FC2ブログ
2010-04-05

旨さを紡ぐ、若き職人。 『麺や 紡(つむぐ)』@河内小阪

『麺や 紡』 熟成らー麺(アップ)


大阪一人旅、一軒目~。

先週末、一泊二日で大阪旅行してきました。
旅行と言っても、私は一年ちょっと前まで大阪に住んでいたので、今更観光する気もなく(^-^;
なので、思いっきり「食い倒れの旅」を決め込むことに!
(ん?毎度のことですか?)


『麺や 紡』 外観

一軒目にお邪魔したのは、 『麺や 紡』さん。
東大阪の住宅街にあり、2008年オープンながら早くも人気のお店です。
20代の若いご主人と奥様で営業されているとか。
(※↑の写真の外観は、オープン前に撮影したものです。
  店頭にダストボックスが写っていますが、営業時には片付けてありました)



『麺や 紡』 店頭のPOP
( ↑ ※クリックで拡大 )

店頭に、商品についてのこだわりが掲げられています。
麺は自家製、スープは紀州地鶏100%、無化調とのこと。
期待が高まります。


『麺や 紡』 メニュー1 『麺や 紡』 メニュー2
( ↑ ※クリックで拡大 )

店頭のメニューを読むと、スープは白湯の「熟成」清湯の「淡成」があり、それぞれに「らー麺」「つけ麺」を揃えてるんですね。
「らー麺」の麺には焙煎大麦を使用、「熟成らー麺」は中太・「淡成らー麺」は中細と使い分けているそうです。
しかし、素材にこだわった無化調のラーメン一杯550円って安いですね!

土曜にお邪魔しましたが、オープン数分前には7~8人の並び客が出来ました。
営業開始と共に続々と入店して、カウンターとテーブル席の店内はすぐに満席に。
そして、店外にも待ち客多数。
駅からも遠く辺鄙な場所(失礼)にあるのですが、やっぱり人気なんですね。


『麺や 紡』 熟成らー麺(550円)

「熟成らー麺」 550円

人気のつけ麺と悩みましたが、初訪問だしメニューの一番先に書かれていた「熟成らー麺」を注文。
トッピングは炙りチャーシュー・ナルト・メンマ・青ネギ。


『麺や 紡』 熟成らー麺(スープ)

スープはややトロリとした醤油味の鶏白湯。
想像していたよりも粘度は低めでした。
しかし、コラーゲン質を口周りに感じますし、野菜のとろみ(=ベジポタ)は多分入ってなさそう(入ってても微量そう)。
丁寧に作った、「鶏骨濃度」の高い白湯なんでしょうね。
見た目の濃さと違い油っぽくなく、濃度のわりに後味もあっさり。
意外とカエシの醤油が効いていて、味のアクセントとなっています。


『麺や 紡』 熟成らー麺(麺リフト)

麺は、ところどころ茶色いふが見える中太ストレート。
ザラッとした表面にムチッとしたコシ、スープがよく絡みます。
表面を炙られたチャーシューは柔らかく炊かれ、メンマは対照的なコリッとした食感。
お値段はリーズナブルなのに、細かな部分にも手を抜かない。
大将の仕事に対する真面目さが詰まったような一杯は、お値段以上の価値があるお得な一杯でもありました。
ごちそうさまでした!



ここからは、蛇足な個人的感想です。
後口がスッキリしているのは長所でもあるのですが、さらに重層的なコクが加わると、このラーメンは劇的に進化すると思いました。
今でも十分美味しいのですが、まだまだのびしろがあるお店だと感じます。
大阪にはなかなか来ることが出来ませんが、是非再訪したい一軒です。


【 車・バイク・自転車で来店される方へ 】
バイク・自転車は、お店の前以外には停めないで…とのことです。
車で来られる方は、↓下の写真に最寄駐車場の地図が載っているので、参考にしてください。
『麺や 紡』 駐車場についてのPOP
( ↑ ※クリックで拡大 )

『麺や 紡(つむぐ)』
06-6720-9287
大阪府東大阪市西堤学園町1-6-5
(近鉄線河内小阪駅より徒歩13分)
11:30~14:30、18:00~20:00
定休日 日曜日・木曜日の夜



   ↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : 麺や紡 つむぐ 熟成らー麺 熟成ラーメン 河内小阪

2010-03-07

京都の行列店は、やっぱり美味しかった。 『ラーメン はなふく』@京都市

『はなふく』 鶏とんこつラーメン(アップ)


今回は、こないだの京都出張の時のネタです。
取材の合間に、社長に無理を言って
京都で人気のラーメン屋さんへ連れて行ってもらいました。
取材でもラーメン三昧なのに、さらに合間を縫ってラーメン屋……
ワシも好きやのぅ……w 



…というわけで、
行列することで有名な『ラーメン はなふく』さんに突撃!


