--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-27

ムチ・ポソの食感が楽しい、戸畑のご当地麺。 『戸畑チャンポン 福龍』@北九州市戸畑区

『福龍』元祖 戸畑チャンポン(並盛単品、アップ)


前回の投稿、瓦そばの『たかせ』からの続き。
山口県の川棚温泉でランチと観光を楽しんだ後は、山口県の海沿いや離島をドライブ。
夕刻に近づいたので、福岡市に帰りがてら途中の北九州市で晩御飯を食べる事にした。
で、
北九で食べておきたいお店のうちの一つの、こちらを訪問。


『福龍』外観

『戸畑チャンポン 福龍』さんだ。

戸畑のご当地麺料理「戸畑チャンポン」は、
以前『寛太郎』さんで食べた事があるので、今回が二度目。
『福龍』さんを訪問するのは初めてだ。
久しぶりに、あの独特な食感の麺を食べたくなったのよね(^.^)


『福龍』看板

看板に書かれた「百聞は一食にしかず」の文字が眩しい(笑)。
そんな看板を見上げながら、早速入店する。
カウンターとテーブルで構成された店内。
壁には、当店を訪れた芸能人・有名人のサインがたくさん貼られている。


『福龍』麺類メニュー(2013年1月撮影) 『福龍』飯類・サイドメニュー(2013年1月撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )


メニューを拝見。
麺類は、看板に掲げられたチャンポン以外にも、
ラーメン・焼きそば・かた焼きそばがあるのね。
その他にも、焼きめし・中華丼・ギョーザなど。
「町のラーメン食堂・中華食堂」と言った感じのラインナップかしら。


『福龍』元祖 戸畑チャンポン(並盛単品・730円)

「元祖 戸畑チャンポン(並盛)」 単品・730円


で、注文はやっぱり「元祖 戸畑チャンポン」
具材は、キャベツ・細モヤシ・玉葱・人参・白葱・イカ・豚・蒲鉾・薩摩揚
こんもりした盛り付けで、なかなかのボリューム。


『福龍』元祖 戸畑チャンポン(スープ)

スープはサラリとした油の少ない白濁豚骨だが、
ニンニクが効いており、スタミナ風味だ。
「くどくないのにパンチがある」という塩梅がいい。


『福龍』元祖 戸畑チャンポン(麺リフト)

麺は縮れ細麺で、珍しい蒸し麺の細チャンポン麺だ。
この麺が、「戸畑チャンポン」の特徴である。
蒸した後 乾燥させているからか、よくスープを持ち上げる。
ポソポソしているようで意外とコシがあり、軽いムッチリ感も。
見た目はチキンラーメンの麺に似ているが、それにコシを加えた感じだ。

麺の好き嫌いは分かれるかもしれないが、私は好きだなぁ。
細麺だし野菜が多いので、見た目よりもサクッと食べきれる。
スープが特に美味しくて、全汁してしまった。


『福龍』チャンポンセットの「焼きめし(小)」(戸畑チャンポン並盛とセットで980円)

「チャンポンセット」の「焼きめし(小)」 (戸畑チャンポン並盛とセットで)980円


今回は「チャンポンセット」で頼んだので、「焼きめし(小)」も付いてきた。
プレスハム卵・ピーマン・人参などが入り、
パラリとシットリの中間に仕上がっている。
具材の郷愁を誘う風味やシットリめの仕上がりが、
「炒飯」というより「焼き飯」の風情である。
チャンポンもそうだが、化調に頼りすぎない優しい味付けが良い。


『福龍』ギョーザ(5個入り)280円

「ギョーザ(5個入り)」 280円


せっかくなので、「ギョーザ」も注文。
10個入り520円がお得なのだが、食べ過ぎもよくないので5個入りで(^-^;


『福龍』ギョーザ(リフト)

餃子はかなり小ぶり。
やや厚めの皮が美味しいと思ったら、皮から手作りなのだそうだ。
焼かれた部分はガリッと香ばしくクリスピーで、
蒸された部分はモッチリ食感。
肉餡はニラの風味が効いており、ジューシーさは無いが端まで餡ギッチリ。
タレは、ラー油が少し入った酢醤油が出された。

