--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-13

ドキッ!レアネタだらけの焼きトン大会・西荻篇。 『やきとん 成』@西荻窪

今回は東京のお店のお話。
しかも、昨年10月に訪問したお店である(^-^;
古いネタで、失礼致しますm(_ _)m


不肖 越前屋、昨年まで東京に住んでいたのだが、
先日、写真フォルダを整理してたら、
まだブログで書いてなかった東京のお店が幾つか出て来たのであった。
その中から今回は、西荻窪の焼きトン店をご紹介。


『やきとん 成』外観


伺ったのは、『やきとん 成』さん。
焼きトンもつ焼きのお店というのは、
豚の内臓の串焼きを主に扱っているわけなのだが、
このお店はその中でも希少部位=レアネタを置いている店なのだ。
なんと珍しい「豚の脳みそ」も出していると聞いて、以前から気になっていた一軒。

確か、平日の18時台にお邪魔したのかな?
テーブル席とカウンターで構成された店内、この日はたまたま先客ゼロ。
厨房に店主さんらしき男性がいて、この方がお一人でお店を回していた。
ちょっと寂しげな店内に躊躇しつつ、カウンターに着席する。


『やきとん 成』食べ物メニュー(2011年10月撮影) 『やきとん 成』飲物メニュー(2011年10月撮影)
( ↑ ※メニュー写真はクリックで拡大 )

メニューはこんな感じ。
噂どおり、串物には珍しい部位がチラホラ。
この他にも、壁に貼られたメニューがあった。

先にも述べたとおり、
今回紹介するメニューや料理は昨年10月訪問時のものなので、
その旨ご了承を頂きたい m(_ _)m


『やきとん 成』生一番搾り(中・400円)

とりあえず、「一番搾り生(中・400円)」で乾杯!

そして、早速お目当てだった「脳みそ」を注文してみる。
「すみません、今日は無いんです」
という店主さんのお返事……。

ガーンΣ(゚д゚lll)

うぅ……、ショックだけど無いものはしょうがない。
まぁ、他にもレアネタいっぱいだから、今回はそちらを攻めてみるか。


『やきとん 成』わっぱポン酢(500円)

…というわけで、「わっぱポン酢(500円)」を注文。
「わっぱ」とは、雌の豚ちゃんの産道のこと。
これを茹でて輪切りにし、オニオンスライスに載せてポン酢をかけている。
味は淡泊で、コリッ・シャクッとした食感を楽しむ珍味。


『やきとん 成』レバ・塩・若焼き(1本100円)

串物は、「レバ(1本100円)」を若焼きでお願いした。
塩とタレが選べるが、塩で。
こちらの塩焼きは、「つけ味噌」が付いてくるのね。


『やきとん 成』レバ・塩・若焼き(断面はミディアムレア)

若焼きで頼んだので、周りを軽く炙った程度で中はレア
サクッと噛むと生な部分がトロッととろけて……、
レバーの生って、本当に美味しいよね~…(遠い目)。


『やきとん 成』上ガツ・塩(1本200円)

お次は、「上ガツ(1本200円)」を塩で。
これもわっぱ同様、シャク・サクの食感が身上である。
「上」だけあって、肉厚だわ~。


『やきとん 成』菊油・塩(1本130円)

こちらは、「菊油(1本130円)」
小腸に付く脂である。
紀州備長炭で炙られた脂の香ばしさたるや!


『やきとん 成』チレ・塩(1本100円)と、ニンニク焼(?円)をばらした図

そして、「チレ(1本100円)」の塩。
チレの手前でばらけてるのは、「ニンニク(1本?円)」を串から外したもの。
チレは脾臓のこと、鮮度が良くないと出せない部位である。
地味溢れるわ~。


『やきとん 成』黒ホッピー(?円)

呑みものは、二杯目からは「ホッピー(?円)」に移行。
写真は黒ホッピーね。


『やきとん 成』黒ホッピーと赤ホッピーのボトル

こちらには、「55ホッピー(?円、写真左)」が置いてあった。
「従来のホッピーと較べ2倍の醸造時間をかけ、まろやかなこく味を出した」
そうで、通称「赤ホッピー」と呼ばれているのだとか。
味は、通常の白ホッピーとコクのある黒ホッピーの中間…って感じ。


『やきとん 成』煮キャベツ(300円)

さてさて、アテに戻るとしよう。
「ちょっとは野菜も食べろ!」
って事で(汗)、「煮キャベツ(300円)」でビタミン&食物繊維ブレイク。
福岡の串焼き屋で「キャベツ」と言えば、
ざく切り生キャベツに「キャベツのタレ」をかけたものが定番だけど、
煮たキャベツってのもいいわね~。


『やきとん 成』おでんの豚バラ(?円)

「焼き」から「煮」に心が移ったところで、「おでんの豚バラ(?円)」も注文。
これまた上品な味付けでイイネ!


『やきとん 成』ハツモト・塩(1本130円)

最後は、もう一度「焼き」に戻って「ハツモト(1本130円)」を塩で。
大動脈で、こちらもカリコリッとした食感が命の珍味。


駅前の好立地、備長炭焼きのレアネタが安価で食べられる。
穴場の焼きトン店だと思う。
「脳みそ」がある日に、もう一度再訪したかったなぁ(笑)。
ごちそうさまでした!


『やきとん 成』
03-3390-9894
東京都杉並区西荻北3丁目20-9
(西荻窪駅から103m)
16:00~24:00
無休



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければこちらのアイコンを一クリックお願い致します。
↓ ↓ ↓



あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

 
関連記事
スポンサーサイト

theme : 居酒屋
genre : グルメ

tag : やきとんなる 焼きトン 焼き豚 もつ焼き 西荻 西荻窪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。