--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-30

「ホープ」という名で、老舗です。 『ホープ軒本舗 吉祥寺店』@吉祥寺

『ホープ軒本舗 吉祥寺店』 中華そば+味付玉子(アップ)


いや~。
寒ぅなりましたな~、ホンマに。


えち子のフトコロも、
隙間風がピューピュー
吹き荒んでおりまして…(;´Д`)



そんなわけで、この日のランチは
胃袋にもフトコロにもあったか~いラーメンを食べようと、街へ繰り出しました。


『ホープ軒本舗 吉祥寺店』 外観

伺ったのは、『ホープ軒本舗 吉祥寺店』さん。
昭和13年創業の老舗です。
なんでも、東京豚骨ラーメン背脂チャッチャ系ラーメンを語る上では
ここを避けては通れない、ルーツ的なお店なのだとか?

何度か店前を通った事はありましたが、入店するのは初めてです。
平日14時前に入ったのですが、私が滞在した間、店内は常にほぼ満席状態をキープ。
人気があるんですね~。
年齢層はやや高めで、お客の9割が男性です。

こちらのお店、食券制ではなくオーダー制です。
さらに前金制なので、注文したらカウンター内のスタッフさんに着席状態でお勘定します。
麺メニューは、「中華そば」「チャーシューメン」のみという潔さ!
トッピングは、味玉・茹で玉・生卵・海苔・ニンニク・モヤシ。
卓上には、粗挽き一味(たぶん韓国唐辛子)・酢・コショーがあります。


『ホープ軒本舗 吉祥寺店』 中華そば(600円)+味付玉子(50円)

「中華そば」 600円 + 「味付玉子」 50円


中華そばに、↑写真では沈んで見えませんが味玉を付けました。
合計650円という安さ!
庶民の味方ですね。
玉子は味玉・茹で卵・生卵の三種類がありますが、いずれも50円均一。
手の込んだ味玉を頼むのが、原価的には一番お得なのでした。

いつものように、スタッフさんにラーメンの写真を撮って良いか許可を取ります。
「いいですよ!僕も写りましょうか?」
と、ピースするスタッフさん。
明るい接客でノリの良い方でした(笑)。


『ホープ軒本舗 吉祥寺店』 中華そば(麺・スープ)

スープは、少し背脂が浮いた豚骨醤油。
化調が効いているのは予想どおりでしたが、
醤油ダレが主張せず塩角がまろやかで、軽いとろみがありスープ濃度やや高めなところは、
想像とは違う点でした。
麺は細縮れで柔らかめ、風味イマイチ、量は多め。

うーん……このスープと麺の組み合わせ……。
どこかで食べた何かに似ているような……



………



………




(゚∀゚)!!




「うまかっちゃん」 出来上がり例(アップ)
( ↑ ※調理例 )

「うま○っちゃん」だー!

この、香味野菜が支える豚骨の甘味、細縮れ麺の伸びやすさ。
「袋麺の『う○かっちゃん』を、かなり美味しいめに自作で再現してみました」
という感じ(※個人の感想です (^-^;)
背脂が浮くのはちょっと違うけど、
ここに乾燥青葱と白胡麻が入ったらかなり似てる味になるんじゃないかしら。

(ちなみに筆者は、『うまかっ○ゃん』の大ファンです。
 こちらのラーメンを袋麺に例えた事は、読む方によっては失礼に感じられるかもしれませんが、
 お店の味を否定しているわけではございませんので、何卒ご了承ください m(_ _)m )



『ホープ軒本舗 吉祥寺店』 味付玉子断面図

……『ホープ軒本舗』さんの中華そばのお話に戻りまして(汗)。
50円と激安の味付玉子の断面は、こんな感じ。
中まで味が染みた固茹で味玉は、まさしくおでんの玉子の味
( ↑ また誤解を招くような例えを……(;´Д`) )。
半熟味玉が主流の昨今、こういうのもいいもんだなぁ~と再認識しながら味わいました。

食べながら、
「『懐かしい味の中華そば』なんだけど、今の東京の若い子達…
 濃厚豚骨魚介ラーメン・つけ麺や、G系、オシャレ系ラーメンに慣れた若人にとっては、
 逆にこういうのが新しいのかもな~」

……なんてことを思いつつ。
しかし、オバハンのえち子は、
「ランチというより、呑んだ後に〆で食べたい味だなコリャ」
などと、相変わらず色気の無い感想を抱いたのでありました(笑)。
ごちそうさまでした!


『ホープ軒本舗 吉祥寺店』  [食べログページ]
0422-20-0530
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-12
(吉祥寺駅から137m)
11:30~翌3:00
[日祝]11:30~翌2:00
定休日 無休

 
最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ホープ軒本舗 ホープ軒 吉祥寺 ラーメン 中華そば

2011-11-22

【追記・追加写真有】 東京・もつ焼きの”西の雄”。流石の味でした。 『秋元屋』@野方


(※2011年11月23日、写真1枚追加&追記しました!)


