--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-04

灯台下暗し!実家近所で美味しいお店発見。 『味工房』@水巻町

『居酒屋 風味処 味工房』鯛茶漬け定食(鯛茶漬けのアップ)


この日は、所用で北九州の実家に日帰り帰省。

姉に、
「お昼は外に食べに行かん?
 近くの定食屋に行こうと思うんやけど~」

と誘われて、ランチは実家近くのお店を訪問する事になった。

そのお店というのが、遠賀郡水巻町にある
『居酒屋 風味処 味工房』さん。
(今回は外観写真は無しである)


夜は居酒屋・お昼は定食屋というこちらのお店。
ネットで調べてみると、仕出料理屋さんだった方が開いたのだとか。
大将がお一人で営業しているお店なので、
オーダーや、料理・お冷のテーブルへの配膳は、
基本的にお客さんのセルフサービスなのだそうだ。
しかし、
この日は接客係のお姉さんがいらしたので、特にセルフではなかった。
ホール係さんがいない時は、お客さんのセルフになるのかな?


店内は、入口で靴を脱いで上がるお座敷形式。
座卓が8卓程度とカウンターが数席あり、
店主お一人で営業しているという割には広々としていた。
壁には、店主さんの毛筆による夜の一品メニューが所狭しと貼られている。

ランチメニューは、卓上にこれまた毛筆のメニューがあるので、そちらを拝見。
メニュー数が多い!
全て定食なのだが、刺身から魚や肉の揚げ物・煮物・丼まで、数十種類。
千円オーバーの特別定食的なものが数品あるが、
それ以外の定食は全て750円(税込787円かな?)なので、わかりやすい。


さて、以下は越前屋家一行が注文した定食の数々である。
今回は、料理名がうろ覚えで正確ではない点をご了承頂きたい(^-^;



『居酒屋 風味処 味工房』豚しそ巻フライ定食(787円)

まずは、姉が注文した「豚しそ巻フライ定食(787円)」
実は、商品を見るまでは
「800円近くする定食って、デフレの昨今じゃ結構いいお値段だなぁ」
と思ってたけど、これが結構なボリューム!
サラダ付きの主菜ご飯汁物漬物の他に、
小鉢二品(アラ煮付け・青菜おひたし)も付いている。
しかも、ネット情報ではご飯もお替り自由(セルフサービス)なのだとか?
だとしたら、787円という価格も納得だ。

ちなみに手の出演(写真上部)は、ちょうどこの日4歳になった甥っ子のY君(^-^)


『居酒屋 風味処 味工房』豚スタミナ丼(?)定食(787円)

こちらはK氏が注文した「豚スタミナ丼定食(787円)」
丼の定食にも小鉢二品が付くが、姉が注文したものとは内容が違っている。
こっちには、冬瓜のそぼろ煮野菜炒めが載っていた。
丼が大きくてお肉たっぷり。
これもボリュームがある。


『居酒屋 風味処 味工房』海鮮丼定食(787円)

そして、Aちゃんが注文したのは「海鮮丼定食(787円)」
鮪・鯛・鮭・イカなど、数種の刺身が載っている。
海苔で隠れて見えないが、真ん中には生卵黄が落としてあったそうだ。
こちらも丼以外に、小鉢二品(茄子煮・冷奴)が付く。
この海鮮丼定食の787円は、安いなぁ。



『居酒屋 風味処 味工房』鯛茶漬け定食(787円)

「鯛茶漬け定食」 787円


そして、私が頼んだのは「鯛茶漬け定食」
「鯛茶を昼定食で出してるお店も珍しいかな」
というのと、
壁に貼られたメニューの数々を見てるとどうもお魚が美味しそうだと感じたので。
その読みは正しかった。
ボリュームこそ他の定食に劣るが、その味の素晴らしさたるや!


