--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-21

都内某所で、秘密の寿司パーティー。 『(店名は内緒のお店です)』@東京都内

『(某所寿司店)』 1

都内某所で、お寿司のコースを食べてきました。

残念ながら、今回の日記はお店の意向で店名を明かすことが出来ません。
ご了承ください m(_ _)m

私はこちらのお店にお邪魔するのは三度目。
いつも御予約してくださる幹事様のお好みと、お店の大将のお任せコースで頂いています。
今回の私の席は大将から離れていたので、ネタの説明が聞きとれず、紹介がアヤフヤな部分が多々あります(汗)。
その点も、何卒ご理解ください m(_ _)m
小さな写真は、クリックすると拡大されます。


『(某所寿司店)』 2

まずは、マグロから。
こちらのお店のマグロは変わっていて、鮮度の良いものではなく、あえて数日間寝かせて熟成させたネタを握ります。
味を落とさず、旨味だけを増やすこのお店独自の「熟成マグロ」が旨いんですよね。

↑一品目に頂いたトロ(スナズリかな?)の部分は、この日一番の美味しさでした。


『(某所寿司店)』 3

続いて、赤身と中トロ。
爽やかな赤身も美味しいけれど、脂のある肉のほうが熟成すると風味が変わって、よりこの店独特の味わいになります。

そして、4品めは今回の日記の一番上に貼った写真。
これは多分、マグロの脳天の部分かしら?


『(某所寿司店)』 4 『(某所寿司店)』 5

5品めは、軽く酢〆した鰺。
こちらのお店の握りは、シャリは普通サイズですが、ネタがデカイんですよね(^-^;
身の締まりのよい、味のある鰺で、抜群の〆加減でした。

6品めは、平皿に盛られたアワビの肝と穴子の肝が盛り合わせで出てきました。
「好きなほうを取って」
ということなので、珍しい穴子の肝のほうを頂きました。
大きな穴子の肝なので、握りに出来るほどでっかいんですよね。
ホッコリした部分とプニプニした部分が同居し、なかなかの珍味でございました。


『(某所寿司店)』 6 『(某所寿司店)』 7

7品めは、ムツだったと思います。
8品めは鯛。(皮目は焼き霜かな?)
この二品は、どちらも塩で頂きます。


『(某所寿司店)』 8 『(某所寿司店)』 9

9品めは、赤ハタだったような…(^-^;
これも塩ですね。
10品めは、オバケ(さらし鯨)の軍艦。
酢味噌がかけてあります。
オバケは九州でよく食べてましたが、寿司にして食べるのは初めてです。


『(某所寿司店)』 10 『(某所寿司店)』 13

11品め、ホタルイカ。
これも酢味噌で頂く軍艦です。
12品め、何かの貝の肝だと思います。
これも説明が聞こえませんでした(^-^;<スマヌ


『(某所寿司店)』 11

13品め、穴子!
6品めで頂いた穴子の肝の持ち主ですね(笑)。
大きいのに大味ではなく、肉厚でしっとりしてて美味しい~。


『(某所寿司店)』 12

14品め、アワビです。
爽やかな磯の香りと、コリッコリの食感がたまりません~。
美味。


『(某所寿司店)』 14

15品めは、蛸。
生蛸ですね。
身はプリプリ・大きな吸盤はシャキシャキしていて食感も楽しいネタです。


『(某所寿司店)』 15

16品め、海老。
大きな海老です。
周囲をサッと湯引きにして身をひらき、握ってレモン(?)を絞り塩を載せているようです。
お寿司は一口で食べるのが鉄則と言いますが…この大きい海老は一口では無理です(^-^;


『(某所寿司店)』 16 『(某所寿司店)』 17

17品めは、甘エビでしょうか。
二個づけで握りになっています。
18品めは、ホッキ貝。
これまた大きく食べ応えがあります。
シャクッとした食感を、口いっぱいに味わうことが出来ます。


『(某所寿司店)』 18

19品め、赤貝。
鳳凰のようですね~、綺麗だ。
味も食感も最高です、美味美味。


『(某所寿司店)』 19 『(某所寿司店)』 20

20品め、帆立。
シャキシャキ系の貝が続いたので、柔らか系の食感でまた違った貝の魅力を再発見。
21品め、玉子。
甘くて冷たい。
これも食感と味がガラッと変わり、口直しになっていいですね


『(某所寿司店)』 21 『(某所寿司店)』 22

さてさて、終盤になりました。
22品めは、手巻き寿司。
ただの手巻きじゃござんせん。
この店自慢の熟成マグロをネギトロにしたもの。
旨いにきまってます。
ラスト、23品めは鉄砲巻き。
干瓢巻にワサビをはさんだものだそうで、〆にふさわしいホッとするお味。


以上、23品を1時間半ほどかけて頂きました。
こちらのお店は、お寿司の味がいいのは勿論のこと。
それにプラスして、齢70代と思われる江戸っ子の大将の喋りとキャラクターが、こちらの魅力の大きなポイントでもあるのでした。
この日も、お腹・心ともに大満足させて頂きました。
ごちそうさまでした!


↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : 美味しいもの
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

嗚呼、素敵だ

おっ!例の秘密なお店ですね。
ここのお寿司は本当に美味しそうだぁ。
色んなネタ、しかもちょっと変わったネタが食べれるみたいで良いですねぇ。
えっちーさんの写真の撮り方もいいんだと思う。
干瓢巻きにわさびが気になりました。

お寿司、食べたくなってきちゃったやww

◆ 英子ちゃん ◆

英子ちゃん、毎度です~。
レスが遅れてごめんねm(_ _)m

そうそう、何度かmixi日記などでも紹介してた例のお寿司屋さんです。
今回も堪能しました~!
写真の撮りかたはまだまだ修行中(汗)。
日々勉強ですたいっ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。