--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-16

見世物小屋におばけ屋敷…カオスな「放生会(ほうじょうや)」、初体験。 【福岡のお祭】

放生会・2012年(一の鳥居を、裏から)


福岡に引越してきて初めて、
「放生会(ほうじょうや)」というお祭の存在を知った。

「放生会(放生会大祭)」とは、福岡市東区にある筥崎宮という神社のお祭。
「生きとし生けるものの生命を慈しみ守られる八幡大神の御心にこたえる祭で、
 実りの秋を迎えて海山の幸に感謝を捧げる祭」

との事だ(※筥崎宮公式サイトより)。

なんでも、「博多どんたく」「博多祇園山笠」と並ぶ
”博多三大祭”に数えられているんだとか。
どんたく・山笠は知ってたけど、「放生会」は勉強不足で知らんかったわ~(^-^;
しかし、
「祭り期間中(9/12~18日)は参道一帯に五百もの露店が立ち並び、
 百万を数える参拝者でにぎわう九州随一の秋祭り」

とあるので、かなり大きなお祭なんだね。

そんなわけで、初めての「放生会」体験に行ってきた。


放生会・2012年(大鳥居裏で生ビール500円)

筥崎宮前にバスで到着すると……
ぐは~!人が多い!!
さすが「九州随一の秋祭り」
人も多いが、露店も多い。
境内の参道の両脇に、びっしりと出店が並んでいる。

とりあえず、乾いた喉を「生ビール(500円)」で癒す。
ぷはぁ~っ!(*゚∀゚)=3
やっぱ、人生には……潤いが必要やね(笑)。


放生会・2012年(二の鳥居。すごい人出)

お腹も空いていた時間帯だったので、露店の美味しそうな匂いに惹かれつつ、
「とりあえず、先にお参りしなくちゃ」
ということで、奥にある本殿を目指す。

しかし、人が多くてなかなか前に進まず(^-^;
いや~、凄い賑わいやね。


放生会・2012年(楼門)

やっと着いた!
本殿・拝殿の入り口である楼門である。
拝殿で無事にお参りを済ませた後は、本殿をぐるりと囲む回廊を見学した。


放生会・2012年(ぼんぼり献灯・澤選手筆)

回廊では、「池坊いけばな展」「放生会チャンポン&おはじきギャラリー」など、
見応えのある展覧物が並べてあった。
中でも興味深かったのが、「ぼんぼり献灯」
時の人や福岡にゆかりのある著名人・財界人が書いた毛筆を、
ぼんぼりにして飾っているのだ。

↑は、女子サッカー選手の澤 穂希選手の筆。
「夢は逃げない」
というセリフを説得力を持って書ける、数少ない人ですな。


放生会・2012年(ぼんぼり献灯・王貞治筆)

福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長・王 貞治さんの書もあった。
さすが一本足打法の王さん。
字のバランスも素晴らしいですね。


放生会・2012年(ぼんぼり献灯・武田 鉄矢筆)

こちらは某金八氏の筆。
福岡出身ですもんね…。
それ以外の感想は控えさせて頂きます(笑)。


放生会・2012年(ぼんぼり献灯・IKKO筆)

おぉ、この書はなかなかの腕だね!
大胆かつ優美だわ。
「とよだ・かずゆき」って誰だ?

……って、IKKOさんかい!
どんだけ~~!(笑)

そっか、彼も福岡県田川郡の出身だもんね(^-^;


放生会・2012年(露店の「タイ風とり焼きマイヤン」)

さてさて、そんな感じで参拝も終えて、
いよいよお待ちかねの露店の食べ歩きへ!

数ある露店の中からまず選んだ一軒目は、『タイ風味とり焼き マイヤン』さん!
……ん?
「マイヤン」?!
タイ料理の焼き鳥って「ガイヤーン」じゃなかったっけ?