私の好みというのもあるが、餃子単品でもかなりのレベルだ。
こんなに美味しいなら、10個入りを注文すればよかったかも(笑)。


『福龍』駐車場案内(2013年1月撮影)

ちなみに、駐車場は店の裏手にある。
駐車場前の道は一方通行なのでご注意を。
店の正面入り口に向かって左側の小道から入り、21・22・23番を使用する。
店の入り口は裏手にもあるので、
駐車した後は正面に回らずとも裏口からサッと入店出来る。

普通のラーメン食堂に見えるお店だが、味のクオリティは予想以上に高かった。
看板の「百聞は一食にしかず」の文句に偽りなし。
ごちそうさまでした!


『戸畑チャンポン 福龍』  [食べログページ]
093-871-7091
福岡県北九州市戸畑区中原西1-1-36
(九州工大前駅から358m)
11:30~15:30、17:00~21:00(L.O.20:40)
定休日 日曜日
席 カウンター8席、テーブル22席
駐車場 有(裏手に3台分(21・22・23番) ※一方通行なので注意


【 iタウンページの『福龍』ページ 】
http://nttbj.itp.ne.jp/0938717091/index.html


最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので、
よろしければこちらのアイコンを1クリック、お願い致します。
↓ ↓ ↓




あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

スポンサーサイト

theme : B級グルメ
genre : グルメ

tag : 福龍 福竜 戸畑チャンポン 戸畑区 ちゃんぽん 蒸し麺 ご当地B級グルメ

2013-02-20

瓦で焼かれたパリパリ茶蕎麦。川棚名物を元祖の本館で。 『元祖瓦そば たかせ 本館』@山口県下関市

『元祖瓦そば たかせ 本館』元祖 瓦そば(二人前)


前の話で恐縮ですが、先月5日の出来事。
今年の正月は、車で北九州の実家に帰省した。
帰りは、
「ちょっと足を伸ばして、川棚温泉(山口県)に寄ってこう!」
と、午前中に北九の実家を出てドライブ。

で、
何で川棚温泉に行くかと言うと、温泉が目当てでは無く……


『元祖瓦そば たかせ 本館』外観

川棚名物・瓦そばを食べるのが目的だったのであ~る(^-^;
そんなわけで、
瓦そば元祖のお店『元祖瓦そば たかせ 本館』さんでランチを決め込んだ。

お店で食べる「瓦そば」は、
数年前に北九州市・門司港の『たかせ』支店で食べた事があり、今回が二度目だ。
自宅では、市販の茶蕎麦乾麺を使って何度か作った事がある。
今回は、
「どうせ食べるなら、元祖の店の本館で!」
というわけで、こちらにやって来た次第。


『元祖瓦そば たかせ 本館』瓦そば発祥の由来の説明看板
( ↑ ※クリックで拡大 )

店舗入り口脇には、「瓦そば発祥の由来」の看板がある。
「瓦そば」は、当店の登録商標なのね。


『元祖瓦そば たかせ 本館』入口

趣のある日本家屋の店舗で、風情を感じられますなぁ。
入口前には、長い待ち席とストーブが置いてある。
昼時は並ぶんだろうな(^-^;
正月5日・土曜のこの日は、昼過ぎの14時頃に伺ったのだが、
待ちが出たり出なかったりの混み具合。
私達は、運よく待たずに空いている席に着く事が出来た。


『元祖瓦そば たかせ 本館』中庭

ちなみに入口奥には中庭があって、
外で待つ事になっても庭をめでて楽しむ事も出来る。


『元祖瓦そば たかせ 本館』卓上セルフのお茶は、玄米茶

基本的に、全席座敷なのかな?
卓上には玄米茶の急須とお湯ポットが置いてあり、
セルフサービスで飲む事が出来る。
湯呑の横にセットされたお椀は、瓦そば用の蕎麦猪口だ。
ちなみに、部屋の隅にはお冷の用意も有り。


『元祖瓦そば たかせ 本館』メニュー中表紙(2013年1月撮影) 『元祖瓦そば たかせ 本館』瓦そばメニュー(2013年1月撮影)
『元祖瓦そば たかせ 本館』サイドメニュー(2013年1月撮影) 『元祖瓦そば たかせ 本館』ドリンクメニュー(2013年1月撮影)
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )


