--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-01

焼酎一杯100円の衝撃!魚を肴に焼酎グビグビ。 『第三共進丸』@長浜

『第三共進丸』「ゴマアジ」をはじめとしたアテの数々


長浜にあるこのお店。

前を通る度に気になっていた居酒屋なのだ。


『第三共進丸』看板

「創業30年のやぶれ老舗・沈没寸前」と謳う
『第三共進丸』さん。
実在するイカ釣り漁船の名を借りた店名だそうだ(コチラ参考)。
すぐそばに福岡市中央卸売市場という鮮魚市場がある立地の長浜らしく、
海鮮料理を自慢とする居酒屋なのだ。
看板にデーンと貼られた吉田類さんの笑顔がまぶしい(笑)。


『第三共進丸』外観

しかし、私が惹かれたのは類さんではなく、こちらの看板!

「焼酎一杯百円・自己申告」!!

これを見るたびに、
「いつか来なければ……」
と、闘志を燃やしていた店なのよね(笑)。


土曜の夜20時頃に、一人で入店した。
カウンター・テーブル・小上がりで二十数席程という構成の店内は、
4割程度の埋まり具合。
店主さんと男性スタッフさんのお二人で店を回していた。

一人客の私は、空いているカウンターへ着席。
メニューは黒板や貼り紙等、壁に掲示してあるものだけの様子で、
卓上にメニューの紙や冊子は置いていない。
早速、店主さんに
「飲み物、何にしますか?」
と聞かれたが、
貼り紙メニューを見渡しても食べ物の類ばかりで、飲み物メニューが見当たらなかった。
「飲み物のメニューはありますか?」
と聞くと、
「メニューって…、ビールと、日本酒と……」
と口頭で説明され始めた。
「あっ、ではビールでお願いします」
「ビールは瓶と生、どちらにしますか?」
「生でお願いします」

そうか、こちらは焼酎以外(※)のアルコールの種類はそんなに置いてないんだな。
(※焼酎については後程記述)


『第三共進丸』生ビール(?円)と、つきだし(?円)

登場した「生ビール(?円)」と、「つきだし(?円)」
ふぅ~、乾いた喉にビールが染みるぜ~(笑)。


『第三共進丸』つきだし(?円)

つきだしは、イカ下足と魚卵を煮たものだった。
味付・色味・添え物の木の芽といい、上品な仕上がり。
「今後のアテも期待できるかも……」
と、心躍る。


『第三共進丸』ポテト(200円)

スピードメニューから選んだ「ポテト(200円)」
「『ポテト』はポテトサラダですけど、いいですか?」
と注文時に聞かれた。
「ポテト」だけの商品名だと、フライドポテトと勘違いする方がいるのかな。
ビール党ポテサラ派の越前屋としては、
むしろポテサラのほうがウェルカムオゲッ!なのであった(笑)。
野菜たっぷり、シャキシャキの食感でなかなか美味しい。
少量・安価な設定も、一人客の胃袋とフトコロに優しいアテなのであった。


さて、海鮮居酒屋に来たならばまずは刺身を頂かなくてはならないだろう。
お店のウリは、
「鐘崎漁港から直接仕入れる」というイカの活き造り(2,300円~)らしいが、
一人でイカ1杯頼むのは厳しい。
しかも、お隣客さんが店主さんと話しているのを聞くと、
「今日のイカは大きいので、三千○百円になります」
との事。
仕入れたイカの大きさで値段が変わるのね。


『第三共進丸』ゴマアジ(600円)

そんなわけで、今回はお手頃な「ゴマアジ(600円)」を頂いた。
「ゴマアジ」とは、鯵の品種の名前ではない。
福岡には「胡麻鯖」という郷土料理があり、
鯖の刺身を醤油・みりん・胡麻で作った漬けダレでヅケにした一品なのだが、
これはその鯵バージョンである。
甘めの醤油ダレに漬けこんだ軟らかい鯵、う~ん旨い。


『第三共進丸』1杯100円均一(申告制)の「焼酎」を、お湯割りセットで

ここで一杯目の生ビールを呑みほしたので、
そろそろ「1杯100円」という焼酎を頂く事にした。

焼酎を注文すると、まず 水割かお湯割りのどちらにするかを聞かれる。
今回はお湯割りを頼んだので、お湯割り用のポットが差し出された。
焼酎は、カウンター背面にある壁付けの棚に一升瓶がズラリと並んでいる。
銘柄数は十数種はあるだろうか。
その中から、自分の好きな銘柄の一升瓶グラスを取って来る。
つまり、
セルフサービスでお湯割り(水割り)を作り、何杯呑んだかを会計の際に自己申告する
というシステムなのだ。


『第三共進丸』セルフサービスで1杯100円均一の「焼酎」

私が選んだのは、呑み慣れた「黒霧島」
熱燗用の升入りグラスにお湯を入れて、そこに黒霧をトクトクと…。
濃いめの焼酎湯割りで、表面張力を楽しむ。
100円と安いのに、升のほうにちょっとこぼし気味に入れたりして(^-^;
しかし、これで100円はホントにサービス価格だよね。


『第三共進丸』自家製漁師かまぼこ(500円)

酒の肴も追加した。
練り物好きなので、「自家製漁師かまぼこ(500円)」を。
卓上には刺身醤油と普通の醤油があるが、「かまぼこ」は普通の醤油を勧められた。


『第三共進丸』自家製漁師かまぼこ(断面)

真っ白な魚のすり身に刻んだ蟹・イカ・野菜が混ぜてある、蒸し蒲鉾だ。
薬味の山葵を載せ、醤油をちょいとつけて頂く。
プリプリの食感でアッサリした「和」のアテに、
100円の焼酎湯割りが進む、進む(笑)。
熱々ホカホカの蒲鉾は、作っておいたものをレンチンしたのか、
一部レンジ焼けした箇所が見られたが、そこはご愛嬌。

「焼酎を途中で違う銘柄に変えたくなったら、ボトルを取り換えてもいいですよ」
と、親切に教えてくれるスタッフさん。
ちなみにこのお店、お手洗いは他店と共用のものが外にあるのだが
その場所を聞いた時も丁寧に教えてくださった。
飾らず、押しつけがましくない接客に好印象。
さらに、お手洗いの場所を説明した貼り紙が勝手口横に書いてあるのだが、
「出口を出て右に15m行った所。
 歩数にして25歩、足の短い人は30~40歩です」

とあり、細かいところで遊び心も忘れないお店のようだ(笑)。
(参考までに、お手洗いは外だが店から近いうえ、男女別棟で綺麗である)


まだまだお腹は空いていたが、ここは長浜
〆にラーメンを食べる気満々だったので、この日は以上で会計してもらった。
生1杯に焼酎3杯・アテ3品とつきだし1品で、二千円台の真ん中だったかな?
ここで魚料理をアテに焼酎を軽く呑み、長浜ラーメンで〆るコースは、
意外とヒットかもしれない(笑)。
ごちそうさまでした!


『第三共進丸』  [食べログページ]
092-721-9734
福岡県福岡市中央区長浜2-5
(赤坂駅から500m)
17:00~翌1:00
定休日 無し



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。
↓ ↓ ↓


↑ ↑ ↑
画像をクリックすると、
ランキング上位の人気ブログや、当サイトの現在の順位が確認出来ます。

毎度おおきに! m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : 第三共進丸 だいさん きょうしんまる 居酒屋 海鮮 長浜 赤坂

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。