FC2ブログ
2009-06-23

追憶の京都 【うどん篇】 『山元麺蔵』@京都市

『山元麺蔵』 豚肉のつけ麺・アップ


今回は、以前京都に出張に行った時に伺ったお店のうどんをご紹介。





お店の名前は、 『山元麺蔵』 さんです。
行列が出来る、京都で大人気のうどん屋さんです。


店主さんのお勧めが二品あるということで、どちらも頂いてきました。

まず、一品目。


『山元麺蔵』 土ゴボウ天うどん840円+辛味噌150円

「土ゴボウ天うどん (840円)」 + 「辛味噌 (トッピング・150円)」

温かいおうどんに、ごぼう天がタップリのった一品。
薬味のネギは、九条葱かな?
おろし生姜も別添えでついてきました。
トッピングの「辛味噌」は、辛味の中に甘味と肉の旨味が詰まった素敵トッピング。

麺は、白肌つるつるでモチモチ。
関西のおうどんは、コシが弱く柔らかい「おだしを食べさせる為のうどん」が多いのですが、
こちらのうどんは讃岐うどんのようにしっかりしたコシがあります。



二品目は、こちら。


『山元麺蔵』 豚肉のつけ麺(890円)

「豚肉のつけ麺」 890円

今回の日記の一番上に掲載してる写真と同じメニューです。

つけ汁にはたっぷりの豚肉とネギ。
うどんは冷水でキュッと〆られています。
冷たくすると、一層コシが強まって美味しいです。
関東で食べる 「肉汁つけうどん」 を髣髴とさせるメニューだけど、
味は京都らしい優しいお味でした。



店主さんは、まだお若いイケメンでした(ムフw
以前はサラリーマンだったそうですが、脱サラでうどんの道に入ったとのこと。
修行先は、なんと東京・南小岩にあります 『元咲(げんき)うどん』 さん!
あら~、数ヶ月前に仕事で伺ったばかりのお店ですやん!
でも、修行先の麺とはまた違う、スッと一本筋の通ったうどんですね。

メニューもいろいろあって目移りします。
「豚肉のつけ麺」 は関東っぽいけど、 「ゴボウ天」 は九州っぽいし。
京都らしい 「きざみきつね」 とか、 「けいらんうどん」 もしっかり押さえてるし。
「牛のホルモンつけ麺」 なんていう、メチャ私好みのメニューも(笑)。

京都にもこんないいうどん屋さんがあるんですね~。
ホルモンつけ麺、いつか食べてみたいなぁ(笑)。


『山元麺蔵』
京都府京都市左京区岡崎南御所町34
11:00~19:45(L.O)
(水曜)11:00~14:30(L.O)
定休:木曜・第4水曜(祝日の場合は翌日休)







ちょっと小休止。
仕事の合間に、興味のあった 「縁切り神社」 こと 「安井金比羅宮」でお参り。

縁切り神社


鳥居くぐってすぐ、タレント直筆絵馬が飾ってありました。

縁切り神社(タレント絵馬)
(※クリックで拡大)


越路吹雪・横山やすし・小松左京・いとしこいし・桂米朝・キダタロー……

う~ん、さすが京都。
何気に飾ってある絵馬の面子が凄いw



縁切り神社(お札を貼る岩)

↑これが、 「縁切り縁結び碑(いし)」
縁切りや縁結びの願いが書かれたお札が山と貼られています。
なんでも、お札に願いを書いた後、この岩の下の穴を表からくぐり、
裏からもう一度くぐってお札を貼り祈願すると、願いがかなうのだとか。

いや~。

春の爽やかな京都にあって、なかなか濃ゆ~い観光スポットでしたw



    ↑         ↑
お気に召しましたら、ポチッとクリックお願いします。 毎度おおきに~♪


 

theme : うどん・そば
genre : グルメ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード