--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-04

「隠れ家」ならぬ、「隠れ里」の名店。 『春紀』@新潟県柏崎市

『春紀』 メギスらーめん(アップ)


新潟の山深い集落で……

激旨ラーメンに出会ったとですよー!!


『春紀』 外観

お邪魔したのは、新潟県柏崎市の南部・山側の集落にある小さなラーメン屋さん、
『春紀(はるき)』さん。
2007年にオープンしたお店で、店主さんの前職は日本料理の板前さんだそうです。

しかし、本当に意外な場所にあります。
柏崎市の市街地から十日町市へ行く途中の、山あいの集落の中の一軒家。
最寄り駅は10キロ以上離れていて、高速の最寄IC(柏崎IC)からも車で30分という立地です。
「こんな場所ではたしてお客様が…」
と思ったのも束の間、お邪魔したのは土曜のオープン前でしたが、開始40分前からお客様が並び始め、オープン時には約10人の行列が出来ていました!
立地の悪さを跳ね除けるほどの人気店なんですね~。

お店は、カウンター席(4席)とお座敷席(12席)で構成されています。
↑に添付した写真のように、それぞれの入口は分離されています。
カウンターに座りたい方は向って右側の入口から、お座敷席でゆっくりしたい方は向って左の入口から入り、靴を脱いで上がります。


『春紀』 通常メニュー 『春紀』 限定メニュー
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )

メニューを撮らせて頂きました。
基本メニューは、醤油味の「らーめん」「つけめん」と、「塩らーめん」「塩つけめん」、揚げ玉入りの「たぬきらーめん」です。
「たぬき」以外の基本メニューは全てデフォで味玉が付いています。
数量限定メニュー(↑右写真)も美味しそう。
白湯好きとしては、「鶏パイタン」にも心魅かれたり(笑)。


『春紀』 日替りメニューボード 『春紀』 店内(小上がり席)
( ↑ ※クリックで拡大 ↑ )

こちらは、日替わりメニューがある時の壁掛けボード(左側)と、座敷席の様子。
この日は、秋~春の間に週に1~2度お目見えする「メギスらーめん」が提供されている日でした。
店内は、一軒家の和室そのままの内装です。
畳敷きで、日本人なら誰でも落ちつけるであろう客席になっています。


『春紀』 らーめん(味玉付)690円

「らーめん(味玉付)」 690円

まずは基本の醤油味ラーメンを。
パッと見、地味でしょ?
でもこれ、一口食べるとビックリするんです
無化調でこれだけ
  素材の持ち味の濃さを表現するとは…!」

一口目から物足りなさが無いのも感激でありますが、二口・三口と味わう毎に味の奥行きが深まるという神秘。
懐(ふところ)の深いスープでありました。
麺は平打ちの中太縮れ、モチモチとした多加水麺です。
トッピングは、バラロールチャーシュー3枚・味玉・笹切り白ネギ・海苔。
麺は並盛で180gだし、チャーシュー3枚に味玉も付いてるし、これで690円は超破格値です!
それでも、9月に40円だけ値上げされたのだとか……
素材の量と手間を考えると、もっと値上げしてもいいのではと思ってしまいます。


『春紀』 メギスらーめん(690円)

「メギスらーめん (秋~春の限定品・週に1~2度程度登場)」 690円

こちらは、夏場はお休みするという限定品。
しかも、毎日あるわけではなく、週に1回から2回程度の割合で登場する日替わり商品なのだとか。
売り出す曜日も決まっていないらしいので、遭遇したらラッキーという超レアラーメンです。

「メギス」というのは、新潟近辺の海で獲れるお魚の名前。
このラーメンは、そのお魚の焼き干しのみを使用したスープで作っているのです。
しかも、焼き干しは店主さんの手作り。
生のメギスを仕入れて一匹一匹ハラワタを取り除き、焼いて干して作るという、完全手作りかつ非常に手間のかかるスープなのです。
さすが超レア商品!

お味のほうはというと……

メギス、メガウマ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

脂ののった白身魚が香ばしく焼けた香りが、スープにフワ~ンと溶け出しています。
魚臭さは皆無で、非常に上品なお出汁。
でも、旨味の力強さと焼き干し特有の香ばしさのアクセントがキュッと効いてるんですよね。
もう、レンゲでスープ飲むのがもどかしい!
実際、デッド飲みでゴクゴクいってしまいました(笑)。
麺とトッピングは、上記「らーめん」とほぼ同じですが、白ネギの変わりにこちらは三つ葉が浮いています。
その気品ある香りが、メギスの優美な味にこの上なくマッチしています。


凄い。
こんなクオリティの高いお店が、新潟の山中に昼営業だけでひっそりと佇んでいるところが凄い。
簡単に行くことが出来ない場所ですが、何度でも再訪したい素敵なお店でした。
ごちそうさまでした!

『春紀(はるき)』
TEL 非公開
新潟県柏崎市高柳町山中3644-1
(北陸自動車道柏崎ICより車で30分)
11:30~15:00(スープなくなり次第)
定休日 火曜・第二月曜
席数 16席 (カウンター4席、小上がりの座敷に3卓で12席)
駐車場:専用2台(店前)、
  共有3台程度(北西方向斜向かいにある「塩沢集落センター」駐車場も利用可)



↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 春紀 柏崎市 メギスラーメン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。

突然お邪魔してすみません。

【メギス・春紀】で検索しましたところヒットしました。

春紀さんのメギスラーメン好きな点と、HNが似ておりましたのでお邪魔しちゃいました。

春紀さん恐るべしですよねぇ。

◆ 越後屋さん ◆

越後屋さん、はじめまして!
コメントありがとうございます m(_ _)m
ハンドルネーム、一文字違いですね。
越後屋さんのブログのラーメン記事も拝見させて頂きました。
お名前が似ているのも、ラーメン好きも共通点ですね^ ^

『春紀』さんのメギスラーメン、最高に美味しいですよね。
無化調であの旨味、そして安価でこのクオリティ…、
遠くても車を飛ばして行く価値のある数少ないお店だと思います。

私はフードジャーナリスト・はんつ遠藤の事務所に勤務しておりまして、
弊社社長・遠藤は現在、新潟県のラーメン店数十軒を取材した
ラーメン本を作成しております。
私も取材に同行して新潟のいろいろなお店を周っていますが、
現時点で特に印象に残ったお店は、
今回の『春紀』さんと、『天心』さん(南魚沼市)、
『碧空麺舗』さん(見附市)、『大輝』さん(十日町市)などです。
新潟県はご当地ラーメンも多く、
バリエーション豊かなので周っていて楽しいです。

現在作成中のラーメン本は、来年1月発売予定です。
来年以降、本屋さんでお目に止まった際は宜しくお願い致します!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。