--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-30

続・唐揚げ天国・大分県中津市で、念願の「唐揚げ食べ歩き」を実現! 『森山からあげ店』@大分県中津市

前回日記続きである。


大分県中津市は、「からあげ」の聖地
そこで、『大吉 東中津店』さん・『ふじやからあげ店』さんと食べ歩いた越前屋。
この日、三軒目のからあげ店へと向かったのだった。


『森山からあげ店』外観

中津からあげ食べ歩き、ラストのお店は
『森山からあげ店』さん!
創業は昭和45年と言うから、今年で42年目というかなりの老舗である。

ちなみに、店名が似ている中津からあげ専門店で
『元祖 中津からあげ もり山』さんという店がある。
『もり山』さんは、大分をはじめとした九州のみならず、
東京・愛知・大阪にも支店を展開する「中津からあげ」を代表する店なのだが、
そちらは当店の甥っ子さんが経営しているとか。


今回伺った『森山からあげ店』さんは、親戚筋の『もり山』さんと違い、
派手さはなく、高齢の夫婦お二人で営んでいる。
おとうさん店主が主に接客とレジ打ちを担当し、
唐揚げの調理は女将さん(=店主の奥方)主体で営業していた。
店内の壁には、当店を取材した新聞記事の切り抜きが幾つか貼ってある。
その一つに、このお店の歴史が書いてあった。


『森山からあげ店』店内壁に貼られていたお店の新聞記事(2012年4月27日撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 )

なるほど…、いろいろご苦労もおありだったんですね。
「人に歴史有り、か……」
注文した唐揚げが出来上がるのを待つ間、
揚げ油とニンニクの香りが漂う店内で、
この新聞記事をしみじみと読みふける越前屋だった。


さて、その唐揚げだが、
骨付き唐揚げ・骨なし唐揚げ・手羽先・砂ズリ・骨付きモモ
という5種類をそろえ、いずれも量り売りである。
「100gから注文出来ますか?」
と質問すると、
「なるべく200gからお願いします」
という、おとうさん店主さんの返答。
余っても、持って帰って翌日食べればいいわけだし……、
ということで、こちらでは二種類を200gづつ注文した。

こちらもテイクアウトのみの店なので、
揚がった唐揚げを持ち店を出て、駐車している車内で実食した。


『森山からあげ店』骨なし唐揚げ(100g=約3個、200円)

まずは「骨なし唐揚げ(100g=約3個、200円)」から。
こちらの唐揚げは、先に食べ歩いた『大吉』『ふじや』よりもカットが大ぶりだ。
衣も、前者二店の
「ところどころに白い粉の粒が出来る竜田揚げ状=片栗粉主体」ではなく、
「肉表面に薄い粉が万遍なく付き、ザラザラ・サクサクとした食感=小麦粉主体」
である。
タレはニンニクがほどよく効いており、おおぶりなのに中まで味が染みている。
そして、肉質が良く揚げ具合が絶妙なので、とってもジューシーだ。
やるなぁ、女将さん。


『森山からあげ店』砂ズリ唐揚げ(100g=約5個、160円)

もう一種類は「砂ズリ唐揚げ(100g=約5個、160円)」
この切り方が面白い。
砂ズリの下処理をした事がある方ならおわかりになると思うが、
砂ズリの身の部分は、薄皮(銀皮)で繋がって二瘤(フタコブ)状になっている。
こちらの砂ズリ唐揚げは、その二瘤に横向きの切り込みを幾つも入れて、
軟らかく、かつ味をしみこみやすくしているのである
(↑の写真じゃちょっとわかりづらかったかな(^-^; )。
これも、揚げ具合がジャストで美味しかったなぁ。
ただ、砂ズリのほうは骨なし唐揚げに比べて、
衣の油切れが悪くベタッとしていたのがちょっと残念だった。


『森山』さんでは、
レジ脇に「ニンニクの芽(生)」の大束が130円という特価で売られていた。
1束が、スーパーで売っているニンニクの芽の3~4束分くらいある量で、
形は曲がってはいるものの、太く軟らかそうで新鮮。
これが130円とは、かなりの破格値である。
こちらのお店は、唐揚げのタレに使うニンニクを自家栽培しているそうなので、
きっと『森山』さんの畑で採れたニンニクの芽なんだろうな。