放生会・2012年(露店の「マイヤン」POP)

お店のPOPを見ても、やっぱり「マイヤン」……。
しかも、「タイ風味 焼鳥」……
風味て……(^-^;
もう、こうなったらマイヤン、食べるしかないやん?(笑)


放生会・2012年(露店で買った「マイヤン」500円)

そんなわけで、「マイヤン(500円)」一個購入。
「ピリ辛チリソース」我が家自慢の秘伝のソース」を選べるそうだが、
ピリ辛のほうでお願いした。

…しかし今、気づいたけど我が家
「タイ(料理)」は「風味」で、
あくまで「我が家(=露店商さん家)」オリジナルの「マイヤン」なのかしら?(^-^;


さて、お味のほうだが……これが期待を裏切ってなかなか(笑)。
鶏モモ塩焼きをサイコロ状に切ってスイートチリソースで和え、
少量の千切り生キャベツと共に小麦粉生地のトルティーヤで巻いた一品だった。
透明プラカップに入れて渡してくれる。
↑の写真は、それを上部から撮ったもの。
上から見た図ではお肉の量が少なそうだが、見た目より多めに入っている。
スイートチリがたっぷりまぶさった鶏焼きがトルティーヤに合って、
マイヤン、うまいやん (←外せないオヤジギャグ)。


それにしても、タイ料理にトルティーヤ(=メキシコ料理)ってのも変だね(;´Д`)
もしかして、「マイヤン」の「マイ」は「自己流」の「My」で、
「ガイヤーンの俺流」って意味なのかしら?!(笑)


放生会・2012年(露店の「中華料理 帰郷」)

二軒目は、中華料理の屋台「帰郷」さんへ。
こちらのお店は、箱崎駅前に店を構える
『餃子専門店 中華料理 帰郷』さんが出張出店しているらしい。
店頭で職人さんが餃子の皮を捏ねている姿に惹かれて。
出張露店と言えども、現地で手作りしてるのね。


放生会・2012年(露店の『中華料理 帰郷』にて「ジャンボ餃子」300円)

水餃子・焼き餃子・小龍包に春巻……と、魅力的なメニューが並んでいたが、
食べ応えがありそうな「ジャンボ餃子(300円)」でいってみた。
おっき~い!
直径12㎝くらいかしら。


放生会・2012年(露店の『中華料理 帰郷』にて「ジャンボ餃子」断面図)

断面図はこちら。
皮は薄めの肉まん生地のように、フワッ・モチッとしている。
油をひいた鉄板で焼いているので、外側はカリッとした食感だ。
中の餡はあっさりした豚挽肉が少しと、ニラがたっぷりの塩味。
素朴な味なので、辛子や酢醤油を付けて食べたらおいしいだろうなぁ。


放生会・2012年(露店の『中華料理 帰郷』にて「皿うどん」500円)

さらに、同店で「皿うどん(500円)」も購入。
「皿うどん」と言っても、「長崎皿うどん(パリパリの揚げ細麺にあんかけした料理)」ではなく、
太中華麺を野菜・肉と中華スープの餡を絡めて炒めた「博多皿うどん」だ。
福岡市では、
「皿うどん」と言えば「長崎皿うどん」「博多皿うどん」の二種があるそうなのだ。

実は、私は「博多皿うどん」を食すのは初めて
塩味ベースで比較的あっさりだけど、スープの旨みが効いてて口当たりもしっとり。
「長崎皿うどん」とは全くの別物だけど、これも美味しいね!

『マイヤン』さん・『帰郷』さん、ごちそうさまでした!


放生会・2012年(おばけ屋敷の看板)

さてさて、聞くところによると放生会の名物露店と言えば、
この「おばけ屋敷」と……


放生会・2012年(見世物小屋の外観)

「見世物小屋」!
毎年数軒のおばけ屋敷・見世物小屋が出店してるんだとか。
今ではこういうのって珍しいよね(^-^;
私も祭で見かけたの、十何年ぶりだろうか…
今回は入店してないけど、見世物小屋は死ぬまでに一度入ってみたいわ(笑)。

この他の遊戯系露店では、定番の金魚すくい射的もありつつ、
珍しいところでは、
鯉釣り・亀釣り・蟹釣り・鰻釣り・アーチェリーなんてものあり。
鰻釣りは、「釣った方への景品は鰻蒲焼」なんだって(笑)。

瀬戸物市があったり、放生会名物の「新生姜」の販売があったり。
見所いっぱいの秋祭だった。
来年も楽しみ~。


【 2012年の「放生会」開催期間 】
9月12~18日まで



最後まで読んでくださって、ありがとうございます
ランキングに参加しておりますので、宜しければこちらのアイコンを一クリックお願い致します。
↓ ↓ ↓



あなたの一ポチに感謝です! m(_ _)m

 
関連記事
スポンサーサイト

theme : グルメ情報!!
genre : グルメ

tag : 放生会 筥崎宮 ほうじょうや 平成24年 2012年

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。