--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-17

限りなくチャンに近いタン、丸の内で再び。 『トナリ 丸の内店』@丸の内

『トナリ 丸の内店』 タンつけ(アップ)


一昨日オープンしたばかりの新店に行ってきました。
東陽町にあるタンメン専門店『トナリ』さんの支店です。


『トナリ 丸の内店』 東京ビルTOKIA・テナント看板

場所は東京駅から徒歩5分ほど、丸の内にあります。
「東京ビル TOKIA」という巨大ビルの地下一階です。
案内の看板には、本店にないこの店限定メニュー、「タンつけ(タンメンのつけ麺)」の写真が出ていました。


『トナリ 丸の内店』 外観

地下一階までエスカレーターで下りると…ありました!
お洒落なビルの一角に、意外と(?)シックリおさまっているこちらが、
『トナリ 丸の内店』さんです。

私が伺ったのは、オープン3日目の昼14時過ぎ。
カウンターのみ20席前後の店内は満席で、外に待ち客が3名いました。
その後に並んでいると、店員さんが注文を聞いてくれます。
こちらは食券製ではないんですね。
5分強ほど外で待って、空いた席に座りました。


『トナリ 丸の内店』 メインメニュー

メニューを撮らせて頂きました。
まず、こちらはメインメニュー。
丸の内支店のオリジナルメニュー「タンつけ」以外は、ラインナップも値段も本店と変わらないようですね。


『トナリ 丸の内店』 サイドメニュー 『トナリ 丸の内店』 ドリンクメニュー
( ↑ ※クリックで拡大 )

サイドメニューとドリンクメニュー。
こちらのほうは、本店と少し違うようですね。
焼酎が安い!
0~80円の間で値段変動があるにしても、お安いですね。
さらに、唐揚げ・餃子以外のツマミ系メニューがあるんですね。
オープン当初の本店に伺った時は、こういったメニューは無かったので、こちらも丸の内店オリジナルになるのでしょうか?



『トナリ 丸の内店』 タンつけ(850円)

「タンつけ」 850円

実は『丸の内店』さんがオープンする前からこの丸の内店限定メニューの「タンつけ」を狙っていたので、注文は勿論こちら。
タンメンが720円なのに対し、つけ麺は130円高めの設定です。


『トナリ 丸の内店』 タンつけ(つけ汁アップ)

つけ汁は、『トナリ』さんのタンメンのスープの濃度と塩分をやや濃くして、麺を抜いた感じ…でしょうか。
スープは動物系の濃厚さに、炒め油の香ばしさと野菜・肉の旨味がギッシリ詰まっています。
相変わらず、タンメンというよりチャンポンに近い感じです(^-^;
具材は全てつけ汁のほうに入っています。
野菜は、本店同様季節によって種類が変わりそうですが、今日はキャベツ・白菜・ほうれん草・ニラ・モヤシ・コーン・人参などが、器の底までたっぷり入っていました。
そのほか、豚肉とイカ下足も入ってたけど、たまたまなのか蒲鉾は入ってませんでした。


『トナリ 丸の内店』 タンつけ(麺アップ)

麺は、タンメンの麺とは違うようですね。
量は200gくらいでしょうか。
野菜は多いですが、麺自体はそんなに多くありませんでした。
開花楼の極太ストレート麺で、麺だけ食べても十分美味しい!
風味・コシ・モチ感のバランスが良いわ~。


『トナリ 丸の内店』 タンつけ(別皿の生姜)

提供前に、スタッフさんが
「生姜をお付けしますか?」
と聞いてくれます。
おろし生姜ではなく刻み生姜で、普通はつけ汁に入れてくれますが、注文すると別添えの小皿で出してくれます。
今回は小皿で注文しましたが、ビックリするくらい量がたっぷり!


『トナリ 丸の内店』 タンつけ(麺リフト)

麺を汁にチョイつけして食べると、スープにとろみがない分絡みはあまりよくないかも。
でも、ジャブ漬けして麺と一緒に野菜も掴んですすると…

ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

…いや、実は、タンメンのスープと具が別れたような見た目に
「想像通りだなぁ」
なんて思っていたのですが、いざ食べてみると…
純粋に美味しいです!
薬味の生姜も辛味と爽快さが増していい感じ。
カウンターに貼られてあるPOPには、
「タンメンには絶対の自信有り!タンつけには絶対の自信なし!」
的な事が書かれていましたが(↑うろ覚えなので言い回しが少し違うかも)、
その言葉は謙遜なのではと思う味の良さでした。

お腹がいっぱいだったし、周囲で「タンつけ」を食べていた方もどなたもスープ割りを頼んでいなかったので、スープ割りのお願いはせずにお会計。
会計中にスタッフさんに
「タンつけのスープ割りは可能なんですか?」
と問い合わせたところ、ちょうど近くにいた本店の店長さんが答えてくださいました。
「そのうちスープ割りが出来るようにしたいんですが、まだ今は…」
という御返答。
現状はスープ割り不可なので、近々注文される方はご注意ください。
オープン3日目ということもあり、オペレーション面はお世辞にも良いとは言えませんでしたが、これだけの都心にあって味・コスパが良いお店は貴重です。
今後も頑張ってほしいですし、再訪したいお店でした。
ごちそうさまでした!

『トナリ 丸の内店』
03-3240-6066
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
(二重橋前駅から332m)
11:00~22:00(L.O.21:45)
定休日 無休
オープン日 2010年6月15日

【 東京ビルTOKIAの『トナリ』ページ 】
http://www.marunouchi.com/common/JP/shop/detail.cgi?SH_MSH_code=3030



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : トナリ 丸の内店 タンメン タンつけ タンもり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆ 非公開コメントをくださったお客様 ◆

非公開コメントをくださったお客様、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます m(_ _)m

ご質問いただいた「タンメンと中華麺の違い」ですが、
タンメンは
「数種類の野菜と豚肉を鍋で炒めた中に塩味のスープ(主に清湯)を加え軽く煮て、
 茹でた中華麺にかけたもの」
です。
西日本の出身の私も、実は最初は「タンメン」になじみがなかったんですよね(汗)。
「炒め五目野菜の塩ラーメン」って感じでしょうか。
『トナリ』さんのタンメンは濃厚な白湯スープなので、
一般的な「アッサリした塩清湯のタンメン」とは一線を画すのです。
ちなみに「王道のタンメン」は、『しゃきしゃき』さんの画像を参考にしてみてください↓
http://etizenya0.blog20.fc2.com/blog-entry-393.html

体調のほうはいかがですか?
そこが弱ると私たちのような嗜好を持つ人間にとっては…厳しいですよね(>_<)
でも、健康あってこその「嗜好品エンジョイ」ですので、
お大事にしてください m(_ _)m

わぁ、わぁ!

わっ!なんて素敵情報!☆
丸の内に出来たんならこれは早速行かねば!
22時までなら仕事帰りにでも行けるぞぉ~。
素敵情報をありがとうございますぅm(__)m

しかし美味しそうだなぁ~。

◆ 英子ちゃん ◆

英子ちゃん、いらっしゃいませ♪
美味しそうでしょ?
メチャ旨いで~(笑)。
私も東陽町より丸の内のほうが行きやすいから、
『トナリ』さんの支店が出来るって聞いた時はすっごい嬉しかったよ~。
是非行ってみてね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。