そのニンニクの芽やら、
実家への土産用の唐揚げやらを、あれもこれもと追加で買ったので、
今回はオーダーが若干複雑になってしまった。
それに加えて、会計の際に私がややこしい小銭の出し方をしたので、
レジ担当・おとうさん店主の暗算を惑わせてしまった。
「会計にお手間を取らせてしまい、申し訳ないなぁ…」
と思っていると、見かねて厨房から出てきた女将さんが、
「も~、お父さんたらレジ打ち直せばいいじゃないの~。
 お客さん、お待たせしてごめんなさいね~」

と、明るい笑顔で私に誤ってくださったのだった。
いえいえ、こちらこそ、
途中であれこれ追加して注文をややこしくしてしまって恐縮ですm(_ _)m
……しかしこちらのお店、意外とかかあ天下なのかも?(笑)


お味がいいし、歴史が味わえるし、店主ご夫婦の接客も素朴で、
今回周ったお店では、私は一番『森山』さんが印象深かった
おとうさんと女将さん、40年以上この場所で唐揚げを揚げてこられたんだな…。
しかも、無休で、毎日。
凄いなぁ、尊敬にも値する。
しかし、お二人とも80歳前後というご高齢。
ご夫婦が引退したらこのお店は……と思うと、
「また近いうちに来なくては!」
と決意させる、中津の老舗なのであった。
おとうさん、女将さん、ごちそうさまでした!


『森山からあげ店』  [食べログページ]
(※テイクアウト専門店)
0979-43-2056
大分県中津市三光原口653
9:30~19:00
定休日 無休
駐車場 有(店の向かいに約10台)


【 『森山からあげ店』 公式HP 】
http://karaage-moriyama.com/


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
スポンサーサイト

theme : B級グルメ
genre : グルメ

tag : 森山からあげ店 本家 中津からあげ もり山 中津市 空揚げ 唐揚げ 老舗

2012-04-29

唐揚げ天国・大分県中津市で、念願の「唐揚げ食べ歩き」を実現! 『大吉 東中津店』&『ふじや』@中津市

唐揚げが……

好きだ━━(*´д`*)━━っ!!!






……大事なコトなので、大きな文字で叫んでみた(笑)。


そんなわけで今回は、
唐揚げの聖地・大分県中津市に行き、
唐揚げ専門店を三軒食べ歩いてきたレポートである。


まず、一軒目にやって来たのが………、


『からあげ 大吉 東中津店』外観

『からあげ 大吉 東中津店』さん!
創業20年、FC展開しているテイクアウト専門の唐揚げ店である。

実は中津駅方面にある『大吉 本店』を目指していたのだが、
そこへ向かう道中に『大吉』の支店を発見。
異常に空腹だった事もあり、急遽この東中津店さんの暖簾をくぐったのだった。
早い話が、
ハラヘリで辛抱たまらんかったのだ(^-^;

メニューには、スタンダードな骨なしモモ肉の他に、
ブツ切・手羽先・手羽元・砂ズリ・なんこつなどがあり、
唐揚げの他にもポテト・コロッケ・豚カツも置いている。

唐揚げ類はいずれも量り売り
「100gからの注文でもOK」との事で、二種類を注文し、
駐車した車内で実食する事にした。


『からあげ 大吉 東中津店』骨なし(100g、紙の小袋に入った図)

注文を受けてから揚げてくれる唐揚げは、
出来立てアツアツ!
紙袋に包み、さらに手提げのビニール袋に入れて渡してくれる。


ノンアルコールビール

「唐揚げにはビールでしょ!」
……と言いたいところだけど、車の運転があるので、
今回はノンアルコールビールで我慢ガマン(^-^)

それでは早速、いっただきまーす!