『秋元屋』外観


このお店。
一度は行かなくては……と恋い焦がれることはや数年。
やっとその敷居をまたがせてもらう日が来ました。

もつ焼きの名店『秋元屋』さんです。
東京のもつ焼きの名店の、”東の雄”が『宇ち多゛』なら、
”西の雄”はこちらのお店なのではないでしょうか。

日曜の夜19時台に訪問。
店内は満席で店前に3人の待ち客がありましたが、
タイミングよく5分も待たずに入店出来ました。


『秋元屋』バイスサワー(380円)

とりあえず一杯目は「バイスサワー(380円)」
(○´∀`)/且☆且\(´∀`●) カンパ~イ!!
梅の酸味が軽やか・爽やかな一杯。


この日がたまたまそうだったのか(日曜だったし)、
昨今の生肉事件で提供を自粛されているのかはわかりませんが、
刺身・生肉系のメニューは一切ありませんでした。
しかし、もつ焼きはメニューによっては「半焼き」が可能だそうです。
ならば…と、メニューには載っていなかったのですが、
「レバーの半焼きは出来ますか?」
と質問。
快くOKを頂戴したので、塩焼きで注文です。


『秋元屋』半焼きれば・塩(1本100円)・半焼きたん(1本120円)

「半焼きれば(1本100円)」「半焼きたん・塩」(1本120円)
外側を炙っただけのタタキ状のレバ……、

ウマ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!

『宇ち多゛』で言う「若焼き」ですね。
残念ながら刺身系はありませんが、半焼きがあるので十分楽しめそうです♪
そんなわけで、ここから「半焼き」をいろいろ注文(笑)。


『秋元屋』半焼きちれ・塩(1本100円)、ニンニクの芽・塩(120円)

こちらは、「半焼きちれ・塩(1本100円)」「ニンニクの芽・塩(120円)」
このチレも、臭みが全くなく美味!


『秋元屋』半焼きちれのレア具合

見てください、この焼き断面のレア加減。
シャクッとした噛み応えとトロッととろけるチレの甘味……。
嗚呼、思い出すだけでよだれが……(笑)。


『秋元屋』半焼きせぎも・塩(1本120円)

こちらは鶏の臓物の半焼き。
黒板メニューに「半焼きせぎも(1本120円)」があったので、塩焼きで頂きました。
これも、フワットロッとしておいし~い♪
背肝が半焼き出来るって、よほど鮮度がいいんですね。


『秋元屋』とりもつ(1本120円)

鶏内臓メニューからもうひとつ、「とりもつ・塩焼き(1本120円)」を。
どこの部位になるんだろう?
くにゅっとした食感で、でも柔らかくて。
これも旨かったな~。


『秋元屋』かしらあぶら・味噌味(1本100円)

『秋元屋』さんの焼きものの味付けには、塩・タレの他に味噌味もあるんですよね。
「かしらあぶら(1本100円)」を味噌味で頂きました。
カシラの肉々しさと、アブラのねっとりコラーゲン質が同居した串に、
お味噌の香ばしさが 合う!(゚∀゚)


『秋元屋』とりにんにく・味噌味(1本120円)


「とりにんにく(1本120円)」も味噌味で注文。
正肉にニンニク粒が挟まった串です。
う~ん、こちらのこの味噌ダレ、美味しいですね~。


『秋元屋』黒ホッピーセット

バイスサワーをナカ2杯で開けた後は、「黒ホッピー(380円)」をセットで注文。
ちなみに、ナカとソトは各250円です。
セット、安いなぁ。


『秋元屋』もつ煮込み(350円)

串以外のアテも注文しました。
まず、外せない一品「もつ煮込み(350円)」
牛スジのプルンとした部分やシロ、ほろっと柔らかい木綿豆腐も入ってます。
煮汁はあっさりしてますが、牛モツのコクが出ていて味わい深い煮込みです。


『秋元屋』マカロニサラダ(300円)

「マカロニサラダ(300円)」
こういうの好きなんですよね、ポテサラとかマカサラとかスパサラとか。
ゆで卵の黄身がたっぷりでマイルド~♪


『秋元屋』山いも醤油漬け(180円)

箸休め役は「山いも醤油漬け(180円)」
醤油色が浅い醤油漬けだけど、白出汁か塩ベースの醤油ダレに整えてあるのか、
色の割には出汁感も塩気もしっかり。
薬味の山葵も合っていて、(・∀・)イイ!!
ホッピーのナカのお代わりも続くってもんです(笑)。


そんなこんなで、アルコール5杯ほど呑んでこの日はお開き!
いや~、予想どおりの美味しさでした。
まだまだ食べてみたいメニューがありますし、すぐにでも再訪したいお店です。
ごちそうさまでした!


『秋元屋』  [食べログページ]
03-3338-6236
東京都中野区野方5-28-3
(野方駅から28m)
17:00~24:00
[土日祝]16:00~24:00
(※焼きものと揚げものは23時でラスト・オーダー)
(※混雑時は2時間以内のご飲食でお願いしている)
定休日 月曜(祝日の場合は翌火曜)



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : B級グルメ
genre : グルメ

tag : 秋元屋 秋本屋 あきもとや 野方 もつ焼き 焼きトン 焼き鳥

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。