『居酒屋 風味処 味工房』鯛茶漬け定食(出汁をかける前の鯛茶漬け)

まずは、主役のをそのまま食べてみる。
「胡麻鯖(福岡の郷土料理で、甘めの醤油ダレと胡麻で和えた鯖の刺身)のように、
胡麻醬油ダレで和えた鯛刺が白ご飯に載っているのだが、
鯛の身がシコシコでプリップリ!
う、旨いっ!
茶漬けなのを忘れて、鯛と白ご飯で危うく一杯食べ終わってしまいそうだったよ(^-^;


『居酒屋 風味処 味工房』鯛茶漬け定食(出汁をかけた鯛茶漬け)

鯛を味見したところで、いよいよ本題の「鯛茶」に取り掛かる。

熱いお出汁が入ったデカい徳利が一緒に供されるので、
それを鯛の上にジャジャッと注ぐ。
熱々のお出汁(ヤケド注意(^-^;)をかけると、鯛が若干白っぽくなり表面のみ熱が入る。
そこへ薬味のワサビをちょちょいと溶かしながら、
豪快にワサワサッと茶漬けをかっ込む。

ウマ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

茶漬けにすると、グッと鯛の旨みが強まる
その秘密は、お出汁にあった。
鯛の骨からとったと思われる「鯛出汁」だったのだ。
鯛の刺身自体も美味しいが、このお出汁がことさら旨い。


『居酒屋 風味処 味工房』鯛茶漬け定食(小鉢の「鰯の糠炊き)

鯛茶に付いてきた小鉢は、「青菜おひたし」「鰯の糠炊き」だった。
「糠炊き(じんだ煮)」とは北九州の郷土料理で、
鰯や鯖などの魚を糠漬けの糠床を入れた煮汁で煮た逸品。
こちらの糠炊きは、自家製の糠床で作っているのかな?
糠の香りがプーンと強く、そこがまた手作りっぽくて実に良い。
一緒に煮られた鷹の爪と山椒の実が味をグッと〆ていて、これまた良い。
日本酒や焼酎のアテにしたい小鉢だった(笑)。


伺った時は、平日の13時過ぎでランチピークを過ぎた時間帯。
先客三組・後客三組程度だったと記憶しているが、
料理人がご主人お一人だからか、料理の提供は結構待った気がする
(15~20分くらいだろうか)。
急ぎのランチの場合は不向きかもしれないが、
手作りの美味しい定食を食べたい方にはお勧めである。
私も、今度は夜に行ってみたいなぁ。
ごちそうさまでした!


『居酒屋 風味処 味工房』  [食べログページ]
093-202-2382
福岡県遠賀郡水巻町中央2-24
(水巻駅から923m)
11:30~15:00、(夜の部は要予約)17:00~21:00
定休日 不定休
駐車場 有



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければこちらのアイコンを一クリックお願い致します。
↓ ↓ ↓



あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

 
スポンサーサイト

theme : おいしいお店
genre : グルメ

tag : 味工房 居酒屋風味処味工房 水巻町 遠賀郡 定食

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いい情報ありがとうございます。
自分の実家から近いので今度、親を連れて行こうと計画しました。
またの情報よろしくお願いします(^^)


こんな定食屋さんが水巻にあったなんて!知る人ぞ知る?なのかな。
今度帰ったら行ってみます!

◆ カズさん ◆

カズさん、はじめまして!
コメント、ありがとうございますm(_ _)m

『味工房』さん、良いお店でしたよ。
あくまで私が行った日の印象ですが、座敷でゆったりとくつろげましたし、
定食のラインナップも、
揚げ物や丼物と言った若向けのスピードメニューに頼らず、
魚料理など和食系の渋いメニューが多数あったので、
親御さんをお連れするにはぴったりかもしれませんね。
もし、夜の部のご訪問を予定されるなら、
「夜営業と仕出し料理は要予約」という事らしいので、ご注意ください。

美味しく楽しい会食になる事を祈っております(^-^)

◆ charuさん ◆

charuさん、毎度です!
そうなんですよ。
私も実家近くにこんなお店があったなんて知りませんでした。
調べたら、もうお店を構えて20年前後経っているらしいし(^-^;
…あっ、でも私が実家を離れてもう20年近くになるんだったわ(笑)。
時が経つのって恐ろしいほど早いわね…orz

ランチは種類豊富なので、優柔不断な方はきっと迷いますよ
(↑実際、何を頼むか迷った優柔不断な人…。笑)。
遠賀方面に行ったら是非寄ってみてください(^.^)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。