

歌は世につれ、世は歌につれ、味は心につれるもの。 『昭和歌謡ショー』@巣鴨

『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(アップ)


先月行ったラーメン屋さん のレポです。
書くのが遅くなってすみません (^-^;


『昭和歌謡ショー』 外観

お邪魔したのは、 『昭和歌謡ショー』さん。
変わった店名ですが、れっきとしたラーメン屋さんです(笑)。
巣鴨地蔵通り商店街の入り口の斜め前にあります。


『昭和歌謡ショー』 店頭の垂れ幕(2011年3月撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 )

こちらは入り口横にかけてある、商品説明の垂れ幕。
オープン時から、醤油ラーメンと塩ラーメンの二本柱で営業されています。
店主さんは、長く『一風堂』に勤められていた方。
歌を歌うのがお上手なんだそうで、それでこの店名なんですね。


『昭和歌謡ショー』 無化調を謳うPOP

店内はとても狭いです (^-^;
入り口を入ってすぐ、横一列のカウンター5~6席があり、そのカウンターの奥がすぐに店主さんがいる厨房。
ちょっぴり圧迫感のある店内ですが、居心地の悪さを感じないのは、
店主さんの丁寧で気さくな接客のせいもあるのだと思います。

ちなみにこちらのお店は無化調
↑のPOPの文句、なかなか素敵ですよね ^ ^


『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(700円)

「地球の塩ラーメン」 700円

同行者と二人で来ていたので、塩と醤油を頼んでシェアしました。
まず、塩ラーメンから。
「四種類の塩を地球(海と陸)の比率七対三にブレンドした」
というスープは、透き通って綺麗です。
トッピングは、チャーシューと刻みチャーシュー・玉葱みじん切り・白ネギ・水那・岩海苔。


『昭和歌謡ショー』 地球の塩ラーメン(麺リフト)

麺は王子製麺製の極細ストレート。
プツッとした歯触りの低加水麺で、スープとの馴染みがよくて美味しいですね。
岩海苔の磯の香りが、塩梅のいい塩スープにとけてこちらもベストマッチ。


『昭和歌謡ショー』 王道の醤油ラーメン(700円)

「王道の醤油ラーメン」 700円

こちらは醤油ラーメン。
福井県の井上古式醤油を使用しているそう。
トッピングは、チャーシュー・海苔・ナルト・メンマ・みじん切りの白ネギ。
チャーシューは部位や切り方(薄さ)を、塩と変えているのでしょうか。
雷文の器が、昔ながらの中華そば っぽさを演出しております。


『昭和歌謡ショー』 王道の醤油ラーメン(麺リフト)

動物系が利いたスープに、やや甘めな醤油ダレ。
塩とは違う中縮れ麺は、タピオカ入りでモチモチつるつるしています。
いかにも日本人が好きそうな醤油ラーメンです。
無化調なのに物足りなさが一切なく、塩同様こちらもいいですね。

塩と醤油どちらが好きかというと、
「どちらも好きなので、その日の気分で選びたい」という感じ。
それほど、二品とも甲乙つけがたい美味しさでした。
限定品の「七福白醤油ラーメン」もあったので、また訪問したいと思います。
ごちそうさまでした!

『昭和歌謡ショー』
TEL 非公開
東京都豊島区巣鴨4-35-2 巣鴨岩下ビル 1F
(庚申塚駅から72m)
11:30~15:00、17:00~スープなくなり次第終了(20:00頃)
定休日 水曜日


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 昭和歌謡ショー 巣鴨 ラーメン 庚申塚

2011-04-23

地元で「呑み」の新規開拓。 『こまどり』@青砥

『こまどり』 レバ刺とレモンサワー


先日の『あわのす』さん日記に続きまして、
地元・青砥呑みネタです。
今回は、新規のお店を開拓しようと、未だ入店したことがない店を攻めてみました。


『こまどり』 外観

駅前にあります『こまどり』さんです。

青砥に越してきて二年半、前を通るたび気になっていた焼鳥屋さんですが、
外から眺めるといつも満席っぽく見え、また常連さん率が高そうな雰囲気なので、
なかなか入店するにいたりませんでした。
勇気を出して、初めての訪問!
カウンター席とテーブル席があり、運のいいことにカウンターが空いていました。
初心者なので隅に座り、とりあえず呑み物を注文。


『こまどり』 レモンサワー(380円)

一杯目は 「レモンサワー(380円)」 を頂きました。
酸味が利いていてスッキリ。

その他のアルコール類は、
生ビール(560円)、アサヒスーパードライ(大瓶620円、中瓶530円)、ウーロンハイ(380円)、
焼酎お湯割り(レモン入400円)、山形県出羽寒山(1合400円)
など。
なかなか手ごろなお値段です。
ちなみにお通しは無しでした。


『こまどり』 レバ刺(420円)

まずは生ものから…ということで、 「レバ刺(420円)」 を注文。
「胡麻油で食べますか?塩は使いますか?」
と聞かれたので、どちらもお願いしました。
レバ刺は醤油より、胡麻油+塩で食べるのが好きなんですよね ^ ^
サクッ、トロッと甘い豚レバ、新鮮で美味でした。
これは出だしから好調!


『こまどり』 骨なし唐揚げ(3個・380円)

二品目は 「骨なし唐揚げ(3個380円)」
唐揚げ好きなんですが、居酒屋で食べると一人で一皿は多く、注文を躊躇するんですよね。
でも、こちらの唐揚げは5個入りと3個入りで用意されているので、一人でも安心。
この唐揚げが 旨いっ!
ガリガリッと強度なクリスピー加減で揚がった衣が特徴です。
醤油の香りも香ばしく、お肉もジューシーで熱々!
これは次回も頼みたいわ~。


『こまどり』 特製ホイスハイボール(380円)

二杯目は、お店の名物らしい 「特製ホイスハイボール(380円)」を注文。
中と外で別れて出てきます。
実質、一杯以上の分量があって、これまたお得。


『こまどり』 (手前から)タン・カシラ(各1本130円・塩で)

焼き鳥屋さんなので、ここらへんで焼き物も注文しました。
メニュー表記は2本分の価格ですが、聞くと一本ずつから注文可能だそう。
この辺も一人客には嬉しいところですね。
鶏だけでなく豚串もあったので、 「タン・カシラ(各130円)」 を塩で頂きます。
ふむふむ、豚串は意外と標準的かしら。


『こまどり』 (手前から)豚ナンコツ(1本130円・塩で)、とりレバー(1本120円・塩で)

こちらは 「豚ナンコツ(130円)・とりレバー(120円)」 の塩焼きです。
今回4本頂いた中では、とりレバーが一番好きだったかな。
焼き物はこの他にも、
シロ・豚ハツ(各2本260円)・つくね・砂肝・鳥皮・ねぎ間・ひな鳥(各2本240円)・
手羽先(1本230円)・ナンコツつくね(2本360円)

などがありました。

今回は2杯+2品+4串でお会計、2070円也でした。
一品料理もいろいろ試したいので、また訪問しよ!
ごちそうさまでした!


『こまどり』
03-3604-9195
東京都葛飾区青戸3-39-9
(青砥駅から97m)
17:00~23:00
定休日 日曜


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : 青砥 青戸 焼き鳥 焼鳥 こまどり ハイボール

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード