--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-03

【お食事処 越前屋】 北海道で買った野菜を料理してみた @越前屋家

 
今回はお店の食べ歩きネタではなく、久しぶりの自炊ネタです。
お店紹介を楽しみにされてる方、
お粗末な手料理の紹介で申し訳ないです (^-^;


北海道で買ってきた野菜(2011年夏)


さて、↑の写真。
今年の夏に北海道へ旅行したんですが、
その際に札幌の商店街や市場でちょっと変わった野菜を買って帰りました。
そのお野菜の写真なんですね。
上段向かって左から、
トウモロコシの「ゴールドラッシュ」「ピュアホワイト」
中段は左から、
「鈴かぼちゃ」、白くて大きいのは「スカッシュ」
右の緑色は「ピー太郎」
下段のカラフルな4つは、「カラーピーマン」です。


ゴールドラッシュとピュアホワイトを生食で

まずは、とうもろこしの品種である「ゴールドラッシュ」と「ピュアホワイト」
これは鮮度がいいと生食できるとうもろこしなので、
切っただけで食べてみました (←初っ端から料理と言えない一品…(;´Д`))。
どっちも甘くてみずみずしい!
でも、どちらかというと「ゴールドラッシュ」のほうが甘味と味が濃いかな?
「ピュアホワイト」のほうは、実が柔らかく果汁がクリーミーでした。
味的には「ゴールドラッシュ」のほうが好みでしたが、
「ピュアホワイト」は見た目が白くて面白いですよね。


鈴南瓜の生食

次は「鈴かぼちゃ」
見た目はただの小さい南瓜なんですが、これ、生食できる南瓜なんですよね。
…というわけで、こちらもまずはスライスしただけで食べてみました (^-^;
味付けは、好みのドレッシングやマヨネーズをつけて。
シャキシャキした食感で、これも美味しいな~!
南瓜と胡瓜を足して二で割ったような味と食感ですが、
青臭さが無く非常に食べやすいです。
皮は勿論、中の種・ワタも食べられるのが面白いですよね。
リケンのノンオイルドレッシング「青じそ」を付けて食べると美味しかった(^-^)
生食できる南瓜は、
「鈴かぼちゃ」の他にも「コリンキー」という品種も食べたことがありますが、
そちらよりもえぐみが無く、爽やかなお味でした。


鈴南瓜と竹輪の酢の物

こちらは、「鈴かぼちゃと竹輪の酢の物」
いちょう切りにした鈴かぼちゃと、竹輪・ワカメを土佐酢に浸けて、白胡麻をふったもの。
鈴かぼちゃは水分が少なく実がギュッとつまっているので、
定番の「胡瓜の酢の物」より味がボヤけず食感もシャキシャキのままで、
これまた美味しく頂けました。

実はこの「鈴かぼちゃ」、北海道の地野菜ではなく京野菜なんだそうです。
お邪魔した八百屋さんがこだわりのお店で北海道でも珍しい「鈴かぼちゃ」を扱っていたので、
たまたま札幌で購入したわけなんですよね。
美味しい野菜だったので、これは売っているのを見たらリピート購入したいお野菜でした。


スカッシュ(白ズッキーニ)のソテー、ガーリックチーズソースかけ

さて…、一番↑の野菜集合写真でも、ひときわ異彩を放っていた中央の白い物体
これは、「スカッシュ」というズッキーニの一種なんですね。
横から見ると円盤型で、上から見ると花型という、
奇妙かつ可愛い形の野菜です(笑)。
でも、果肉の食感や味はズッキーニそのまんま!

↑の写真は、「スカッシュのソテー、ガーリックチーズソース」です。
1.5㎝厚に切った「スカッシュ」に軽く塩胡椒をし、オリーブオイルでソテー。
その上に、kiriクリームチーズ
フライドガーリック&ガーリックオイルを合わせたソースをかけています。
「スカッシュ」は、緑のズッキーニより青臭さが無い分食べやすいですし、
皮の内側の果肉が分厚い分、柔らかいし食べごたえもありました。
淡泊な実に、チーズソースがよく合う~(´ω`*)


スカッシュ(白ズッキーニ)と手羽元のカレー

また別の日の夕飯では、「スカッシュと手羽元のカレー」を作ってみました。
カレーの出来上がり直前に、素揚げした「スカッシュ」を入れて軽く煮ただけ。
果肉はシャクッとして柔らかいんですが、
皮部分が意外としっかりしているのでさほど煮崩れもせず、
カレーにもよく合ってくれた「スカッシュ」さんでした。


カラーピーマンとピー太郎の肉詰め

「カラーピーマン」と「ピー太郎」は、
名前と見た目からもわかるようにピーマンの一種です。
これらは「ピー太郎とカラーピーマンの肉詰め」にしてみました。
細身でやや小ぶりの「ピー太郎」は、
果肉は薄めですがピーマン独特の苦味や青臭さが無くて食べやすい!
「カラーピーマン」はパプリカの小さい版って感じで、肉厚で甘いです。
こういうピーマンだったら、子どものピーマン嫌いも少なくなりそうだわ。






さて、最後の一品はオマケです (^-^;
これは「北海道で購入した野菜」シリーズではなくて、「とある週末のブランチ」


鯛荒煮のせ素麺

「鯛のアラ煮のせ素麺」
この前日の晩御飯で「鯛のアラ煮」を作っていて、その残りがあったので、
鯛煮のほぐし身と冷蔵庫の残り野菜を素麺にトッピングして食べました。
鯛アラ煮以外の具は、椎茸旨煮・茹で紫キャベツ・錦糸卵・茹でオクラ・ハム・白胡麻。
これらのトッピングと一緒に素麺を麺つゆにつけて食します。
食べ進むほどに鯛のアラ煮の旨みが麺つゆに染みでて、
ぐんぐん美味しくなる…という一品でした。


どの料理も、記事にする事を考えずに普通に作ったものばかりなので、
見栄えがイマイチだし華がなくてすみません(^-^;
お粗末さまでした! m(_ _)m


最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : 料理日記
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。