『からあげ 大吉 東中津店』骨なし(100g=約3個、200円)

まずは「骨なし(100g=約3個、200円)」から。
やや小ぶりにカットされた鶏モモ肉は、
豊後どりをメインに鹿児島・宮崎産の若鶏生肉を使用しているそう。
粉は片栗粉が主体かな?
薄衣でカリッとした食感、醤油の焦げた香りが香ばしい!
何より、揚げたてジューシーなのがいい。


『からあげ 大吉 東中津店』ブツ切(100g=約2個、160円)

お次は「ブツ切(100g=約2個、160円)」
骨付きの唐揚げで、いろんな部位が混ざっているのかしら。
私が手に取ったものは、手羽元状のものだった。
骨付き肉は骨周りの肉の旨みが味わえる部位なんだけど、
今回頂いたポーションはタレの染み込みがイマイチで、味薄な印象。
個人的な意見だが、上記二種類だと「骨なし唐揚げ」のほうが美味しかった。


『からあげ 大吉 東中津店』
(※テイクアウト専門店、1000円以上で配達可)
0979-32-6658
中津市大字上如水1314
11:00~20:00
定休日 隔週水曜日、1月1日
駐車場 数十台(スーパー・酒店・薬局等と共同)


【 『からあげ 大吉』 公式HP 】
http://karaagedaikichi.com/





『ふじやからあげ店 本店』外観

二軒目は、『ふじやからあげ店 本店』さん!
大分在住の知人に評判を聞いて訪れた店だ。
創業35年の老舗唐揚げ専門店らしい。

こちらもテイクアウトのみで、
唐揚げメニューは骨付き・骨なし・手羽先がある。
その他にも、フレンチドックなんかも売っている。

唐揚げはいずれも量り売り100gからOKなのは先の店と同じだが、
『ふじや』さんはさらに個数の注文も受け付けるとのこと。
それならば……と、
少量で申し訳ないのだが二種類を2個づつ揚げてもらった。


『ふじやからあげ店 本店』骨なしもも肉(100g=約3個、190円)

スタンダードな「骨なしもも肉(100g=約3個、190円)」
こちらは先の『大吉』さんに比べると、衣がやや厚めでサクッとした食感
スパイシーでタレの味がしっかりした印象である。
お肉は当日処理した国内産の鶏肉を使っているそうだ。

ただ、今回の私は失敗した点がある。
『ふじや』さんで唐揚げを購入し車で店を出た後、
実食するための駐車場所を探すうちに、揚げたてから10分以上経ってしまい、
せっかくのお肉が冷め気味になってしまった事だ。
それが原因かもしれないが、お肉のジューシーさが若干損なわれていた。


『ふじやからあげ店 本店』骨付きからあげ(100g=約2個、150円)

しかし、この「骨付きからあげ(100g=約2個、150円)」は、
前者「骨なし」と比べても同様に冷めているはずなのだが、
何故かジューシーだったんだよなぁ。
先に紹介したお店『大吉』さんでは、「骨なし」>「骨付き(ブツ切)」だったが、
『ふじや』さんで言うと、私は「骨なし」より「骨付き」のほうが美味しく感じた

うーむ。
そう考えると、唐揚げって当たったポーションの良し悪しで味がブレるよね。
本来は1メニューを1~2個食べたくらいで、
味の判断を付けちゃいけないんだろうな(^-^;

二軒目にしてそんな事を感じつつ、
気を取り直して三軒目、行きます!


『ふじやからあげ店 本店』  [食べログページ]
(※テイクアウト専門店)
0979-32-4832
大分県中津市大字植野502
(今津駅から1,668m)
10:30~19:15
定休日 月曜日(祝祭日の場合は火曜日)・元旦
駐車場 有


【 『ふじやからあげ店 本店』 公式HP 】
http://www.fujiya-karaage.com/





さて、三軒目は……!



…と書こうとしたのだが、
長くなってしまったので、続きは明日書かせて頂く事にする。
乞うご期待?!(^-^;


ひとまず、
『大吉』さん&『ふじや』さん、ごちそうさまでした!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m

theme : B級グルメ
genre : グルメ

tag : からあげ から揚 唐揚 空揚 中津からあげ 大吉 ふじや B級 ご当地

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。