メニューを拝見すると…、
おぉ、「瓦そば」だけでなく鰻料理ミニ懐石・御膳もあるのね
(※主なメニューは、『たかせ』公式HPで確認出来ます)
しかし今回は「瓦そば」を食べに来たので、浮気せずにそちらを注文。


『元祖瓦そば たかせ 本館』白子豆腐(420円)

「白子豆腐」 420円


……と言いつつ、
単品メニューの「白子豆腐」が気になって、こちらも頼んでみた(笑)。
下関言うたら「河豚」やけんね。
河豚白子を使った寄せ物で、多分葛粉を使って固めているのだろう。
青葱と紅葉おろしが載り、ポン酢がかかっている。
食感は胡麻豆腐のようだが、こちらは思ったより粉の濃度が高い。
白子のとろけるような舌触りを期待したのだが、ムチッとした硬めの食感だった。

う~む。
「白子豆腐」よりも、
類似メニューの「揚げ出し白子豆腐」のほうが「お勧め」印がついていたので、
もしかしたらこの食感は、揚げ出し向きの硬さに仕上げているのかもしれない。
口当たりは好みではなかったが、味はまずまずよかった。


『元祖瓦そば たかせ 本館』元祖 瓦そば(二人前2,100円。1人前1,050円~)

「元祖 瓦そば」 (二人前)2,100円 (1人前1,050円~)


しばし待って、本命の「瓦そば」が登場
二人前注文したので、一つの瓦に二人分の蕎麦が載って出てきた。

油をひいて熱々に熱した瓦に、茹でた茶蕎麦を焼きつけるように平たく盛っている。
ジュージューと音を立てており、シズル感満点
が、蕎麦の量自体は女性向きなのか少なめの盛りだ。
錦糸卵・ごく薄味に炒めた牛肉・海苔・青葱・レモン・紅葉おろし
その上に載せられる。


『元祖瓦そば たかせ 本館』元祖 瓦そば(瓦に接した焼きめ)

これこれ。
この、瓦に接してカリッと焼けた部分が香ばしくて美味しいのよね。
しかし、麺自体は乾麺の茹で置きを使用しているのか、
ポソッとした歯触りでコシが弱く、持ち上げた際も切れやすかった(^-^;


『元祖瓦そば たかせ 本館』元祖 瓦そば(つゆに付けて)

ポットに入って出てくる温かいつけ汁に付けて頂く。
蕎麦汁は、甘さひかえめで鰹出汁とかえしが効いた味
薬味のレモン・紅葉おろしを途中でつけ汁に入れると、
酸味と辛味で蕎麦に付いた油や牛肉の脂をサッパリと食べさせてくれる。
薬味の効果絶大である。


う~ん。
しかし、よく食う身としては一人一人前では到底足りない(^-^;
二人で三人前食べて、腹八分目という感じかしら。
「瓦そば」自体のコスパはよくないと感じたが、
元祖の有難味と店の雰囲気・観光地という事を考慮すると、妥当なのだろうか。
鰻は国産の割に良心的な価格だったし、
店の外に漂っていた鰻を焼く香りは良い匂いだったので、
次回があれば瓦そばよりそちらかなぁ…と思ったり。


『元祖瓦そば たかせ 本館』本館・別館・新館の地図
( ↑ ※クリックで拡大 )

ちなみに、『たかせ本館』の近所には『別館』『新館』があるので、
混んでいたり定休日であったりしても、別の支店に寄る事が出来る。
近所にこれだけ支店を作っても繁盛してるって、人気なんだね。
ごちそうさまでした!


『元祖瓦そば たかせ 本館』  [食べログページ]
083-772-2680
山口県下関市豊浦町大字川棚町5437
11:00~21:00(20:30L.O)
定休日 木曜日(祝祭日は営業・別館、新館は営業)
席 座敷席
駐車場 有


【 公式HP 】
http://www.kawarasoba.jp


最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

ランキングに参加しておりますので、
よろしければこちらのアイコンを1クリック、お願い致します。
↓ ↓ ↓




あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

theme : うどん・そば
genre : グルメ

tag : 瓦そば 瓦蕎麦 川棚温泉 元祖 たかせ 高瀬 下関

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。