--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-23

秋葉の地下で紡がれる「さぬきの夢」麺。 【新店】 『らーめん 紬麦(つむぎ)』@秋葉原

『らーめん 紬麦』 ラーメン(アップ)


今回も新店のご紹介です。

ある日の夕暮れ時17時過ぎ。
実は、この日は神保町の新店を目当てで出かけたのですが、
営業時間内のはずなのにお店はクローズしてました orz
お昼で売り切れちゃったのか、夜の営業時間を変更したのか…?
「ならば!」ということで、目標を変えて第二希望である秋葉原の新店に直行。


『らーめん 紬麦』 ビル入り口の看板

そのお店は、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅前・昭和通り沿いにあります。
駅近なんですが、ビルの地下にあるんですよね。
日比谷線秋葉駅の1番出口・4番出口の間にある、第三東ビルというビルでして、
一階入り口にある↑写真の二つの看板が目印です。


『らーめん 紬麦』 地下へ通じる階段

一階入り口を入るとすぐ左手に、地下へ降りる階段があります。
そちらを降りて、奥に進んだ右手に目当てのお店があります。
あら!
目当てのラーメン店の向かいのお店は、モツ焼きチェーン店の『加賀屋』さんなんですね!
モツラーの越前屋、
焼きトンの誘惑に、思わず向かいのお店に吸い込まれそうになりましたが(笑)、
そこをぐっとこらえまして……


『らーめん 紬麦』 外観

訪れたのは、『らーめん 紬麦(つむぎ)』さん!
2011年12月15日オープンの新店です。


『らーめん 紬麦』 券売機(2011年1月) 『らーめん 紬麦』 写真つきメニュー(2011年1月撮影)
『らーめん 紬麦』 メニュー(2011年1月)
(↑ ※各写真は、クリックで拡大します )

外に券売機があるので、まずこちらで食券を購入します。
麺類メニューは、
醤油ラーメン・塩ラーメン・つむぎラーメン・つけ麺・つむぎつけ麺と、
そのチャーシューメンバージョンがそれぞれあります。
「つむぎ」が付く商品は、
「和風だしスープに、甘辛の炒めネギが載ったラーメン」
なのだそうです。
トッピングは、角煮・半角煮・だし味玉子・メンマ・しらがネギがあり、
ご飯物は「和だしとゴボウで炊いたご飯の上に、ほぐしチャーシュー」が載った炊き込みご飯があります。
角煮と炊き込みご飯も美味しそうだな~!
しかし、ドリンクやおつまみ類は無いんですね(※2011年1月中旬現在)。


『らーめん 紬麦』 卓上の様子

店内に入って、スタッフさんに食券を渡します。
卓上はこのような感じ↑。
レンゲ・紙おしぼり・割り箸に、調味料はペッパーミル・割スープポット・
「沖縄県産島唐辛子使用」のシールが貼ってあるラー油。
お冷は麦茶でした。


『らーめん 紬麦』 ラーメン(750円)

「つむぎラーメン」 750円 + 「だし味玉子」 100円

初訪問なのでシンプルなラーメンと迷いましたが、店名を冠した「つむぎラーメン」にしてみました。
大きな肩ロースチャーシューが目を惹きます、美味しそ~。
そして、そのチャーシューの下には、
甘辛味で炒めた長ネギと豚バラスライスがたっぷり敷いてありました。


『らーめん 紬麦』 ラーメン(スープ)

スープのファーストインプレッションは、タレが甘め・油がピリ辛……これはラー油?
どうやら、ベースである繊細な和ダシの醤油スープに、
トッピングの甘辛ネギ炒めの味が溶け込んでいるようです。
初訪問としては、こちらのお店のベースのスープの味を知りたかったんですが、
はっきり言ってこれは私の選択ミスですね(汗)。
でも、優しい味の和出汁スープに香ばしいネギの香りが移っていて、なかなか美味しいです。


『らーめん 紬麦』 ラーメン(麺リフト)

そして、こちらのお店のウリは何と言っても自家製麺!
「さぬきの夢」というブランド小麦粉を100%使用しています。
これは、香川県が讃岐うどん用に開発した香川県産の小麦粉なのですが、
都内のうどん屋さんでもこれを使用した店は少ないのに、ラーメン屋さんでは始めて聞きました。
こだわってこの小麦を使っているだけあって、中太ストレートの麺はつるつるモチモチ!
粉の密度が高く風味も良く、しっかりしたコシもあります。
新店の自家製麺(しかもご主人は、脱サラ・独学なのだとか)ということを考慮すると、
かなり美味しい麺だと思います。


『らーめん 紬麦』 ラーメン(具材)

トッピングは、厚切りの肩ロースチャーシュー・ラー油入りで甘辛ピリ辛の豚肉と白葱の炒め物・
メンマ・茹でほうれん草・青葱。
「だし味玉子」は、ビル入り口に「トッピングサービス券」が置いてあったので、
それを利用して無料で付けて頂きました(ありがとうございます!)。
やっぱりチャーシューが旨い!
「だし味玉子」は、かなり出汁味・塩気が薄めで、色白な見た目同様上品な仕上がりでした。
卓上のポットに入った割りスープも味見させてもらいましたが、これもまた上品な鰹出汁。
こちらのお店は、「天然食材のみを使用し無化調」なのだそうです。
確かに、食後の後味の良さやもたれない感じからして「いかにも」と実感。

美味しく完食させて頂きました。
次回は、麺やスープを味わうべく、塩ラーメンかつけ麺を頂いてみたいです。
ごちそうさまでした!

【2010年12月15日OPEN!】
『らーめん 紬麦(つむぎ)』
TEL 非公開
東京都千代田区神田平河町1 第三東ビル地下1F
(昭和通り沿い東京メトロ日比谷線秋葉原駅1番と4番出口の間)
(秋葉原駅から217m)
11:30~14:15、17:30~20:00
定休日 日祝・第2、4土曜
席数 14席(カウンター8席、テーブル2席×2)

http://blog.livedoor.jp/ra_men_tsumugi/


↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、 ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、
参考になったと思われた際は 画像を一ポチ お願い致します。

毎度おおきに!! m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメンつむぎ 紬麦 秋葉原 新店

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。