--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-24

鮨まんだら。

某日、某町の某鮨屋にて頂いた、珠玉の数々。


寿司まんだら


携帯写真で撮ったので、写真が美しくなくてごめんなさい。
コースで出された順番に載せてます。
写真上段から下段まで、左から順々に、


1.赤身(生の天然本鮪)
2.スナズリ( 〃 )
3.脳天( 〃 )
4.中トロ( 〃 )
5.スナズリ(一週間冷蔵保存し熟成させた、生の天然本鮪)
6.中落ち軍艦(生の天然本鮪)
7.ネギトロ軍艦( 〃 )
8.平目(塩で)
9.平目の縁側(塩で)
10.青鯛
11.鰆の焼霜(皮目のみ炙ったもの)
12.車海老(塩で)
13.大正海老の霜降り(表面のみ湯で火を通したもの。塩で)
14.甘海老軍艦
15.穴子の酒蒸し(塩で)
16.穴子の肝
17.平目の卵(写真が手ブレで申し訳ない(^-^;)
18.新子
19.鱈白子
20.つぶ貝(こちらも手ブレですみません)
21.赤貝
22.たいら貝
23.帆立
24.白ミル貝
25.アン肝
26.雲丹
27.玉
28.豆腐・若布などが入った具沢山の味噌汁
29.ネギトロ(生の天然本鮪)の手巻き
30.鉄砲巻(山葵入りの干瓢巻)



以上、全30種。
商品名に記憶間違いがあったらごめんなさい。

10名でお邪魔して、一人一貫づつ頂きました。
最後の干瓢巻は7つしかなかったので(シャリが売り切れた為)、私は辞退しました。
なので、私が食べたのは28貫と味噌汁かな。
手巻きがすごいボリュームだったので、回転寿司で換算すると15皿くらいでしょうか
(↑比較対象が庶民のえち子w)。
……相変わらずよく食う三十路じゃ(^-^;


お店の場所や店名は言えない「秘密の名店」でした。
握り方は、「繊細」よりも「豪快」に近いお店でしたが、
「ネタの質・希少価値の高さ」が、とにかく!
素晴らしかったです。
コストパフォーマンスも非常に高く。
大将は多分80歳に手が届きそうな御歳ですが、パワフルで。

いや、素晴らしい。  
是非また行きたいお店でした。



    ↑         ↑
お気に召しましたら、ポチッとクリックお願いします。 毎度おおきに~♪


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。