『はなふく』 メニュー
(※クリックで拡大)

平日の12時台でしたが、雨が降っていたせいか並びは少なめで、
20分ほどの待ち時間だったかな。
ただ、お店は車通りの多い狭い道沿いにあるので、
行列して待つ間、車や通行人の邪魔にならないように注意が必要ですね。

待っている間に↑の写真のメニュー表が回ってくるので、
行列中に注文を決めて、オーダーを取りに来たスタッフさんに伝えます。


『はなふく』 ルール
(※クリックで拡大)

メニューの中には、行列のルールや店内案内図もあります。
写真はクリックで拡大しますので、
興味のある方は是非ご一読されてからお店に行ってください。


『はなふく』 卓上調味料の説明

さて、カウンター席に座らせてもらいました。
店内は、
カウンターとBOX席で合わせて9席と、かなりこじんまりとしているんですね。
卓上調味料がいろいろとあるようで、箸箱に説明書きが貼ってありました(↑写真)。


『はなふく』 鶏とんこつラーメン(700円)


私は噂の「鶏とんこつラーメン(700円)」を頂きました。
見た目はシンプルですが、スープの個性はハンパないです!
トロッとした濃度の鶏豚骨白湯で、醤油ダレも個性的な味ですね。
獣臭さもややあるので、苦手な人は敬遠する味かも。
私は豚骨王国・九州出身だし、クセのある味が好きなので、
かなり好みのラーメンでした。


『はなふく』 鶏とんこつラーメン(麺リフト)

麺は、中太よりも中細寄りな縮れ麺。
ムッチリした食感で粉の風味も良く、美味しい麺ですね~!
個人的な意見としては、コッテリしたこのスープに
さらにコッテリを重ねるバラ肉チャーシューの存在だけが気になりました。
チャーシュー自体はとても美味しいのですが、
この濃度のスープと一緒だと、若干クドく感じてしまいまして。
でも、それを差し引いても大変美味しいラーメンでした。


『はなふく』 魚介割りラーメン(700円)


こちらは、社長注文の「魚介割りラーメン(700円)」
先ほどの鶏豚骨白湯を、魚介スープで割ったラーメンとのこと。
魚介スープは「煮干」と「節系」の二種の日替わりだそうですが、
訪問したこの日は「煮干」スープでした。
動物系と魚介系のバランスがよくて、こちらは食べやすいお味。
地域性はあるかもしれないけど、
「鶏とん」より「魚介割り」のほうが一派ウケしそうなお味です。
うーん、こちらも甲乙つけがたいくらい美味しい!


『はなふく』 魚介割りラーメン(全粒粉麺に変えて。麺リフト)

ラーメンの麺はいずれも「全粒粉麺」に変えることが出来るということで、
こちらは全粒粉に変えてみました。
↑写真はピンボケで見辛いですが、細ストレート麺です。
これがまた、粉の風味がよくて美味しい!
ややアッサリしたスープとの相性もよくて、ベストバランスでした。


『はなふく』 営業時間と2010年3月の休日

『はなふく』さんは、昼間はラーメン夜はつけ麺二毛作営業です。
今回ご紹介したメニューは昼間のものなので、お気をつけを。
今月(2010年3月)の休業日が貼り出されていましたので(↑写真)、
近いうちに足を運ばれる方は参考にしてみてください。

週4日だけの営業で売切れ閉店もあり、行列も長い『はなふく』さん。
東京に住んでいるとめったに来れないお店ですが、
それでもまた来たいな~と思わせる魅力のあるラーメンでした。
ごちそうさまでした!

『はなふく』 入口
( ↑ ※店前の行列と車の往来が凄くて外観が撮れなかったので、
    入口を斜め撮りした外観写真です (^-^;)


『ラーメン はなふく』
075-643-0807
京都府伏見区鑓屋町1112-2
11:30~14:00、18:00~21:30(LO 21:10)
(スープなくなり次第終了)
(※昼はラーメン 夜はつけ麺のみで営業中)
定休日:火・水・木曜
駐車場 2台(道路向かいの駐車場14番・16番)



   ↑ ↑ ↑
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しておりますので、宜しければ画像を一ポチお願い致します。

毎度おおきに~ m(_ _)m

theme : ラーメン
genre : グルメ

tag : ラーメンはなふく はなふく 鶏とんこつラーメン 魚介割りラーメン 京都市

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
@EchizenyaEchiko
プロフィール

越前屋 えち子

Author:越前屋 えち子
いらっしゃいませ。
こちらは、越前屋の個人ブログです。
 
当ブログは、個人の主観で文章表現をしております。
また、コメントは大歓迎ですが、
特定の個人・店・企業に対する誹謗中傷だと管理人が認識したコメントは、断り無く削除させて頂きます。
何卒ご了承ください。

飲食店の情報(メニュー名や値段)は、記事の投稿日前後の頃の情報です。
後日変更になることもございますので、ご注意ください。

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード